誠実ということ
見出し画像

誠実ということ

こんにちは、まのです。
札幌の山は、とうとう山頂付近が白くなりつつあります。
今年は雪が遅いねなんて言われていましたが、冬の到来ですね。

さて、今日は「誠実」という言葉について考えてみたいと思います。

「誠実でいなければならない」縛り

私は、家庭環境が複雑だったこともあり、かなり潔癖な感覚を持って育ちました。

・人には優しくしなくてはならない
・みんな平等に礼儀正しくしなければならない
・学校では優等生でいなければならない
・恋愛なんてくだらないので関わってはいけない

最後の項目以外、見事に

「ねばならない」思考

そんな考えに捕われていた幼少期~少女期でした。

私にとっては反面教師の大人ばかりが周りにいる中で、信頼できる人はほとんどいなかった。

多分、考えが歪みすぎていて

「私の理想とする人以外は尊敬に値しない」

って思い込んでいたんですね。
そりゃ生きづれーわ。

そんなこんなで、自分が信頼できる人間であるために、先程の縛りが出てくるわけです。

「完璧な人間なんていないんだよ!」

って、当時の自分の胸ぐらを掴んで言い聞かせてやりたいですね!

「縛り」から抜けられたのは、歳を重ねてから

自分の考えが歪んでいることには気づいていましたが、こういうのって自覚が第一歩とはいえ、なかなか抜け出せるものではありません。

他人に

「めんどくさい考え方しないで、楽に生きなよ」

って言われると、安定の逆ギレ

「他人に言われて出来るんならはなからやっとるわ!」

が発動する、触るもの皆傷つける系の人間でした。

私個人はね、どんな段階も否定されるべきではないと思っています。

どんな感情も味わい尽くして、そこで初めて次のステップに進めてきたな、と私自身が思っているからです。

出会いとは、自分の行動と、あとは運

どんなに頑張っても結果に繋がらないこともありますし、上手くいかないことの方が圧倒的に多いです。

でもそこで諦めずにアクションを取り続けていたら。

やりたい事をやりたいと表明して、全力で楽しんでいたら。

いつの間にか、合う人に出会える気がします。

少しの行動でもいい、ちょっとした勇気、もしくはちょっとしたうっかりに、私は助けられてきました。

「誠実でありたいと願う」

中年になって、

・この人とはもっと仲良くしたいな

とか、

・お返ししていきたいな

と思う人と出会えました。

そんな時は昔の完璧大好きな自分が鎌首もたげて現れそうになります。

でもここで考える。

「完璧な人って、求められている人と違くないか?」

完璧さは、人に威圧感を与えます。
少々抜けていても、楽しそうな人の方が魅力的に感じませんか?

それに、がんじがらめになって自分が楽しくなかったら、生きている意味?が遠のく気がする。

だから、

「私にとっての誠実とは、自らがまず楽しむこと」

だと思っています。

そして、あわよくば

「一緒に遊ぼうよ!」

って巻き込める人を巻き込んで行けたらいい。
そうでない人とは適切な距離を築ければよい。

他にも付随すること

もちろん、相手に対して誠実でありたいことには、ほかの要素も含まれます。

・正直に、本音を話したい(人による)
・約束は守る
・悪かったことを素直に謝る
・素敵なところを心から賞賛する

あと大事なのは、

「距離感を持つこと」

そう思います。

人はありのままの自分をまるごと受け入れてくれる人とはなかなか出会えない!

いくら誠実に対応していても、そりゃ人間だもの、相性もありますし、キャパシティもあるわけです。

一部分が重なれば、それでもラッキー!

だから、

少しずつ重なった部分を少しずつ人と共有して、仲間をたくさん増やしていくと吉

「人」という字は、一人の人がもう一人に全体重をかけていますよね。

出来たらそうじゃなくて、

いろんな人と少しずつ荷物や楽しみを共有して、生きていけたらいいな

もしそんなふうに思ってくれる人がいるなら、

「私なりの誠実をもって」

お返ししたいなと思うわけです。

優しさとはなにか

この前人と話していて、私は自分のことを

「一度懐に入れたら、多分際限なく許しちゃうんだ」

と気づきました。

あ、財布から金抜き取られたとかあったら許さねーけどな!

際限なく許すと言っても、私は相手を信頼しているからこそ、

「ここは違うと思う」

って所は伝えるようにしています。

基本的に、対話できる人しか好きになりません。

「優しい嘘」とか「あなたのためを思って」という言葉に胡散臭さを感じてしまう生真面目人間ですが、私にとっての優しさは、こんな感じです。

そこで離れていくのなら、それは残念、縁がなかった。

住み分けるのもまた必要なこと、優しさのひとつかな、と。

だから私はこれからも私の誠実さと優しさで生きていく

これに尽きると思います。
いつも繋がってくださる皆様、ありがとうございます。

生真面目で変人枠ですが、時に楽しく時に真剣に生きていきたいですね!

みんな幸せになれればいいとおもうよ!
(ときに必要な距離をあけながら!)

ではでは。
おやすみなさい!

まの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うたり

面白かったらぜひハートを!

頑張ります!
絵を書くことが好きで、かっこいいデザイン作品が好きで、いつしかそれが仕事になりました。今はカメラの入門機を手に入れて、写真の勉強をしています。複雑な家庭で育ちましたが、今の大切な家族、夫と6歳の息子がいます。素晴らしい友人にも恵まれました。色んなものに心動かされ生きています。