古賀マリ

大阪生まれのニューヨーカー。昼間は会社員、夜はジャズ歌手として二足のわらじ生活。ときおりiPhone写真家マリ山紀信に変身。平凡なのか波乱万丈なのか、自分でもよくわからない。そんな私のニューヨークでの毎日を徒然なるままに綴ります。

ひょんなことからジャズ歌手に。【グアテマラ編(2)】

バナナの皮を踏んですってんコロリンというのは、昭和のコントの定番だ。最初に映像化したのは、かの喜劇王チャップリンだそうで、なかなか由緒正しいギャグらしい。かとい…

ひょんなことからジャズ歌手に。【グアテマラ編(1)】

2012年6月。私は中米グアテマラにいた。 バスとボートを乗り継いでやっとたどり着く田舎の語学学校に、 1ヶ月スペイン語留学するためである。 なぜグアテマラだったかと…

ひょんなことからジャズ歌手に。【初めまして、古賀マリです。】

けっこうな年齢になってきた。 数字にするとその大きさが恐ろしい。 人生振り返ってみると、若い頃に描いていた未来の私とはだいぶ違うが、 まあまあ毎日楽しく暮らしてい…