見出し画像

70's Fender Precision Bass

70年代プレベのオーバーホール。

波打ちが大きいのと指板が薄く切削修正があまり出来ないので今回はヒーター矯正と併せてアプローチしていきます。使われてる接着剤やらで効き目も変わってきます。念入りに様子見ます。

今回は素直にアイロン矯正が効いてくれてる印象。ジョイントもシム変形っぽさがあるので根気よく詰めていきます。アイロンを掛けて数日寝かすの繰り返し。

さらに弦を張って様子見を繰り返します。戻る範囲もありますが、だいぶ反り方が現実的になってきました。

今回アイロン矯正は5〜6回ほど繰り返したと思います。ここを落とし所とし、終了してフレット打ちまで。長い付き合いになってきました。指板が薄いので狂いの修正は、擦り合わせと併用。また弦を張って様子見、慎重にいきます。

フレットが指板に馴染んだところで擦り合わせ。指板が薄いので狂いの仕上げ修正はフレット上で行いましたが、やっぱり打ち立ては気持ちいいです。

ジョイント穴も1つ怪しかったので補修。強度が必要な箇所なので、やや大きめに開け直し、同材でピッタリ合うように埋木を制作し接着。しっかりビスが噛むよう開け直しました。

新しいフレットの高さに合わせナット交換。素材はオイル漬の牛骨。

配線もやり直しました。配線材はブライトな方向に。ヴィンテージハンダでやや丸みが出るように調整しました。コンデンサは流用です。オーナーに方向性聞いて選定しました。

セットアップ後、12Fで1.5-2mmまで下げても音詰まりなく弾けるようになりました。鳴りも良くなったと思います。お待たせ致しました、遠方からありがとうございました^^

Mary Guitars 丸井 優希
http://maryguitars.com/
#ギター #ベース






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
ギター工房メアリーギターズのブログです。オリジナルモデルに関する記事やイベント情報、リペア記録などを更新していきます。http://maryguitars.com/

こちらでもピックアップされています

Mary Guitars Repair File
Mary Guitars Repair File
  • 9本

Mary Guitarsでの修理記録です。 一例としてご参照ください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。