リラクゼーションサロン売上アップに大切な5つのマーケティング戦略~⑤流行る資格が無い
見出し画像

リラクゼーションサロン売上アップに大切な5つのマーケティング戦略~⑤流行る資格が無い

リラクゼーションサロンのコンサルをしている中で

売上アップのご相談が最も多いのですが

あなたのサロンの売上を上げる為には

あなたのサロンに適したマーケティング戦略があります。


どのサロンにも共通するマーケティング戦略もありますが

確実に売上を上げる為には

あなたのサロンの売上が上がらない原因を正しく把握することが大切です。


ここでは

売上が上がらないサロンの原因に合わせて

どうすれば売上を上げられるのかを解説していきます。


主な原因は以下の5つです。


原因① 認知されていない
原因② ライバルとの差別化が出来ていない

原因③ ブランディングが出来ていない

原因④ リピート対策が無い

原因⑤ 流行るサロンの資格が無い


今回は、

原因⑤流行るサロンの資格が無い

について解説します。





【流行る資格がありますか?】


リラクゼーションサロンでも、飲食店でも、美容室でも

流行っているお店には、流行っている理由が必ずあります。


飲食店なら、QSCと言われる基本がありますが

Q=クオリティ・・・品質、味、鮮度

S=サービス・・・心地よいと感じる接客態度やサービス

C=クレンリネス・・・清潔感


これらは最低条件とされています。


リラクゼーションサロンでも

同じように基本とされている事はありますが

それが出来ていないから流行っていないという事が言えます。


リラクゼーションサロンも

QSCで考えれば

Q=クオリティ・・・施術の質、レベル

S=サービス・・・心地よいと感じる接客や施術

C=クレンリネス・・・清潔感

これらを一つ一つチェックしてみると解りやすいです。


そもそも流行る資格が無いサロンが

どれだけ広告費を使って集客したとしても

せっかく来店されたお客様が

『次回は無いなぁ・・・』

と感じるようなサロンでは、いつかは潰れてしまいます。


つまり

売上を上げる為に、どれだけ素晴らしいマーケティング戦略を考えても

そもそも、そのサロンが流行る資格を満たしていないとしたら

マーケティング戦略も広告費も全て無駄になってしまうということです。


なので、もしあなたのサロンが
どれだけ広告費を使って集客しても

お客様がリピートしてくれないお店になってしまっていたとしたら

流行る資格がある店になっているかのチェックをしてください。





【流行る資格のチェックリスト】


流行る資格があるサロンには必ず特徴がありますから

それらを一つずつチェックして改善すれば

あなたのサロンは流行る資格があるサロンになれます。


ここでは簡単に箇条書きで説明します。


①QSCのQ、クオリティ、質を満たしているか?

 あなたの施術は、お客様からお金を頂くのに相応しいですか?

 リラクゼーションサロンとしてリラックスできる環境ですか?

 お客様が寒い、暑いと感じていませんか?

 無駄な音、音楽のボリュームは大丈夫ですか?


②QSCのS、サービスを満たしているか?

 お客様が心地よいと感じる接客ですか?

 お客様が心地よいと感じる声ですか?

 態度や振る舞いは大丈夫ですか?

 セラピストの髪形、服装は大丈夫ですか?


③QSCのC、クレンリネスを満たしているか?

 あなたのサロンは清潔感がありますか?

 セラピストの清潔感は大丈夫ですか?

 タオルの匂いはどうですか?

 ベッドのほこりは大丈夫ですか?

 室内のほこりは大丈夫ですか?

 入口はきれいに片付いていますか?

 駐車場はきれいですか?


とりあえず、

これらのチェックリストは最低限の内容ですから

全部のチェックリストに〇がつくように改善してください。


最低限の流行る資格があるサロンになっていないと

リピーターが増えて、流行るサロンには絶対になりませんから

厳しく自分のサロンを見てチェックしてください。





【最低限の条件を満たしたら】


最低限の条件を満たしたら

次は、もっと細かくチェックしてみましょう。


チェックリストは、あくまでも最低限の条件ですし

あなたの目から見たものですから

実際のお客様からどう見えて感じているのかは解りません。


なので、次にすることは

お客様に直接お聞きすることです。


チェックリスト一つずつの項目に対して

さりげなく、お客様の本音が聞けるタイミングで聞くといいですね。


チェックリスト全てに対して質問攻めにしたら

せっかくリラックスしに来られているお客様がゆっくりできないので

あくまでも、さりげなく聞くのがpointです。


一人のお客様に全ての質問をするのではなく

数日間かけて、いろんな質問を少しずつ聞くのがいいですね。


モニターとして募集するのもいいですが

モニターになってしまうと、素直な意見を言いにくいという事もあるので

率直な意見を言っていただける方なら

モニターになって頂いて、全てのチェックリストについて聞いてみるといいですね。


いずれにしても

お客様の感じ方や気になる点は様々ですから

毎日の施術の中で

いろんなお客様の感想を少しずつ聞いて

少しすつ改善していく姿勢が大切です。






【流行っているサロンの特徴】


最低限の流行る資格の条件を満たしていても

ライバル店も同じように流行る資格を満たしている場合はどうすれば良いのか?

という疑問が出てきますよね。


なので

僕のクライアントのサロンの流行っている理由をシェアしておきます。



①Aさんのパターン


Aさんは、お客様との信頼関係構築にとても力を入れていますが

そんなAさんが実践しているのは、ブログでの情報発信です。


ご自身の日常生活の出来事の中から

自分なりの考え方をブログに書くことで

Aさんの人柄が伝わりますから、共感してくれるお客様も出てきます。


リラクゼーションサロン経営者として、

施術するセラピストとして

その人がどんな人なのか?

という事も、お客様にとってはとても重要な事なんです。


なので、人柄が解るとお客様は安心しますし

更には、ファンになってくれるお客様も増えることがあるんです。



②Bさんのパターン


Bさんは、手書きの絵手紙を書くのが趣味で

来店されたお客様に、お礼状として、毎回絵手紙を書かれています。


頂いたお客様の中には

大切にファイルされている方も居られるほどのレベルなので

大切な方へ手書きのメッセージを添えるというのは

心が通う良い方法です。


絵手紙が書けないという方でも

お礼状を手書きでお出しすることで

あなたの丁寧な人柄が伝わりますから、

手間と時間をかけるという事を大切にされるといいですね。



このように

流行るサロンとしての最低限の条件を満たしていたとしても

更に、お客様が喜んでいただけることは何だろうか?

と考え続けることで

お客様にその気持ちがちゃんと伝わります。


そういう気持ちで施術をしているセラピストに

また施術を受けたいと思うのは自然なことではないでしょうか・・・


そんな素敵なセラピストになって頂く為には

お客様の気持ちに寄り添って考えるといいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ!有難うございます
個人経営者の集客、売上、利益アップの悩みを解決するコンサルタント 上西
個人店経営サポート歴26年のマーケティングコンサルタント上西です ・Amazon1位「金持ち店長貧乏店長」著者 ・飲食店・サロンコンサルティング件数300件以上 ・TV番組かんさい情報ネットTen.関西ウォーカー、飲食店新聞連載、他メディア出演多数