脚本家・今井雅子(clubhouse朗読 #膝枕リレー)

作品の使用について、法的には「非営利、無料、無報酬の場合は許諾の必要なし」となっていますが、コメントにてお知らせいただけるとありがたいです。clubhouseでの朗読どうぞ作品の他メディアでの公開についてはご相談ください。 https://lit.link/masakoimai

脚本家・今井雅子(clubhouse朗読 #膝枕リレー)

作品の使用について、法的には「非営利、無料、無報酬の場合は許諾の必要なし」となっていますが、コメントにてお知らせいただけるとありがたいです。clubhouseでの朗読どうぞ作品の他メディアでの公開についてはご相談ください。 https://lit.link/masakoimai

    マガジン

    • noteでご紹介いただきました

      noteをご紹介いただいたり、名前を出して話題にしていただいたり。ありがとうございます。

    • 短編小説「膝枕」と派生作品

      5月31日からClubhouseで朗読リレー(#膝枕リレー)が続いている短編小説「膝枕」の正調、アレンジ、外伝まとめ。

    • buku連載エッセイ「出張いまいまさこカフェ」

      2006年9月から4年にわたって池袋シネマ振興会の季刊フリーペーパー「buku」に連載していたエッセイまとめ。

    • クリスマスの読みもの

      📕『クリスマスの贈りもの』全5篇(2009年と2010年USJクリスマス特設サイト書き下ろし作品) 📕『さすらい駅わすれもの室』より『とくべつな地図』(2015年12月NHK宮崎放送局制作「やっちゃがラジオ」にて放送) 📕『間違いだらけのクリスマス』(2017年12月「月の音色」公開録音書き下ろし朗読作品) ※お読みいただくのは無料です。商用上演・出版をご希望の場合はお知らせください。

    • 「膝枕」外伝「膝浜」シリーズ

      「膝浜」とその派生作品

    noteでご紹介いただきました

    noteをご紹介いただいたり、名前を出して話題にしていただいたり。ありがとうございます。

    すべて見る

    見えない人をたばかる人たち

    先日、仲のいいガイドヘルパーさんから聞いた話。 彼と視覚障碍者3人とあとひとり晴眼者、併せて5人で飲みに行った。会計はもう一人 の晴眼者が買って出た。 その人はまず飲み放題2700円のところ全員から3000円徴収。視覚障碍者のうち誰かが 一万円と千円を間違えたらしく、「8000円多い」 と言っていたものの、彼はそのままそれを自分のポケットに入れて全部をカードで支 払っていたそうな。 ヘルパーさんは「えっ?!」と思ったそうだ。 誰にも確認せず即自分のポケットに入れる厚顔

    スキ
    19

    脚本家今井雅子さんとの出会い

    今井雅子さんとは、今から20年前、2002年のNHKラジオドラマ青春アドベンチャー 稲生平太郎原作 今井雅子脚色保科義久演出の「アクアリウムの夜」で出会いました。このドラマは、ホラーで10回シリーズでしたが、最後まで台本を渡されていなかったので、毎回出演者内で結末がどうなるのかで盛り上がりました。 NHKのラジオドラマは、17歳の時から出演させていただき、たくさんの台本を読んできましたが、この時の今井さんの台本が今までとは違って、とても台詞が言いやすく、運びもうまく、センス

    スキ
    24

    シェアしたいnoteさん(2022.6月)

    読んでシェアしたいなあと思ったnoteを、ランダムにピックアップします。5月に続いて2回め。 では参ります。 「膝枕」を軸に展開されているシリーズ作品。「膝枕」とは、今井雅子さんが川端康成の『片腕』からヒントを得て生み出した通販商品である。購入者の頭を乗せるのが主な役割だが人工知能を持っており、嬉しいことがあると内股をきゅっと寄せたり、膝をにじって移動したりする。本作はこの『白雪姫』バージョンで、膝枕を買うのは王である。 『片腕』は私もかなり好きな小説。そこから「膝枕」

    スキ
    73

    誕生日は感謝の日ー私からあなたへ②

    こんにちは。ガーデンプランナーのhacoです。 嬉しいありがとうの↓の記事の続きです。 スピーカーでメッセージをくださった方へ順番がいろいろになっておりますが、どうぞご了承ください。 こたろんさん こたろんさんのお話の調子はとっても優しくて穏やかです。けれどめちゃくちゃ多彩な方だと言うのが私のこたろんさんのイメージです。 スペイン語の膝枕まで登場したときには、本当に驚きました! 金井さん 金井さんのお声を聞いていると、とても落ち着きます。先日は、私が緊張してあまりに

    スキ
    34

    短編小説「膝枕」と派生作品

    5月31日からClubhouseで朗読リレー(#膝枕リレー)が続いている短編小説「膝枕」の正調、アレンジ、外伝まとめ。

    すべて見る

    膝枕外伝 膝十夜「第十夜」

    まえがき こちらは、脚本家・今井雅子先生の短編小説「膝枕」の2次創作です。夏目漱石の『夢十夜』に膝入れしました。 第十夜は原作通り、第八夜に登場したあの方が再び。 今井先生のエピローグ それからの膝枕(twitterの画像をご覧ください) 二次創作まとめ、YouTube、Googleカレンダーなど 膝枕外伝 膝十夜(原作:夏目漱石、膝入れ:やまねたけし)第十夜 薫が女に攫われてから7日目の晩にふらりと帰って来て、急に熱が出てどっと、床に就いていると言ってナオキが知ら

    スキ
    8

    占い師が観た膝枕 2 〜コンビ結成記念日編〜

    ※こちらは、脚本家 今井雅子さんが書いた【膝枕】のストーリーから生まれた二次創作ストーリーです。 本当は11月13日の膝の日に間に合わせようとして書いたものでしたが、今日になってしまいました😅 こちらは、脚本家 今井雅子さんが書いた【膝枕】と、占い師が観た膝枕〜マメな膝枕編〜を読んでからお読みいただくと、更にお楽しみいただけます✨ ✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎ 登場人物がどう表現されるのかも興味があり

    スキ
    15

    膝枕外伝 膝十夜「第九夜」

    まえがき こちらは、脚本家・今井雅子先生の短編小説「膝枕」の2次創作です。夏目漱石の『夢十夜』に膝入れしました。 第九夜はキャラ付けと会話が楽しいあの外伝が中心です。 今井先生のエピローグ それからの膝枕(twitterの画像をご覧ください) 二次創作まとめ、YouTube、Googleカレンダーなど 膝枕外伝 膝十夜(原作:夏目漱石、膝入れ:やまねたけし)第九夜 世の中が何となくざわつき始めた。今にもタイムセールが起こりそうに見える。逃げ出したきゅうりの馬が、夜昼

    スキ
    8

    膝枕外伝 膝十夜「第八夜」

    まえがき こちらは、脚本家・今井雅子先生の短編小説「膝枕」の2次創作です。夏目漱石の『夢十夜』に膝入れしました。 第八夜は登場人物が多くて難しかったですね。 今井先生のエピローグ それからの膝枕(twitterの画像をご覧ください) 二次創作まとめ、YouTube、Googleカレンダーなど 膝枕外伝 膝十夜(原作:夏目漱石、膝入れ:やまねたけし)第八夜 膝サロンの敷居を跨いだら、白い着物を着てかたまっていた三四人が、一度にいらっしゃいと言った。 真中に立って見廻

    スキ
    8

    buku連載エッセイ「出張いまいまさこカフェ」

    2006年9月から4年にわたって池袋シネマ振興会の季刊フリーペーパー「buku」に連載していたエッセイまとめ。

    すべて見る

    脚本家は人恋しがり屋(出張いまいまさこカフェ15杯目)

    2006年9月から4年にわたって季刊フリーペーパー「buku」に連載していたエッセイ「出張いまいまさこカフェ」の15杯目。 脚本家は人恋しがり屋  今井雅子ほんの数か月前まで、「脚本家ってどこで会えるの?」がわたしの疑問だった。デビューして10年経つというのに、いっこうに脚本家の知り合いが増えない。両手の指で数えられる仲間の大半は、審査を務めた脚本コンクールの受賞者だった。 所属しているシナリオ作家協会のイベントに行けば会えるのはわかりながら、顔見知りがいないと足が遠のく

    スキ
    14

    原作者のキモチ(出張いまいまさこカフェ14杯目)

    2006年9月から4年にわたって季刊フリーペーパー「buku」に連載していたエッセイ「出張いまいまさこカフェ」の14杯目。 原作者のキモチ    今井雅子わたしの今年のクリスマスは、夏の終わりから始まった。クリスマスに結び直される家族の絆を描いた短編小説をという依頼を受け、秋の半分をかけて書き上げる間、頭の中でジングルベルが鳴り続けていた。 本業は脚本家だから、小説の仕事はめったに来ない。脚本を手がけた映画『子ぎつねヘレン』のノベライズムックや絵本を書いたり、広告業界での

    スキ
    11

    母と子と映画(出張いまいまさこカフェ13杯目)

    2006年9月から4年にわたって季刊フリーペーパー「buku」に連載していたエッセイ「出張いまいまさこカフェ」の13杯目。 母と子と映画    今井雅子3年ぶり6本目の劇場映画『ぼくとママの黄色い自転車』の公開中にこの原稿を書いている。出産と育児に企画立ち消えが重なり、3年のブランクが空いてしまった。「お子さんが産まれて最初の映画が母と子の話でしたね」と人に言われて、産後第一作だったと意識した。 原作の『僕の行く道』をプロデューサーから渡されたのは、娘が一歳になった頃だっ

    スキ
    9

    映画鑑賞で相性診断(出張いまいまさこカフェ12杯目)

    2006年9月から4年にわたって季刊フリーペーパー「buku」に連載していたエッセイ「出張いまいまさこカフェ」の12杯目。 映画鑑賞で相性診断 今井雅子前回に続いて、毎日映画コンクールのスタッフ部門2次選考会の模様をご報告。会議が開かれたのは、この原稿を書いている5月中旬から4か月さかのぼる1月初旬。今年はいつもの年の3倍ほど仕事をしているので、わたしの体内時計では1年が経過しているのだが、メモを取り出さなくとも原稿が書けるほど強烈な印象が残っている。 同じ作品を観ても、

    スキ
    10

    クリスマスの読みもの

    📕『クリスマスの贈りもの』全5篇(2009年と2010年USJクリスマス特設サイト書き下ろし作品) 📕『さすらい駅わすれもの室』より『とくべつな地図』(2015年12月NHK宮崎放送局制作「やっちゃがラジオ」にて放送) 📕『間違いだらけのクリスマス』(2017年12月「月の音色」公開録音書き下ろし朗読作品) ※お読みいただくのは無料です。商用上演・出版をご希望の場合はお知らせください。

    すべて見る

    思ってたのと違うけど─ぺったんこの靴下

    2009年と2010年のUSJクリスマス特設サイトに寄せた連作短編小説「クリスマスの贈りもの」。「クリスマスのUSJを舞台にしたお話を」と注文を受け、一気に書いた10本のうち「サンタさんにお願い」「男子部の秘密」「てのひらの雪だるま」「パパの宝もの」の4本が掲載され、2年目に「壊れたビデオカメラ」を加えた5本が掲載された。 残る5本「地上75センチの世界」「とっておきのお薬」「映画みたいなプロポーズ」「ジグザグ未来予想線」「ぺったんこの靴下」をメールの受信箱から解き放ち、公

    スキ
    13

    お手本は予習済み─映画みたいなプロポーズ

    2009年と2010年のUSJクリスマス特設サイトに寄せた連作短編小説「クリスマスの贈りもの」。「クリスマスのUSJを舞台にしたお話を」と注文を受け、一気に書いた10本のうち「サンタさんにお願い」「男子部の秘密」「てのひらの雪だるま」「パパの宝もの」の4本が掲載され、2年目に「壊れたビデオカメラ」を加えた5本が掲載された。 残る5本「地上75センチの世界」「とっておきのお薬」「映画みたいなプロポーズ」「ジグザグ未来予想線」「ぺったんこの靴下」をメールの受信箱から解き放ち、公

    スキ
    8

    思いやりの相似形─ジグザグ未来予想線

    2009年と2010年のUSJクリスマス特設サイトに寄せた連作短編小説「クリスマスの贈りもの」。「クリスマスのUSJを舞台にしたお話を」と注文を受け、一気に書いた10本のうち「サンタさんにお願い」「男子部の秘密」「てのひらの雪だるま」「パパの宝もの」の4本が掲載され、2年目に「壊れたビデオカメラ」を加えた5本が掲載された。 残る5本「地上75センチの世界」「とっておきのお薬」「映画みたいなプロポーズ」「ジグザグ未来予想線」「ぺったんこの靴下」をメールの受信箱から解き放ち、公

    スキ
    7

    おまけの人生を通り越して─とっておきのお薬

    2009年と2010年のUSJクリスマス特設サイトに寄せた連作短編小説「クリスマスの贈りもの」。「クリスマスのUSJを舞台にしたお話を」と注文を受け、一気に書いた10本のうち「サンタさんにお願い」「男子部の秘密」「てのひらの雪だるま」「パパの宝もの」の4本が掲載され、2年目に「壊れたビデオカメラ」を加えた5本が掲載された。 残る5本「地上75センチの世界」「とっておきのお薬」「映画みたいなプロポーズ」「ジグザグ未来予想線」「ぺったんこの靴下」をメールの受信箱から解き放ち、公

    スキ
    5

    「膝枕」外伝「膝浜」シリーズ

    「膝浜」とその派生作品

    すべて見る

    修羅場をラップに─単身渡米ラッパーと妻と膝枕と女

    単身赴任夫膝枕×膝浜×ラップこちらで公開している会話劇脚本「単身渡米ラッパーと妻と膝枕と女」(近道は目次から)は、短編小説「膝枕」(通称「正調膝枕」)の外伝「単身赴任夫の膝枕」(kana kaedeさん作)から膨らませた派生作品「単身赴任夫と妻と膝枕と女」にラップを織り交ぜたもの。  主人公夫妻は古典落語「芝浜」に膝入れした「膝浜」にピザ入れした「ピザ浜」にラップ入れした「PIZZA HAMMER」のラッパー浜田(浜ちゃん)と恋人ヒサコが結婚した数年後という設定。 なにが

    スキ
    25

    膝枕リレー500日目記念㊗️『寿司浜』の枕

    拙い枕でしたが😅、公開させていただきます。聴いてくださりありがとうございました。 寿司浜の枕 浜助 おい、お久、今日は何の日か知ってるかい? お久 なに今頃聞いてんのさ。膝枕リレーの500日目って、お祝いの日だろう! 浜助 おいおい、この時間に、そんなにつっけんどんに突っ込まなくったっていいじゃないか。だけどさぁ、500日って、すごぃよなぁ。一年と135日だぜ。百三十(しゃくさんじゅう)と五。膝ぁ、Go! 膝ぁ、Go! 膝ぁ、Go! お久 あっきれた。そんなつまんな

    スキ
    6

    『膝枕外伝』 短編小説 「幽浜」

     こんにちは、ノアです。  今回の作品は今井先生の膝浜を創作させていただきました。なるべく簡潔にまとめようと試みましたが、書いてるうちにどんどん想像力が膨らんで、いつか間にか結局長くなってしまいました。  これは食べ放題でバイキングに行って、あれもこれも食べたいと言って思わずとり過ぎてしまう感じです。つまり収拾がついてない状態なのですよね?笑勢いと幽☆遊☆白書への愛、プラス今井先生のご好意で書いてます。  よってノアの文章が長いと思ったら、適度に飛ばして読んで下さい。今

    スキ
    7

    『膝枕廃人浜助寿司配段(ひざまくらはいじんはますけすしくばりの段)』(原作:古典落語「芝浜」膝&ピザ入れ:今井雅子 江戸前寿司入れ:関成孝)

    はじめに 膝フェスで初登場してから、ずっと人気の高い演目となっている「ピザ浜」(原作:古典落語「芝浜」 膝入れ:今井雅子)。落語ネタを現代の話に置き換えてアンユイに語るのが魅力ですが、現代ネタをお江戸話に替えるという無謀な試みをやってみました。題して、『膝枕廃人浜助寿司配段(ひざまくらはいじんはますけすしくばりのだん)』(原作:古典落語「芝浜」膝&ピザ入れ:今井雅子 江戸前寿司入れ:関成孝) 読まれる際に、読みやすいように変えていただいて構いません。その際に、後述の解説を参

    スキ
    25