見出し画像

【整体師が教える】究極のマットレスの選び方

実は人体回復における最重要活動「睡眠」

多くの方が下記症状に悩まされているのではないでしょうか。

・腰痛
・肩こり
・むくみ 
・冷え性
・不眠
・免疫力の低下による風邪、インフルエンザ
・うつ病

実はこれらのすべての症状は人間のもっとも重要な活動#睡眠によって解決できることは知っていましたか?


睡眠のそもそもの目的を知っていますか?

睡眠はとても重要な生命維持活動の一つです。睡眠の目的は主に以下です。

・肉体の休養による体力の回復
・一部臓器の休養
・内分泌系(ホルモンバランス)を整える
・身体の歪みを整える


もちろん「睡眠」というのはすべてが解明されたわけではなく、2017年に睡眠に関して一部の意味を読み解いたということでノーベル賞を受賞したというくらいまだわからないことだらけです。

2017年のノーベル生理学・医学賞は,サーカディアン・リズム(体内時計)を生み出す遺伝子とそのメカニズムを発見した米ブランダイス大学のホール(Jeffrey C. Hall)博士とロスバシュ(Michael Rosbash)博士,ロックフェラー大学のヤング(Michael W. Young)博士の3氏に授与されることになりました。
参考:http://www.nikkei-science.com/?p=54610

それでも睡眠が重要であること、身体の機能の回復、恒常性・免疫の維持のために重要なことはすでに知られています。

睡眠がなぜ重要なのかについて以下の方には特に重要であるということで少しだけ例として書いてみます。

睡眠が特に重要な方々の例
・成果が求められる忙しいビジネスマン
・美容が欠かせない女性
・ガン等の病気になりたくない方
・日々いきいきと生活したい方

成果が求められる忙しいビジネスマンに必要な睡眠

成果が求められる忙しいビジネスマンは日々、プレッシャーがかかり、またミスが許されない状況にあります。睡眠が欠如することで
・ストレス耐性が減り、うつ病リスクがUP
・ミスに、成果あたり仕事量がUPで労働時間増
・労働時間増による、睡眠量、質の低下
などの悪循環により成果が残せない、それにより、
・昇進の遅延による機会損失で生涯賃金の減少
・もらえたはずのボーナスが減ることによる短期的収入減
など嬉しくないデメリットが起きます。上記を鑑みると少し費用をかけてでも睡眠に費用をかけるということはとても重要であることがわかるかと思います。

美容が欠かせない女性に睡眠が重要な理由

女性であれば睡眠をたっぷりとった後の肌質などからどれだけ睡眠が重要なかは知っているかもしれません。
たっぷり睡眠をとることでホルモンバランスが整い、
・コラーゲンの生成などが適切に行われ肌質の改善
・肌荒れリスクの低減

などがあります。
綺麗でいることで得られるメリットは計り知れないです。
<未婚女性の場合>
・女性として異性からモテることで自身が持てる
・男性を選ぶ際に選択できる範囲が広がりやすい
・男性からおごってもらえるなどの経済的メリット増
・自分に自信がもてることで、仕事も好循環
・生理痛などの症状軽減

<既婚女性の場合>
・旦那がいつもよりも優しくなる
・女性としてのアイデンティティが適切に維持、精神状態がよくなる

・自分に自信がもてることで、仕事も好循環
・生理痛などの症状軽減
・更年期障害などの症状軽減
などメリットしかありません。どの美容液よりも高い化粧品よりも内部からの改善、睡眠に勝る美容手段はありません。

ガン等の病気になりたくない方

厚労省の発表にもあるように今の時代、3.6人に1人が #ガン で死ぬほど多くの人がガンによりなくなっています。

死因順位の第1位は悪性新生物(がん)(全死亡者に占める割合は 27.8 %)、第2位は心疾患(高血圧性を除く)(同15.2 %)、第3位は脳血管疾患(同 8.2%)となっており、
死亡者のおよそ3.6 人に1人は悪性新生物(がん)で死亡していた。

長く健康に生きるカギは「ガンになるかならないか」ということにより大きく変わっていくといえます。ガンの主な原因は「過剰な物理的・化学的刺激」や「食習慣」「 #ストレス 」などと言われています。一歩突き詰めるとその大きな要素として「#活性酸素」が原因であるともいわれています。「活性酸素」が原因で細胞の不具合であるガンが発生、そして睡眠不足やストレスにより、「免疫低下、免疫が不適切に機能」することでガンが発生します。
睡眠をしっかりとることで、高い免疫力を維持し、睡眠によりストレスをリセットするなど対処できていることがとても重要となってきます。


日々いきいきと生活したい方

年を重ねるとメラトニンの合成が低下することで睡眠が十分に取れなくなることがあります。(メラトニンはサプリでも補うことが可。参考
メラトニンが減少することで睡眠は浅くなり、質の低下、中途覚醒してしまい十分な睡眠時間がとれないという場合があります。
いつまでも若く元気な方は60を超えても8時間寝れる方もいらっしゃいます。睡眠がとれている方は回復力が発揮され、また歪みが起きづらいので、関節障害や内臓疾患(骨がゆがむことで内臓に負担がかかります)なども起きづらくなっています。


整体師のマットレスの選び方

睡眠は上記の目的を達成するためにとるものとし、回復力を最大化するという観点から #マットレス を選んでいきます。
その前に共有したいのは下記です。
■マットレスを選ぶ際に知っておくべき重要な点
1.マットレスの価格と品質は単純に比例しない
2.CMを代々的にしているのは割高
3.寝心地と回復力は比例しない

「え?」と思うような驚く要素もあったのではないでしょうか?

1.マットレスの価格と品質は単純に比例しない

価格付け(プライシング -Pricing)には大きく2種類あり、
・バリュープライシング
・コストプラスプライシング
という価格付けがあります。マットレスはそのうちの前者であるバリュープライシングを採用しているため原価というのはとても安く抑えられています。ここでは詳細に書きませんが、「バリュープライシング」はその製品が持つ・提供できる価値に基づいての値付けであり、「コストプラスプライシング」は製造原価に基づいて値付けがされる方法です。コストプライシングはより、馴染みのあるものかと思いますが多くの場合、原価は2-3割程度に設定され、流通コストなどが加味されて結果として、最終的な小売価格があるという形になります。一方で「バリュープライシング」とはその製品の提供する価値に基づく価格決定で、マーケットリーダーが価値を設定し、価格付けをし、2番手3番手はその価格を基準に値付けをする方式をとる場合が多いです。
その場合、追従するメーカーは原価を基に作らず、小売価格がありきで製造し、多くの場合5-10%の製造原価に抑えます。そしてその利益に分を流通先や自社でのプロモーションに充てることで積極的に認知向上・販売につなげる方法をとります。

2.CMを代々的にしているのは割高
原価は安くしかし高級感を出すために、製品そのもの以外のところに費用をかけて、広告や芸能人の起用などにより製品販売をすすめるところも多いです。たとえば、

・ショールームを高級にする
・ウェブページや宣伝媒体に高級感を出す
・パッケージに費用をかける

上記の方法で製品そのものの品質と関係なく、費用がかかっている場合というのは多くみかけます。そして、その価格をカバーするため、原価が安価のものとあまり変わらない場合でも高い価格設定をするなどはよくあります。

そのため、製品そのものの、原価や研究開発費は必ずしも値段だけの価値があるかというと判別が難しく、あまり広告宣伝されていないもののほうが高い原価、製品価値がある場合というのは往々にして存在しています。(これはマットレスに限りません)
上記の理由から必ずしも「高いもの」「芸能人を使ってCMしているもの」が製品価値があるとは限りません。

3.寝心地と回復力は比例しない

これもなかなか驚かれる場合があるかもしれませんが、「寝心地」はフィーリングであって、本来の眠りの機能を最大限引き出すこととは全く関係ないことがよくあります。

例として、一時期流行った「低反発マットレス」というのがあります。この製品はとてもやわらかく、寝ると包み込まれるような感じがあり、横になった瞬間はとても快適です。しかし、寝ていると身体の重心近くが特に沈み込み、全体として、骨格としては不自然な状態が寝姿として維持されることになります。また密着度が高いということから、身体の歪みを整えるために行う「寝返り」がとてもしづらく、その寝返りを妨げるということからも多くの方が「寝て起きたら腰が痛くなった」ということで「低反発マットレス」はあまりよくないかもと、消費者も気づき、結果として販売に結び付かず、違うものが必要となってきました。ここで、また安直に考えらえたのが@「低反発は身体に悪いのであれば高反発なら身体にいいかも」ということから同様の素材でより体のことを考えて作られ、販売されたのが高反発マットレスです。もちろん低反発のように沈み込まないのでより、身体の骨格のラインは自然の状態に近くなるので「体に悪くはない」という位置づけであり、「回復力を高める」「寝ることで健康になる」「歪みを治す」というのとはまた別ものです。


最終的にマットレスは何を選べばいいの?

寝心地は重要ですが、一番重要なのは睡眠の役割として重要な回復力を高めるということが最も重要な点です。

回復力を高めるために重要なポイント

1.お尻が沈みこまない

2.背中に隙間ができない

3.使用条件下を問わず同じ状態を提供


1.お尻が沈みこまない

低反発枕でよくあることなのですが「お尻が単独で沈みこんでしまうこと」で、結果として、背骨や腰が不自然な状態により無駄な圧力がかかり続け、「背骨をゆがめる」だけじゃなく、「血流を妨げる」ことにより回復力が十分に引き出されません。寝返りが打ちづらくなり、もし高齢者が使用した場合には褥瘡(床ずれ)が起きてしまい筋肉や皮膚が損傷してしまうリスクまであります。
寝心地がいいだろうとそのようなマットレスを使用することはとても危険なので、「お尻が単独で沈み込まない」ということを一つの判断軸としてお持ちください

2.背中に隙間ができない

低反発は腰が痛くなるので「せんべい布団」が見直されているということもよく聞きますが、せんべい布団の場合は「お尻が単独で沈みこむ」ということはなく最低限のリスクは避けることができていますがそれでも、それでも背中が浮いているということは「仙骨部」と「肩甲骨部」に強い圧力がかかっている状態となります。圧力が強くかっているということはその部分の筋肉は緊張状態となり、身体が休まっていない状態となります。寝ていても常に身体のどこかが緊張していると回復力を十分に引き出すことはできません。

背中で体重が適切に分散されていることが確認できるポイントとして、背中に隙間ができないということはとても重要なポイントです。これがクリアされているマットレスの場合は「反り腰」の人でもしっかりと背中がつき、隙間がない状態となります。

3.使用条件下を問わず同じ状態を提供

マットレスの中にはその真価を発揮するのに「特定のベッドフレームを使用した場合」に機能するように作られているものもあり、「今自分がもっているベッドフレーム」で最大限の能力が発揮されるかはまた別問題だったりもします。基本的には固い床で使用した場合とベッドフレームAで使用した場合、ベッドフレームBで使用した場合、すべてにおいて、使い心地は異なるものとなります。


現状、すべて満たしているのはこの一択「THE MATTRESS

身体の回復力を高めることに日々フォーカスしている整体師の私が現状おすすめできるのは「THE MATTRESS」というマットレス1択です。

なぜ「THE MATTRESS」か3つの理由

1.価格が割安

エアウィーヴ(airweave)の欠点である以下2点を克服していながら、なんと価格がエアウィーヴと同等以下であるというのが大きな評価で最大の購入したいと思うポイントの1つです。

エアウィーヴの欠点
・比較的短寿命
・使用条件下による機能の差異

■比較的短寿命
エアウィーヴは多くの場合その機能を最大限維持できるのはおよそ半年ほどと製造元が明かしていたようで、実際に使用者からのレビューも半年くらいするとへたってきて、使用感は以前と変わってきているという人が圧倒的に多いです。

⇒一部口コミ紹介(参照元)

◎私は腰痛に悩んでいたので、意を決して高いマットレスであるエアウィーヴを購入しました。たしかに寝心地は良かったですし、腰痛も軽減しました。しかし、1年せずにへたってしまいました。8万円以上も払っているので、とても悲しかったです。保証もなぜかききませんでしたし。
◎エアウィーヴ耐久性低すぎです。けっこう寝心地は気に入っていたのですが、お尻の部分がすぐにへたってしまいました。半年も使っていません。3年保証があったので、使おうと思いましたが、「明確に10mmへたっていなければ交換できません」と言われ、ダメでした。僕の場合は5mmしかへたっていませんでしたからね。がっかりです。
◎「夏場はなんて涼しいんだ」と思いながらエアウィーヴのマットレスを愛用していました。しかし、1年も経たずにマットレスがへたってしまいました。10万円近くしたマットレスが、こんな簡単にへたってしまっていいのでしょうか。今は別のマットレスを使っています。


■使用条件下による機能の差異
マットレスとしてはどうしても固い面と接している場合と、やわらかいものに置いた場合とで上の寝心地、使用感というのは大きく変わってしまうこと、それによる回復力という観点に関して改善は難しいとされていました。しかし、「THE MATTRESS」がすごいのはその編み込み技術と、マットレスを2層に分けて、固い底面と柔らかい上面で分けて編み込むことで、「物理的に一体化しつつ、固い面で使用条件下をリセットしつつ、上面で快適さを維持しながら、また寿命をより長くするために最適な固い底面にしている」というとても複雑かつ綿密に考えらえた構造にすることで今まで不可能とされていた使用条件下による差異をなくしています。

中材UP(赤いのが固い層、透明が柔らかい層)

中材(赤いのが固い層、透明が柔らかい層)


2.重要なポイントをすべて満たす唯一のマットレス

先に紹介した重要なポイント3つ

1.お尻が沈みこまない
2.背中に隙間ができない
3.使用条件下を問わず同じ状態を提供

3に関しては上記で説明しているので、ここでは1.2.に関して触れていきます。

■ ポイント1.2に関しての図

1.お尻が沈みこまない/2.背中に隙間ができない

THE MATTRESSはお尻だけ沈みこむということがありません。なぜそのようなことが可能かというと、マットレスの固さを身体のパーツに合わせて変えているからです。

■ 頭~肩甲骨 マットレスの固さ 弱
■ 腰部 マットレスの固さ 中
■ 脚部 マットレスの固さ 強

上記のように固さを変えているためイメージとして、

高さ:脚⇒腰⇒肩

という若干の、かすかな傾斜を作りだすことにより、脚の重力によりたまっていた血流が流れることで「むくみが解消」「回復力が高まり」

結果として、「お尻だけが沈み込むことがなく、腰の負担がなし」「反り腰の人でも背中がピタッとつくことで最適な重力分散」がされます。

現状、このようなマットレスの存在は確認できず、他で同じような形で、座布団で再現しようとしても再現することが困難な高度な考え抜かれた特許の特殊技術を使用しています。

3.整体効果が得られる

一番優れているのはもしかしたらこのポイントかもしれません。寝ているだけで、

■ 首の歪み、緊張の解消
■ 反り腰などの背骨の歪みを矯正
■ 脚の筋肉の緊張をとり、骨盤、脚の歪み(O脚等)を解消

といった嬉しい効果が寝るだけで得ることができます。

毎日、ゆがみ矯正の整体を受けられることができると考えると脅威的なマットレスです。


最後に

まだあまり知られていない脅威のマットレス、「THE MATTRESS

「睡眠」による回復、毎日が勝負というビジネスマンから、骨格美人・美肌を目指したい人、寝たきりとなってしまい、ベッド・マットレスがとても重要な方まで、すべての人に自信を持ってお勧めできる唯一のマットレスです。

THE MATTRESS 購入ページ

■ メーカー情報
販売業者 株式会社クワトロハート
運営責任者 上野 淳
住所 〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-47-2ワイズビル4F
電話番号 0120-247-190

#整体 #エアウィーヴ #マットレス選び方 #睡眠

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanks!!今日も素晴らしい一日でありますように!
5
英語、マーケに強い連続起業家。(実はADHDで社会不適合者のため逃げで起業)英会話スクール運営、写真販売代行、清掃代行、翻訳業務、歯科医師のポータルサイトの立上げ、コンサルティング業、店舗ビジネスとして整体院を新宿にオープン。現在は新規事業としてメーカーの立ち上げを行っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。