外資マーケターに

元外資マーケターが語るBtoCとBtoBマーケティングの違い

結論から言うとBtoCとBtoBのマーケテイングの違いを例えるなら、
BtoC:狩り文化、感情を刺激
BtoB:農耕文化、ロジックを刺激

です。あなたはどちらが好きですか?
このように変わってくる理由として、①購入者と意思決定:Who & How、②意思決定の期間:When・How long、③購入金額の規模:How muchの違いによるものです。
それに伴い、マーケティングのいわゆるSTP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)のセグメンテーションの切り方変わり、また普段のマーケターの業務も違ってきます。

目次
・自己紹介
・本記事はこんな方に
・購入者⇔意思決定が違う:WHO & HOW
・意思決定の期間が違う:HOW LONG & WHEN
・購入金額の規模感が違う:HOW MUCH
・STP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)
・実際の業務
・おわりに

自己紹介

大手グローバル企業でBtoBもBtoCも両方プロダクトマーケティングを経験しておりますので、一通り理解してます。(下記でツイッターやってます)

多くの方はBtoCならBtoCでキャリアを磨き続けるのが普通なので、両方経験してる人はなかなかいないのでせっかくなので経験をシェアしようと思いました。

こんな方に

本記事はマーケティングをキャリアとしているか、将来考えており、BtoBやBtoCのどちらに進むべきか、情報を求めている方に向けた超ニッチなものです笑
また、セールスとマーケティングの間でキャリアチェンジを考えてる人も一助になるでしょう。
細かな違いを一つずつ取り上げるのではなく、ざっくり違いを理解してもらえたらなと思います。

購入者⇔意思決定が違う:WHO & HOW

BtoCの場合、例えばあなたがメンズ向けスーツを販売してるとしましょう。30代前半、港区住、年収1,000万円、金融業の男性のマーケ太郎さんをターゲットして、彼が商品を閲覧して、彼が購入を決め、実行します。
複数人になったとしても、実際のユーザーは夫だけど、財布の紐を握っているのは妻の女性なので妻にリーチを変える程度でしょう。

この続きをみるには

この続き: 2,689文字 / 画像7枚

元外資マーケターが語るBtoCとBtoBマーケティングの違い

ナッシュ@海外マーケ研究家

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

85
元Amazonマーケター|米国→トルコ→今ベトナムで奮闘中|話題アプリ・サービス:http://litfire.jp|海外ビジネス、トレンドを語り出す
コメント (4)
ご投稿いただき、有難うございます。私は2015年に新卒入社以来、BtoBのマーケティングに携わってきましたが、将来的にはBtoC分野において、マーケターとしてのキャリアを築いていきたいと考えており、大変勉強になりました。
個人的に文章術と外資出世術が興味がありますので、お時間のある際に、ご投稿いただければ幸いです。今後とも勉強させてください!
@ir0079sfさん フィードバックありがとうございます、BtoBもやりがいありますが、BtoCに惹かれちゃいますよね! コメントでは文章術のニーズの声が多いですね…優先順位あげようと思います。こちらこそよろしくお願いします!
初めまして、現在マーケティング職を目指して就職活動をしており、大変勉強になりました。個人的に、外資の出世事情や英語の国内留学についても興味があります。記事更新されましたら、また拝読させて頂きます!
@おさないさん 役立てたようで嬉しいです。ありがとうございます、国内留学については数日以内に公開予定ですので、ぜひ一読ください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。