【バックナンバー】月刊アプリマーケティング(2016.8月)

9

廃棄料理が安く買えるアプリ、手ぶらで操作できるレシピアプリなど、世界のユニークなアプリまとめ(2016年8月)

今月気になった、海外のおもしろいアイディアのアプリ、ヒットしているアプリなど、7つまとめました。

1、レストランで廃棄になっちゃう料理を、安く買い取れるアプリ「Too Good To go」

レストランで余った料理とかを、安く譲ってもらうことができるというイギリス(ロンドン)のアプリ。

こういう感じで、あまった食材でつくった料理などを、パックに入れてくれるらしい。レストランからするとゴミも減

もっとみる
読んでいただきありがとうございます!
12

ツイッターに汚い「愚痴アカ」をつくる理由を女子大生に聞く。趣味と人格で5つのアカウントを使い分ける意味。

スマホユーザーインタビュー。今回は山形県のミケさん(短大生 19歳)つかっているスマホはiPhone6s。

よくつかっているアプリを教えてください。

一番つかっているのはツイッターですね。アカウントは5つもっています。用途とか好きなモノ別に、つかいわけています。

えっと、具体的には「リア友(メイン)」「アニメ用」「創作用(絵を描く)」「日常テキトー用」「愚痴アカ」の5つです。

全部つかって

もっとみる
読んでいただきありがとうございます!
20

無料にしたら売上も大きく上昇。バーチャル実験室アプリ「BEAKER」は高校生だった開発者の「化学って難しい」から生まれた。

ネットで話題になっていた、化学の実験ができるアプリ「BEAKER(ビーカー)」の開発者さんに、メールインタビューをしてみました。

簡単にリーさんの自己紹介をお願いします。

THIXという会社のCEOをやっています、Li Yang(リー・ヤン)です。2011年に上海で起業して、今はニューヨークで活動しています。年齢は24歳です。

「BEAKER」をつくった経緯をおしえてくれますか?

2011

もっとみる
また読みにきてください!
19

インスタ検索で「肉の分厚さ」までチェックする。お店の写真は盛ってるから。女子大生100人に聞いた「スマホ検索」の実態(88%がツイッター検索を、49%がインスタ検索をつかう)

首都圏の女子大生100人に「スマホ検索」についてのアンケートを実施しました。(※全体を正確に調査したものではありません)

■スマホで一番よくする検索は「グーグル検索」

まず、一番よくつかう「スマホ検索」を聞いてみたところ、以下の結果になりました。つかう頻度としては、検索エンジンが圧倒的に多いようです。

・グーグルでの検索 58%
・ヤフーでの検索 34%
・ツイッターでの検索 7%
・インス

もっとみる
いいね嬉しいです、ありがとうございます!
18