見出し画像

つい、先延ばしにしてしまうから。 #気だるさからの脱却

ライティングを学び合う会員コミュニティ、sentenceの会員が月ごとに特定のテーマについて、マガジン「sentenceの会報誌」を更新していきます。

今月のテーマは「#気だるさからの脱却」。GWも終わり日常に戻る中、なかなか調子を取り戻せない、気合いが入らない、そんな人も多いのではないでしょうか?いつもの生活にしんどさや漠然とした不満を感じた時、どうやって気持ちを前に向けていけばいいのか、ぜひ一緒に考えてみませんか?

***

6月1日午前1時半。私は二度目の筆を執っている。(一度目に書き上げたnoteが全て消えてしまった)そう、もうカレンダー上では5月が終わってからすでに1時間半が経ち「GWも終わり日常に戻る」日々はとっくに過ぎ去ってしまったのだ。これを見ている人の中には、一足先に気だるさから脱却できている人もいるのだろうか。


***

気だるさとは一体なんだろう。

なんとなくやる気が起きない。これに尽きる。「なんとなく」だからやっかいなのだ。うっかり、そのうちやる気がでてくるのを待ってしまい、ギリギリになってから「やる気はでるものではなく出すものなのだ」と気づく。こうしたやりとりを、一体何回やっているのか。


でももう少し考えてみてほしい。もしかすると、そんなとき「自分」のことも後回しにしてしまっているのかもしれない。

例えば、、、

いつもするはずのストレッチをサボったり、

コーヒーを淹れる時間を設けなかったり、

好きな音楽をかけながら湯舟に浸かるバスタイムをシャワーで済ませたり。


今のわたしがそうだ。寝る前に本を読むのだが、5月はほとんど読まなかった。部屋はとても散らかっていて、落ち着ける空間ではない。(もともとあまりきれいではないが)


気だるさって、「なんとなくやる気がでない」のではなく、「自分をおざなりにしているからやる気がでない」のではないだろうか。

それならまずは、自分の状態を自分がきちんと見てあげよう。だって、自分の声を聞けるのは自分しかいないのだから。


休みが多かった分、日々の仕事の流れに追いつけないのなら、少しずつ慣らしていけばいい。

ぽかぽか陽気の春から、じめじめした暑い夏へと季節が移り変わることで調子が上がらないのであれば、少し休んでもいい。

自分をごきげんにしてあげれば、自分はちゃんと返してくれると思うんだ。


だから、、、つい、先延ばしにしようとしていたら少し待って。そして、自分の胸に手を当ててみてこう聞いてみよう。

「今わたしは、ごきげんかな?」



さて、読みかけの神永学さんの小説を読むとしようか。

***

感想やご意見ありましたら、ぜひコメントか、「#sentenceの会報誌読んだよ」でnoteを更新してみてください!

【会員募集中!】
「sentence」は、inquire.inc が運営するライティングを学び合う会員コミュニティです。会員同士で良い記事の分析や書いた記事のシェア、Q&A、共同でのnoteマガジン運営、勉強会の開催などを行なっています。ご興味持たれた方は是非一度HPかTwitterを見てみてください!
HP:http://sentence.inquire.jp/
Twitter: @sentencejp


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

/ ありがとうございます☺ \ スキやサポート、とってもうれしいです。 いただいたサポートは新たなプロダクトに出会うための交通費やイベントに役立てさせていただきます!

これで今日もおいしいビールが飲めます。
16
誰かのごきげんのために学びの場を作ったり、記事を書いたり、モノを売ったりとよろず屋的に動いてます。 作り手の代わりに、商品の想いを紡げる人になりたい。そんな思いから屋号をtsumugiとし、活動を始めました。将来は星がきれいに見える、縁側のあるお家に住む。

こちらでもピックアップされています

gate, by sentence
gate, by sentence
  • 50本

ライティングを学び合うコミュニティ「sentence」の会員が運営する共同マガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。