映画感想

13
記事

2018年日本公開の面白かった映画

今年は新作を165本見ました(旧作を含めたら205本)。
年始めに
「2017年は映画を見すぎたから、今年はもっとバランスよく生きよう」
と思ったものの、結局より深みにハマりました。
まあバランスよくなんて生きれないわな。
人生短いので、好きなことしましょう。

今年のトップは文句なしで
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』です。
(ちなみにFilmarksは0.5点刻みでつけてますが、
 

もっとみる
拙い文章を読んでいただき光栄です!
1

2018年最高のハッピー映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』

これは素敵すぎる映画!!
1年を締めくくるにふさわしい!!
今年は165本の新作映画を見たけれど、
いっちばんハッピーだったわ。

綺麗になりたいと思っている女性や、
自分の見た目が気に入らないところがある人は見た方がいい。
ハイパー「人生気の持ちよう」映画です。

綺麗になりたいヒロインが、
フィールサイクル中に頭をぶつけてぶっ倒れるんだけど、
目覚めたら、、、
「うっそ!あたしめっっっちゃかわ

もっとみる
ありがとうございます!\(^o^)/

思ったよりも涙ボロボロ出た『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

涙でマスクがビショビショになってしまった映画。

筋ジストロフィーという難病にかかった主人公と、
そのケアをするボランティアの人たちの交流を描いた話。

何がすごいって、映画の中では主人公が病気になったことに対して、
ひとつも文句を言わないんだよね。
むしろメッチャ前向き。
やりたいことや夢を持っていて、
それに向かってひたすら前に進んでるところがすごい。
俺とは大違い(笑)

あまりにもわがまま

もっとみる
スキありがとうございます!
1

過去作の中で最も男女の情愛が強かった『アリー/ スター誕生』

アル中のおっさんと才能ある姉ちゃんの映画。

歌手を夢見るレディ・ガガが、
大スターのブラッドリー・クーパーに見出され、
トントン拍子でトップに登りつめる一方で、
アル中のブラッドリー・クーパーは
どんどん落ちぶれていくという立場逆転劇で、
そんな中での2人のラブストーリーが印象的だった。

あのレディ・ガガが映画に出るってんで気になってたんだけど、
調べたらこの映画、今回で3回目のリメイクなんだ

もっとみる
拙い文章で恐縮ですがありがとうございます!

インターネットと関わる人は絶対見た方がいい『シュガー・ラッシュ:オンライン』

すごいすごいすごい!
これマジすごいわ!
インターネットに身を置く人は見た方がいい。
(まあ、今の時代ほとんどの人がそうだけどw)
あそこまでインターネットの世界を
わかりやすくデフォルメしてあるのはすごいと思った。

インターネットの世界観や各ネット企業の特色、
検索エンジンやオークションの仕組み、
ポップアップ広告、動画投稿とそれに対するいいねや中傷コメント、
ウィルスやバグなど、ネットに関わ

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
1

バスケのおかげで救われた『春待つ僕ら』

青春ですね。
部活に恋愛に友情に。
「大事なものがひとつあれば強くなれる」
いいねぇ(笑)

さて、予告を見た限りだと、
量産型高校生純愛映画だと思ったのだけれど、
フタを開けてみれば、想像していたよりもよくて。

その理由はバスケ。

これは完全に個人的な好みなんだけど、
恋愛映画でも、恋愛以外に打ち込めるものがある方が、
面白く感じるんだよね。

そんな四六時中恋愛ばっかしてられないじゃん、普

もっとみる
スキいただきうれしいです!

『デトロイト』のようなアメリカ社会の闇が根づく『マイ・サンシャイン』

これはアメリカ社会の闇を見ているような感じだった。。。
『デトロイト』と似ている。。。

ロサンゼルス暴動がこの映画の背景。
ハル・ベリーとダニエル・クレイグがその暴動に巻き込まれていく
っていうのがこの映画のメインストーリー。

俺はその事件のことは知らなかったのだけど、要は黒人差別である。

スピード違反をした黒人男性を
白人景観らが執拗に暴行を加えた
ロドニー・キング事件。

当時15歳だっ

もっとみる
リアクション感謝です!

中島健人の顔芸映画『ニセコイ』

コッテコテのラブコメだったけど、
目立ったのは中島健人の顔芸(笑)

これジャンプなんだよね。
原作読んでないけど、原作に寄せているんだろうなという感じはした。

ただやかましいし、ノリは銀魂の劣化版みたいな感じだったので、
正直、そこまで面白いわけではなかった。

とりあえず中島健人と中条あやみ出しとくか!みたいな。
相変わらず、中条あやみはかわいかったけど、
個人的には金髪よりも黒髪の方が好き

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
1

バトルが果てしない『ドラゴンボール超 ブロリー』

いや、面白かったよ?
面白くはあったんだけど、何かが引っかかる。

そう、バトルと絵だ。

この映画は過去のブロリー作品はなかったことになっており、
完全にブロリーと「初めまして」から始まる。
もちろん、惑星べジータが消滅するくだりはそのままで、
冒頭にそのシーンがあるのだけど、
そこはちょっと泣きそうになるほど感動的だった。
(どうせなら、バーダックがフリーザに立ち向かうところまで
 やって欲し

もっとみる
スキありがとうございます!
1

真の意味でのスーパーヒーロー映画だった『パッドマン 5億人の女性を救った男』

あのね、これは本当に面白かった。
面白いビジネス映画。
いや、真の意味でのスーパーヒーロー映画とも言える。
アメリカにはスーパーマンやスパイダーマンがいるけど、
インドにはパッドマンがいる。
まさにその通りだなと。
女性以上に女性のことを考えている主人公のひたむきさが心に染みました。

話としては、主人公が安価な女性用の生理ナプキンを作るというもの。
2001年のインドでは生理用ナプキンが55ルピ

もっとみる
スキありがとうございます!