Mary Guitars Repair File

5
ノート

Yamaha FG350リペア

Yamaha FG350。

ジャパンビンテージの赤ラベルってやつです。古い日本製は年代背景的に楽器構造としては未完成なものの、木工がしっかりしているものが多いので現在でも残っているんだと思います。

手頃な値段で良い個体を入手した後、修理に力を入れ現実的に長く使いたいというお客様は多く、今回もオーバーホールです。

フレット高がすでに寿命、全体の状態も相まって弦高がかなり高いです。今回はフレッ

もっとみる

Les Paul Specialリペア

Gibson CustomShopのレスポールSP。

まずはフレットすり合わせ。少し波打ちとハイ起きがあったのでフレット上で賄いました。

購入された時に付いていたピアノブリッジを純正のテイルピースブリッジにします。元の方が機能的なので周りの方々に反対されたようですが僕がオーナーの味方になります(笑)

アンカー位置が設計の都合と合わないので、まずはアンカーを抜いて埋木を製作。

鑿と鉋で整形

もっとみる

Epiphone Thunderbirdリペア

EpiphoneのThunderbird、全体に掛けてリペアしていきます。

構造の問題で弦高が下がらす。幸いボルトオンジョイントなので、今回はネックポケットをある程度整えてスペースにピッタリ収まるようにシムを製作しました。

シム自体に角度が付いています。ポケットを直接切削して角度を修正する手もありますが、その辺は状態や設計、予算に応じてになりますね。

同時進行で。シビアな設定に対応出来

もっとみる

Gibson Les Paul リペア

Gibson Les Paulのオーバーホール
すでにパーツを外しフレットは抜いてます。

今回は強い歪みに対応するためキャビティに外部ノイズを軽減する処理をしていきます。

ネックの狂いはそれほど大きくありませんが、指板Rが不均一でフレットが密着できる状態ではありませんでした。

現状に応じて修正、今回は12"中心に少しコンパウンド気味です。切削は必要最低限で。

フレット打ち終わり。土台の精度

もっとみる

Rickenbacker360リペア

以前リペアさせていただいたリッケン360。

今回はフレット交換を含めたオーバーホールです。フレットは凹みの寿命でなく指板の塗膜で埋まって高さがない状態。

まずはフレットを抜かねば。道具が入るまで地道に塗膜を刃物で掘っていくしかありませんね。ポリエステル塗装か、堅く厚いです。

なかなか手間取りましたが、なんとかフレットが抜けました。

ネックの捻れ波打ちが強く、そのまま削ると設計面に支障が出る

もっとみる