見出し画像

7月1日、下半期を笑顔で過ごしたい。「そこそこの平日」をイメージしてみた。

休みの日には、本当に力が抜ける。平日や夜には、「休みになったらやりたいこと」が思い浮かんでも、実際に休みになると動けなくなってしまう。
そもそも5日平日で2日休みというのはバランスが悪い。だからこそバランスをとれる様に生活を整えたいと改めて思う。
「最高の1日を考える」のは別においておきたいとして、「(毎日をそこそこに過ごすための)最高の平日ルーティン」を考えてみたい。

*

朝5時半、自然と目が覚める。今日もいい天気になりそうだ。
ベッドの上で一つ伸びをしてから、さっとシャワーを浴びる、それから白湯を飲む。朝ごはんの準備を始める。パンにしようか、ご飯にしようか。はちみつトーストもいいけど、そうだなあ、今日はちょっとだけ時間があるから和食にしよう。お味噌汁を温めて野菜もたっぷりとって。一緒にお弁当の準備もしてしまおう。ちょっとだけベッドを整えて、さっと掃除機もかけてから出発。

身支度を整えて7時前には家を出る。
通勤も人込みもストレスでしかないから、できるだけ人の少ない時間を選んで。駅まで15分。今日も暑くなるのかな、と日差しを浴びながら徐々に体も目を覚ましていく。ぼんやりと今日のタスクはなんだったっけなあ、と昨日に思いを巡らせる。
電車では、新聞に目を通す。正直いまだに書かれている出来事によって、何がどうなっているのかはよくわからないけど、それでもとりあえずはいいか、きっとやることに意味があるのだと言い聞かせてふむふむと読み進めていく。

8時頃に出社。
途中でカフェによってロイヤルミルクティーを買う。優しいミルクと紅茶の風味、少し甘めにしちゃおう。
今日も一日が始まる。仕事をする前に少しだけ深呼吸をして。今日も笑顔でいられますように。

お昼。
オフィスには大きな窓があり、そこからたっぷり太陽の光が差し込んでくる。せっかくだったら、とカバンを持って外に出る。
ビルにあるテラス席で一度頭を空っぽにする。週末に作り置きをしておいてよかった、次は何を作ろうかなとレシピをいくつか見てみる。
残り20分ぐらいになったところで、読みかけの本も少しだけ開く。最近、さえりさんがおすすめしてくれていた本を改めて読み直している。
伝えたいことをちゃんと伝えることも、書きたいことを相手にきちんと届けることも仕事でもプライベートでも一緒だなあ、と思いながらオフィスに戻る。

さて、18時。タスクのやり残しもなくぴったり定時で退社。
今日はどこに行こうかな。いったん家に帰ってしまうと考えること止めてしまう。だから、帰る前の1時間でライティングを。
日中のアドレナリンが残っているうちに1本集中して書き上げる。昨日のうちに下調べは済んでいるから、後はまとめていくだけ。でも、書いているうちにやっぱり迷う。この言葉使いたいな、でもこっちで使ったほうがいいのかどっちが適切なんだろう。相変わらず締めが弱いなあ、うんうん言いながら1時間をフルに使って何とか一段落。そろそろ取材や企画もしてみたいな、と希望を抱きながらPCを閉じて帰路につく。


家に帰ると、まずはお風呂。疲れたなあ、って座ってしまいところをぐっとこらえられるかどうかが夜時間を充実させられるかどうかの境目。お気に入りの入浴剤を選んで30分の半身浴でまったりと過ごす。
さっぱりして仕事のことを一旦泡に流してしまう。ふわふわと。毎日働いているのだから、少しずつ自分にも優しくしてあげたい。
眠る前にnoteの投稿も。もうずいぶん続けてきた気がするけど、珍しく習慣になりつつあることだからこのまま続けていきたいなあ。仕事でもなく、テーマが決まったライティングでもなく自分の書きたいものを書きたいだけ。

ほどよく眠気が襲ってきたころに、ベッドに潜り込む。
体は疲れているのに、脳が休まりきらなくてうまく眠れなさそうだから今日はヨガニードラを流しながら瞑想モードに。優しくゆったりと過ごす時間、だんだん夢か現実かわからなくなって意識がぼんやりし始める。深い呼吸ができて、深いリラックス贅沢な時間。
おやすみなさい、また明日も笑顔あふれる1日になりますように。

*

起きる時間や朝の過ごし方は、こうだったらいいなが詰まっている。
今は毎日朝が来ることを憂鬱に感じているし、ぎりぎりまで寝て慌てて会社に行ってデスクで朝ごはん食べちゃうし……。
多分、朝の過ごし方を一番大事にしたいんだと思う。幸せな気持ちで朝を迎えて1日元気に過ごす。
朝が苦手なりに工夫すること、そして絶望しない日々の過ごし方をしていきたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!笑顔で毎日を送れるための何かに使わせていただきます!

明日が優しい日になりますように!
8
少しずつ好きなことをする人生のために。心を失いそうな日常だからこそ、やわらかい言葉を選びたい。 ※練習のために色んな記事を書いています。野球・旅・日常の雑記

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。