見出し画像

Fender Jazz Bass

FenderのJazz Bassの現行品。新品で購入後、弾きづらく自分で調整してみたが答えがわからないということでお持ちいただきました。

詳しく診断すると、ネックにハイ起きとフレットがいくつか浮いているのが見つかりました。

新品でもネックに狂いが出る事は、生産品だと木材の寝かせや狂い出しを省いた上での価格設定なので正直仕方がないと思います。適正な調整をすると不具合も明確になり、ビビりが生じてくるので今回は擦り合わせと補修で賄います。快適に使う目的なら、購入とリペアメンテはセットで考えた方がいいです。

ナットも初期不良なのか、溝がすでに寿命状態だったので製作交換。仕上げにトータルバランスを整えオーナーに「以前と全然違う、今まで使ってこなかったポジションも使いやすくなった」と喜んでいただけました。

リペアは診断の時は基本的に粗探しなので、悪い事しか言いませんし。渋い顔される方は大半ですが(予算もありますしね)最後に預けてよかったと笑顔になってもらえるよう、自分の出来る事で頑張ります。

Mary Guitars 丸井 優希
http://maryguitars.com/

#ギター #ベース


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
ギター工房メアリーギターズのブログです。オリジナルモデルに関する記事やイベント情報、リペア記録などを更新していきます。http://maryguitars.com/

こちらでもピックアップされています

Mary Guitars Repair File
Mary Guitars Repair File
  • 9本

Mary Guitarsでの修理記録です。 一例としてご参照ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。