面白さがほとんど伝わってこない『JK☆ROCK』

2019年公開映画51本中41位。

正直、イマイチです。
ロックを諦めた主人公が、
女子高生たちにロックを教えることになり、
そうこうしているうちに自分もロックに再び目覚める話。

女子高生たちがロックを始めるきっかけが、
西村まさ彦の唐突な思いつきというのと、
主人公がロックを諦めた理由が後半までわからず、
わかってもちょっと動機として弱いんじゃないか
っていうのがこの映画のつまらないところ。

全体的にキャラクターに感情移入ができないというか、
彼らの行動理由がすべてにおいて弱かった。

そして、若手キャストが、誰一人わからなかったという(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
映画が好きなただのアレです。一時期、脚本家を志してスクールに通うも、思い通りの話にならなかったり、書いても何かのパクリのようになってしまうことに嫌気がさし、筆をおいてしまいました。でも映画は好きなので、ただひたすら観ようと思って観ています。最新映画の感想がメインです。