見出し画像

【19/20プレミアリーグ第19節】マンチェスター・ユナイテッドVSニューキャッスル・ユナイテッド マッチレポート

こんにちはMasaユナイテッドです。過密日程の為、マッチレビュー書けず...。しかし、戦歴だけは残しておきたいのでデータだけのマッチレポート形式です。

前節のレビューはこちら

👿ランナップ

画像13

ユナイテッドは敗れた前節ワトフォード戦から2枚変更リンガードに代わりペレイラ。ジャームズに代わってグリーンウッドがスタメン。ポグバは今節のベンチから。ニューキャッスルとは第8節に対戦しており、ニューキャッスルのホームでユナイテッドを下している。ユナイテッド戦でキレキレだったサン=マクシマムは負傷でいない。システムは5-3-2シェルビーやキャロルといったプレミア歴戦の勇士をベンチスタートにしたブルース監督。

【Substitutes】
ユナイテッド:ロメロ ジョーンズ ヤング  ポグバ マタ  ジェームズ リンガード
ニューキャッスル:ダーロー イェドリン クラフト  ハイデン  アツ シェルビー キャロル

👿前半

開始から攻め込んだユナイテッドだったが、鋭いカウンターから先制したのはニューキャッスル。第8節に続いてまたしてもマシュー・ロングスタッフに決められる。しかし24分には左サイドの崩しから、ペレイラが落としてマルシャルがシュート。同点に追いつく。ユナイテッドは前からのプレスが機能しており、ニューキャッスルのビルドアップのミスを誘う。フェルナンデスのパスミスをグリーンウッドがカットしシュート。逆転に成功する。5-3-2で引いて守るニューキャッスルは中盤の「3」がボールサイドにスライドして守るが、ユナイテッドのWGとSBに対して誰がIHが行くのかWBが行くのかが整理できておらず、サイドを切り崩された。41分にはワン=ビサカのクロスにラッシュフォードがヘディングで合わせ3対1と突き放す。ニューキャッスルはマルシャルやペレイラにもブロック間に楔を通されるシーンも多く、3センターが失敗だった印象の前半だった。

【前半スタッツ 左ユナイテッド/右ニューキャッスル】(SofaScore参考)

画像13

画像13

👿後半

前半に膝を負傷したマクトミネイに代わって、後半頭からポグバを投入したユナイテッド。51分にはマシュー・ロングスタッフのバックパスがミスになりマルシャルのもとへ。そのままマルシャルがチップキックでシュート。4点目が入る。これで完全に戦意を失ったニューキャッスルは選手交代をして5-4-1にするも全く良いところを見せられず。ユナイテッドは、中1日で迎える次節のバーンリー戦に向けて、ラッシュフォード、マルシャルの二人を交代させて温存する余裕の展開。ボクシング・デーの戦いを4対1という圧勝で飾った。

画像14

【Substitution】
46分 ユナイテッド マクトミネイ⇔ポグバ
59分 ニューキャッスル ゲイル⇔アツ
63分 ユナイテッド ラッシュフォード⇔リンガード
63分 ニューキャッスル アルミロン⇔イェドリン
67分 ユナイテッド マルシャル⇔マタ
88分 ニューカyッスル シェア⇔クラフト

【後半スタッツ 左ユナイテッド/右ニューキャッスル】(SofaScore参考)

画像13

画像13

👿まとめ

先制され嫌な予感が漂ったが、プレスが機能し、インテンシティを高く、前線に人数も掛けれていたので、すぐに同点に追いつけたのが大きかった。4点中2点はニューキャッスルのミスからだったが、今日のユナイテッドはメンタリティでニューキャッスルを圧倒していた。とても前節のワトフォード戦と同じチームとは思えないできだった。短期間の間に準備はほとんどできなかったであろうスールシャール監督は、選手のメンタリティが頼りだったはずだ。そういう意味では選手が手繰り寄せた勝利と言える。

ポグバが戻ってきたと思ったら、マクトミネイが膝の靭帯負傷で離脱となってしまったのは大きな痛手だが、これで、冬のポグバ移籍はなくなったと言えるかもしれないのは怪我の功名だ。次節は中1日でバーンリー戦を迎える。勝って2019年を締めくくりたい。

【ゴール期待値「xG」】(understat.com参照)

画像5

画像6

【ポジショナル・レポート 左ユナイテッド/右ニューキャッスル】

画像7

画像8

【トータルスタッツ】(プレミア公式参照)

画像11

👿選手評価

エヴァートン戦で元気のなかったマルシャルだが、今節は殊勲の出来。ハットトリックしたかっただろうが、日程を考えると途中交代は致し方なしか。前線で起点になり、ペレイラ、ラッシュフォードと近い距離でプレーできたのが活躍できた要因だろう。

画像9

試合開始直後はあまりボールに絡めなかったグリーンウッドだが、ゴールを決めてから徐々に存在感を増した。シーズン8ゴール目は立派。もう少しチャンスメイクに関与したい印象はあるが、シュートセンスは群を抜いている。疲労により休ませたジェームズの穴を良く埋めた。

画像10

画像12

プレミアリーグ第20節 12月29日(日)ターフ・ムーアでのバーンリー戦 4:45キックオフ。カモン!ユナイテッド!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!
2000-2001シーズンからマンチェスターユナイテッドを応援しています。マンチェスターユナイテッドのコラムやマッチレポート、移籍情報などを中心に書いていこうと思っています。幾分素人ですので、私的偏見に満ちた内容になる時もあるかもしれませんが、読んでいただけるとうれしいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。