山辺真幸

インフォグラフィックデザイナー。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程。研究領域は情報可視化。NHKスペシャル、クローズアップ現代+に新型コロナビッグデータ可視化映像を提供。IAMAS、武蔵美CI、明星大講師。 http://www.masakiyamabe.com/

デザインとプログラミング

デザインとプログラミング株式会社と代表の山辺の活動に関する記事を書きます。

  • 7本

長いワクチン待ちの行列はどのように消化されていくのかについて

注:この記事は2021年4月21日に書いたものです。ご留意の上お読みください。 前回の記事では、現在の接種速度がかなりの低速であることを公表されている数字から示した。この記事では、今後この速度がどのように変化するのか(しないのか)について公開されているデータをもとに書いてみたい。 前回の記事では、「3月29日の週までに供給された量が2,458,950回分なのに対して、4月13日までの累積接種回数が1,743,439回であるから、71%しか消化できていない、つまり『余り』が

スキ
65

現在、私たちが並んでいる途方もなく長いワクチン待ちの行列について

(追記:2021/04/21 この記事よりも新しいデータを元に書いた記事はこちらです→「長いワクチン待ちの行列はどのように消化されていくのかについて」) なんとなく夏ぐらいには、私たち一般市民にもワクチンの順番が回ってくるような気になっているが、実際はどうなのか。 NHKのワクチン特設サイトと、官邸の「新型コロナワクチンについて」のサイトを総合すると、長い長いワクチン待ちの行列が見えてくる。 発表されているスケジュールまず、NHKのサイトでスケジュールと優先接種対象者と

スキ
347

Processingって知ってますか?

メディア・アートやプログラミング教育にも使われるプログラミング言語である「Processing」を知っていますか? そのProcessingのユーザーが、互いの知見を共有しあう「Processing Community Day」という世界的な取り組みがあります。 今週の土曜日と日曜日、日本の有志による「PCD Japan(Processing Community Day Japan)」がオンラインで行われます。3年目となる今年は、大変光栄なことにぼくが基調講演をつとめるこ

スキ
14

楽しく・美しくプログラミングを学ぶ場所をつくりましたという話

2020年度から小学校でのプログラミング教育が始まりますね。小中学生のプログラミングスクールや、政府の情報発信もいよいよ熱を帯びてきています。しかし、なぜ国を挙げてプログラミング教育に力を入れるのでしょう? なぜ小学校でプログラミング教育をするのか?文科省、総務省、経済産業省などが主導する「未来の学びコンソーシアム」に掲載された資料には、こんなふうに書かれています。 我が国の競争力を左右するのは何か。それは「IT力」です。ヨーロッパでは、「IT 力」が、若者が労働市場に入

スキ
13