新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

私が交換留学をおすすめする理由

皆さんこんばんは。
今回は交換留学を選ぶ理由について書いていこうかと思います。他の留学制度に比べて審査が厳しい交換留学ですが、この制度を利用するメリットはどこにあるのでしょうか。

理由その①「費用が安く抑えられる」

交換留学の最大のメリットは、そのコストパフォーマンスの良さにあると思います。1つ前のNoteで述べたように、交換留学では各大学の協定校に向けて留学生を送り出します。その特典の1つとして、なんと交換留学生は留学先での授業料を無料で学校に通うことができるのです!
必要な出費をざっくりまとめました。

<出費リスト>
 ①留学先までの渡航費
 ②現地での生活費
 ③大学指定の保険料
 ④Visa申請料
 ⑤(あれば)予防接種料

蓋を開けてみれば免除されるのは授業料だけなのですが、アメリカを例に挙げるとその額は1年で平均約100~200万円ほどといわれているので、ありがたいことこの上ないですよね。

そして、何を隠そう交換留学で私は自身の所属大学から給付型の奨学金をいただくことができます。その額なんと100万円!!私立大学なのでほぼ1年間の学費分ですね。他の学生に申し訳ない気持ちさえしてきます。生活費として1年間に使う金額を100万円と仮定すると、ちょうどその費用分がこの奨学金で賄えるというわけです。ありがたや......

いかに交換留学がお得かということがお分かりいただけたでしょうか。

理由その②「大学制度であることの安心感」

理由の2つ目は大学という後ろ盾がいる事です。
交換留学は大学の制度であるにも関わらず、比較的自由な活動が認められている一面があります。入学手続きやビザ申請がすべて個人の責任の下で行われるプレッシャーこそありますが、留学先で単位さえ取得できれば空いた時間でインターンをしてもよいしアルバイトだってすることができます。それだけ留学生自身の計画性や主体性が求められる制度ということですね。

交換留学生たちはある程度のトラブルに関しては個人で対応することが求められますが、本当にどうしようもなくなったら日本の所属大学に助けてもらう奥の手があります。今回のコロナウイルスの流行など、安全・健康上の理由で強制的に留学自体が中止になってしまう可能性も少しばかりあるのが玉に瑕ですが、それでもいざという時に頼れる相手がいるというのは留学生にとって精神的支えになるのではないでしょうか。

まとめ

今回は交換留学を使うことのメリットについてお話ししました。
金銭面に関しては大学の奨学金以外にも民間財団や国費のトビタテジャパンなど、探せば色々な支援団体を見つけることができるでしょう。

留学はハードルの高いイメージが持たれがちかもしれませんが、身近にある制度を上手く利用して充実した大学生活にしましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
皆さんこんにちは。 ネットは怖いので匿名です。 神奈川県在住の男子大学生です。 くせ毛です。 よろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

誰かのnote with あぴふぉと
誰かのnote with あぴふぉと
  • 269本

「あぴふぉと」を使ってnoteを書いてくださった方、ありがとうございます!写真を通じて巡りあえたご縁に感謝☺︎追加されたくない方は、どこかの記事でこっそりおっしゃってくださいね◎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。