見出し画像

クリエイティブコーディングを再開させた

1年ほど前にThree.jsをやっていたが、何を言っているのかよくわからず、途中で挫折してしまっていた。立方体をくるくるさせたら、それ以上に何をすればよいのかわからなくなってしまったのだ。

Codepenでサインカーブで絵を書いていたら、なかなかきれいなものができたので、もう一回クリエイティブコーディング毎日やろうかなと言う気持ちが出てきた。


今年に入って、Three.jsを使う機会があり、この機会に再度入門をしようと思った。

今回はドキュメントのこれからしっかり読んでいこうと思う。基本の理解が大事なのだと思った

日本語版があることを発見した。なぜこれを先に見なかったのか・・・・。

公式ドキュメントに先に目を通したほうがいいのはほんと至言という感じ。

CodePenでのモジュールの入れ方もようやくわかった。

美術館みたいに絵のようなスタイルで作るとコレクション性が上がって良いことがわかった。

だんだん進化しているのがおわかりいただけるだろうか・・

シェーダーをつけてみた

ようやく、ドキュメントの探し方がわかり始めてきたので、exampleをcodepenで再現するというのにトライしてみる。

そのうちシェーダー自体を書いていきたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まりーな/エンジニア

エンジニアとして働いている成長記録やおもしろいと思ったこと色々書いていこうとおもいます 頂いたご支援は、資料や勉強のための本、次のネタのための資金にし、さらに面白いことを発信するために使います 応援おねがいします

励みになります!
エンジニアしてますtwiiter:@marina10172013好きなもの Adobe.Ai.AE.Ps/Sketch/Blender/デジタルファブリケーション