髪の毛を早く伸ばす3つの方法
見出し画像

髪の毛を早く伸ばす3つの方法

匿名美容師|マーノ

最近は髪の毛の話がちゃんと続いているということなんですが、ほんとは話したいネタはたくさんあるんですよ。

そうなんです、ネタは有り余っている!

ただ、発信が追いついてない!

というね(笑)

『継続は力なり』ということで、音声配信はバズらないらしいのでこのまま継続して、コンテンツ資産を増やしていこうと思っております。

まぁ、以前やってた時よりもペースは遅くなりましたが、大体2日に1回のペースで配信してますので、今後とも配信を楽しみにしていてください。

ということで、今回の本題ですが【髪の毛を早く伸ばす3つの方法】ということで、先にこの3つを言ってしまいます。それが、

1.普通に切らない

2.タンパク質を摂り代謝を良くする

3.目標と目的を持つ

以上、この3つが髪の毛を早く伸ばす方法です。


ということで、1つずつ解説していきたいと思います。

■ 1.普通に切らない

『そりゃ、そうだ!』みたいなことを言ってますが、髪の毛を最速で伸ばすのにはこれが1番です!

だって、切らないんだもん。笑

それが一番早いに決まっているということなんですが、こういうのよく聞いたことありませんか?

『髪の毛を梳いたら早く伸びるらしいよ』

っていう巷のウワサ。

これはですね、断言しましょう!

そんなことは、全くないです!笑

だって、髪の毛って死滅細胞なので、切られたところから生えてくることは一切ないんです。

それで切ったことで、根元に刺激がいって早く伸びるということもないです。

みなさん、思い出してください。

髪の毛が伸びる時は、根元から生えてきますよね?

あのタケノコと同じ方式で生えてきますので、中間部分を切ったとて髪の毛が伸びるスピードは一切変わりません。

だって、そうですよね?

タケノコも上の方を切ったからって、そこから生えてきませんよね?

そういうことです!


◆ なぜこのウワサが広まってしまったか?

というのも、髪を伸ばしたいお客さんがいて、そこで美容師さんがカットの売上が下がることを懸念して、なんとかカットをしてもらえるように嘘の発言をしたんです。

それが『髪を梳いた方が扱いやすいし、早く伸びるよ』と言ったのがことの発端です。

そこから徐々にこのウワサが広まっていき、いつしか全国に知れ渡るようになったという訳です。

冷静に考えたら想像がつきますよね。

まぁでも、それだけ美容師さんの信頼があったということですよね。


■ 2.タンパク質を摂り代謝を良くする

先ほどは、『切らない』という髪の毛を伸ばす上で最も重要なことをお伝えしましたが、次に重要になってくるのがタンパク質と代謝です。

ちなみに、みなさんは髪の毛の成分の内訳って、聞いたことありますか?

じつは、髪の毛の80%〜90%はタンパク質なんです。

『え?ほとんどタンパク質じゃん!』

ということで、知らない方も多いと思います。

髪の毛はその中でも、ケラチンタンパクというもので作られておりまして、骨以外の硬めの身体のパーツはこのケラチンタンパクで作られてて、その他にも体毛や爪なんかもこのケラチンタンパクでできています。

その反対に、身体の中でも柔らかい部分、皮膚や筋肉、臓器などを作っているのが、みなさん大好きコラーゲンの素となっているコラーゲンタンパクというタンパク質になります。

タンパク質を摂取することで、この2つの素を摂ることができますので、タンパク質は積極的に摂ることをおすすめします。

そうすると、髪の毛はもちろん、お肌もキレイになり、筋肉も早くつくようになります。

僕のおすすめは、植物性タンパク質と動物性タンパク質を均等に摂るのがおすすめです。

特に、僕の注目は【大豆】です!

大豆には、大豆イソフラボンという成分があり、この大豆イソフラボンはタンパク質はもちろんのこと、擬似女性ホルモンの役割にもなります。

女性ホルモンが増えるとどうなるかと言いますと、男性ホルモンを抑制する効果があります。

じつは、髪の毛と女性ホルモンは密接に関係していて、大豆イソフラボンを摂ることで男性の薄毛抑制に繋がり、髪の毛を生やしやすくなります。

ただ、なんでも摂りすぎは厳禁で、女性の場合には摂りすぎると女性系の病気のリスクが上がり、男性の場合ですと性欲がダウンしますので気を付けてください。

まぁ、一部の男性にはそれがあっても良いとは思いますが(笑)


◆ 代謝を良くする

ここまで栄養の話をしましたが、次はそれを必要な部分に運搬する必要があります。

人間の身体は、食べたものを消化し、消化して得た栄養を血流に乗せて、身体中に運搬することで健康な状態が成り立っています。

でも、せっかく得た栄養も血流が悪くて運搬が滞ってしまったら、効果が最大限に発揮できませんよね?

なので、代謝を良くして血流を良くしてあげることで、栄養が身体中に行き渡るということです。

特に髪の毛生えている頭って、心臓から離れた場所ありますよね?

冷え性の人が指先や足先が冷たくなるように、頭の先も血流が悪くなりやすいんです。

適度な運動とヘッドマッサージで、頭と身体の血流を良くしてあげましょう。

ま、血流のお話はまた今度したいと思います!


■ 3.目標と目的を持つ

ということですが、みなさんの髪の毛を伸ばす目的って何でしょうか?

、、、そうなんです、意外となかったり、なんとなくだったりするんです。

『なんとなく伸ばしたいから』だと、じつは髪の毛を伸ばす理由が明確じゃなかったりするので、途中で挫折しやすいんですよね。

ここ重要ですよ!

髪の毛を伸ばして何をしたいのか?

がはっきりしてる人ほど、髪の毛を伸ばすモチベーションに繋がるので、挫折しにくいんですよね。

『髪の毛乾かすのめんどくさいな』とか

『普段から髪の毛が邪魔だな』とか

ありますよね?笑

分かりやすい例ですと、成人式や結婚式の時って、髪を伸ばすのが辛くても頑張って伸ばせましたよね?

あれって、髪を伸ばす目的がはっきりしてたから、途中で諦めそうになっても、挫折しなかったという訳なんです。

あとは、どれくらい伸ばすのかの目標も具体的なほどが頑張れたりします。

髪の毛は、1日約0.45mm伸びて、1ヶ月で約1.2〜1.5cm伸びます。

つまり、伸びるのが早い人で全く切らなかった場合1年で約18cm伸びるという計算になります。

こうやって数字化してみると、髪が伸びた自分の姿が想像つきやすいですよね?

こんな感じで、なぜ髪の毛を伸ばすのか目的を決めて、どれだけ伸ばすのかの目標を立てれたら、髪を毛を伸ばしている期間もモチベーションを保つことができると思います。

髪を伸ばそうと思っている方に、まずは目的と目標を決めることをおすすめします。


まとめ

髪の毛を早くのばす3つの方法は、

1.普通に髪を切らない

2.タンパク質を摂り代謝を良くする

3.目的と目標を持つ

ということになります。

髪の毛を早く伸ばしたいという方は、ぜひ取り入れて実践してみてください。

では、また。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
匿名美容師|マーノ

いかがだったでしょうか? ここで知った内容を誰かとの話のネタにしてもらえると光栄です。

嬉しいです✨ありがとうございます☺️
匿名美容師|マーノ
29歳の時に独立|独立するまでにしてきて良かったこと、やらなくても良かったことなどを美容師さん向けに発信中|テクニック的なことから雑談まで、幅広くお伝えしてます|