見出し画像

Fender Stratcaster

70年代ストラト。ネックがフレット、トラスロッド共に限界で真面目に修理するよりはリプレイスメントネックへの交換が合理的という話になり。年代スペックに合わせオーナーに購入していただき持ち込みいただきました。

新品故にまだ症状が出切ってない状態。今から予測できるトラブルにはちゃんと備えたいので、ある程度慎重に進めたいところです。

さすが純正なのか、今回は数値差あれど見た限り大きな辻褄合わせみたいな加工は必要なさそうです。

何日か弦を張って狂いなどネックの動きを見ます。

打ち込み不良かフレット浮きもあったので補修も入れつつ擦り合わせ。

ナットは溝あり加工済が付いてましたが不安があったので作り直しさせてもらいました。

あとは劣化したスプリングの交換やビス穴の補修、トータルメンテナンスをして完了です。

オーナーにも気に入っていただけてよかったです。リプレイスメントネック、手直しはいくつか必要ですが選択肢としては全然ありだなと感じました。ありがとうございました^^

Mary Guitars 丸井 優希
http://maryguitars.com/
#ギター #ベース

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
ギター工房メアリーギターズのブログです。オリジナルモデルに関する記事やイベント情報、リペア記録などを更新していきます。http://maryguitars.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。