海外医学部に知識0の私がたった6日で合格できた究極の方法「スロバキア医学部合格メソッド」を伝授する【限定5部】

注:このメソッドは、「残り3部」のみの販売です。
  購入希望の方はお早めにご購入ください。

最新情報やより多くの情報を提供するため、加筆修正していく予定です。
注:3月15日に加筆修正いたしました。


世間では「グローバル化」「世界で活躍できる人材」「英語が堪能な人材」を求める声が多く聞かれます。

そんな時代を反映してか、今や
日本国内の医学部に限らず、ヨーロッパをはじめとする海外医学部を
積極的に目指す方が増えてきました。


というのも、海外医学部は

・日本の医学部より容易に入学できる。
・日本の私立医学部より学費が安い。
・英語で医学部を学べ、国際的な医療人になれる。

などのキャッチコピーで宣伝されていることが多く、非常に魅力的なものだからです。


今回は、そんな海外医学部に誰でも簡単に最短で合格するメソッドを特別に伝授いたします。


【今だけの特別キャンペーン】
海外医学部にまつわる(海外医学部入試や生活面・勉強面などの)質問に、個別にお答えします。


本題に入る前に、簡単にプロフィール紹介

スロバキアの医学部に通う現役の医学生マヌです。

英語ができないにもかかわらず、高校卒業後すぐに海外医学部に入学。
残念ながら、入学してから5ヶ月目で単位を落とし、留年が確定する。

ハマっているものは、中東・味ぽん・メルカリ。

普段はこちらのブログを書いてます。


それでは、本題に入りましょう。



医学部に最短で誰でも簡単に受かる方法は存在する
ー「スロバキア医学部合格メソッド

「怪しい」と思いましたか?
「そんな簡単に医学部に合格できるわけがない」と思いましたか?


日本の医学部受験において、こんなことを言っていたら、100%怪しいと思ってください。しかし、海外医学部受験においては、そんな夢のようなメソッドが存在します。



間違っても「お金を積む」「カンニングをする」なんて、アホらしいことは言いません。



しかし、そんなやり方をせずとも、正攻法で誰でも簡単に合格する誰にもほとんど知られていないメソッドがあるのです。


それが、「スロバキア医学部合格メソッド」です。

スロバキア医学部合格メソッドとは、私(マヌ)が編み出した、
これさえ読めば、必ずスロバキアの医学部入試を完全攻略できる最強の指南書です。



ここには、

・入試に合格するための極意
・海外医学部に簡単に合格するなら、スロバキア一択
・スロバキアの医学部入試科目・合格点等の入試制度について
・スロバキアの医学部に簡単に合格するために使用する教材
・スロバキアの医学部にたった6日で知識0の私が合格した勉強法
・【今なら特典付】スロバキアの医学部入試の疑問に個別にお答えします

を漏らすことなく全て収録しております。



もちろん、私の編み出したこのメソッドは、
スロバキアの医学部を私が実際に受験し、私が合格点を大きく上回る点数で合格したことから、すでに効果ありと証明済みです。


またこのメソッドは私だけでなく、他の日本人の方にも好評を得ております。

「どうしてもっと早くこのメソッドを使わなかったのだろう」 by M氏
「これさえ知っていれば、合格は間違いなし」 by K氏




スロバキア医学部合格メソッド」に学力はいらない

そして、大事なことがもう一つあります。

このメソッドには、「偏差値も学力も不要である」ということです。


学力があろうとなかろうと、偏差値が低かろうと高かろうと、
そんなことは一切関係ありません。

やる気さえあれば、全く問題なくこのメソッドを使うことができます。



実際私は、

「スロバキア医学部合格メソッド」を使った結果、
Biology(生物)の知識0にもかかわらず、
たった2週間で80%以上の正答率

を叩き出せました。



これが、「スロバキア医学部合格メソッド」の威力です。



海外(スロバキア)の医学部の入学試験を攻略する方法など、ネット上のどこを探しても細かく書いてあるところはありません。

しかし、この情報は海外医学部を目指す方なら何よりも知りたい情報であることでしょう。

実際、私のブログでもスロバキアの医学部を現地受験した際の記事が一番読まれています。


この「スロバキア医学部合格メソッド」は、
真剣に海外医学部を考えているあなたにこそ読んでいただきたいものです。

このメソッドを使って、合格を勝ち取ってほしいものです。




なぜ「スロバキア医学部合格メソッド」は有料・限定5部なのか?

それは、実にシンプルな理由です。

このメソッドを全員が知れば、合格最低点が上がり、医学部合格のハードルが上がってしまうからです。


それでは、このメソッドを公開する意味がありません。

このメソッドは、「誰でも簡単に2週間で合格できるだけの力をつける」からこそ意味があります。


このメソッドさえ知っていれば、他の誰よりも合格の可能性が高くなれますから、多くの人に知って欲しくはないのです。

それでは、このメソッドを知り得た人が得をしません。私はこのメソッドを知ってくださった方だけに、合格してほしいですから。




入試に合格するための極意

まず、ここが一番重要な部分です。

入試とは、あなたの学力を正確に測るためだけのものではありません。

合格か不合格かのどちらなのかを決める試験に他ならないということを、頭の中に入れておいてください。


すなわち、入学試験に満点で受かろうとも合格最低点で受かろうとも、受かったという事実は同じであり、
特待生でも狙っていない限り、どちらの点数を取ろうが別にいいわけです。


であるならば、私たちが取るべき点数は合格最低点ギリギリの点数です。


もちろん、合格最低点ギリギリを狙うのは好ましくありません。

本番の試験は必ず緊張するでしょうから、普段の8-9割程度の実力しか出せないかも知れませんからね。


目標は高ければ高い方が良いので、「満点を目指すぞ!」ぐらいの意気込みがあるといいですね。


ここで抑えていただきたいのは、

「入試においては、合格最低点さえ取れれば良いのだ」

これは、このメソッドで肝になるところですので、忘れないでください。




海外医学部入試に簡単に合格するなら、スロバキア一択

海外医学部と言っても、海外医学部なんて山ほどあります。

アメリカ、ヨーロッパ、中国などですかね。


しかし「医学部合格が容易である」という点に注目すれば、
スロバキアの医学部以外、選択肢がなくなります。


海外医学部の有名進学先であるハンガリーやチェコ・中国の医学部では、
医学部入試の試験を受ける際に、英語による口頭試問 or 面接が科されます。

また、これらの大学の中にはTOEFLやIELTSのスコアを求められる大学も存在します。


英語に慣れ親しんでいる方であれば、それほど大きな問題ではないかも知れませんが、私のように英語が話せない日本人にとってみると、この試験は地獄でしかありません。


口頭試問や面接ならば、小手先のテクニックだけで試験に合格するのは難しいですので、「ちゃんと英語を学ぶ」必要があります。

ということで、簡単に合格することはできません。


またTOEFLやIELTSのスコアを求められる大学の場合は、その試験対策もしなければなりませんので、これも容易ではありません。


一方でスロバキアの医学部。

以下に紹介する大学では、面接はおろか記述問題も出題されません。

全ての問題が「選択肢を選ぶ問題」ですので、
究極を言えば、英語が話せなくても書けなくても、
スロバキアの医学部の英語コースには合格します。

ですので、どう考えてもスロバキアの医学部の方が入学が容易です。


しかも、実は〇〇を使うと、正当に予め出題される問題を把握することもできるのです。(後述)




スロバキアの医学部の入学試験に関する情報を整理する

この続きをみるには

この続き: 9,795文字 / 画像5枚

海外医学部に知識0の私がたった6日で合格できた究極の方法「スロバキア医学部合格メソッド」を伝授する【限定5部】

マヌ@スロバキア医学生

1,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。頂いたサポートは有益な情報を発信し続けるために使わせていただきます。

スキをありがとうございます😊シェアもお願い致します🙏
5
高校卒業後すぐに海外(東ヨーロッパのスロバキア)の医学部へ進学し、現在医学生のマヌです。 ここでは、海外医学部や留学に関するあまり人には言いたくない「ちょっぴりグレーな部分」に焦点を当てて、経験したからこそわかった驚くべき事実の数々をご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。