暴風の中で、風に焦がれる
見出し画像

暴風の中で、風に焦がれる

すけこ

矛盾してるのは重々承知だけども、まさにそんな感じ。


宿題を通じて、精神的にも物理的にもいらないものが取っ払われ、ぽっかりできた空間。

広くて白い空間。


確かに私は「どんな風が吹き込むんだろう」って書いた。

書いたけどさ。


吹き込むどころじゃない。

見事に大きな風が吹き込んできて、身体ごとさらわれてるような感覚でいる。

どこか、私の知らない新たな場所へ流されてるような感覚。

そして、私はなぜか、それを楽しんでいる。


以前の私だったら、楽しむどころか不安で押しつぶされそうになっていただろう。

不安で泣きそうな顔をしながら、その力に抗おうと一度必死となり、結局無力な自分を感じてあきらめ顔のまま運ばれる、みたいな。


今の私は違う。

自分をどこかに運ぼうとする謎に大きなその力に、そっくり身をゆだねている。

どこか安心した気持ちで。

大きな船に乗ったみたいに。

どこに流されるかも、全くわからないのに。

「なんとかなる」という気持ちがいつもどこかを貫いている。


『エンデュランス号漂流』を読んだからかな?

はたまた、成長した証拠?


なにはともあれ、そんな感じ。


でも、暴風にさらわれているのはあくまで精神的な話だ。

物理的には「圧倒的風不足」な私である。


うわー、風が恋しい!!

チャリ飛ばしてえ!!

海風あびてえ!!


オープンカー乗って、夜の高速道路を爆走してえ!!

できれば海沿いを!!


赤い公園の「Highway Cabriolet」歌いながらオープンカーに乗るのが夢なんだけど、これからの乾燥&寒さのシーズンはちょっと厳しいかな。

のど、カッスカスになりそう。

(あ、そもそもペーパードライバーだった)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
すけこ

ご縁をいただき、ありがとうございます。 お目にかかれて嬉しいです。 貴方にも幸せが巡ってきますように。

いいねも嬉しいけど、スキってなんか照れますね。ありがとうございます。
すけこ
晴れを願って、日々くるくるしています。