100日でマンガ原作者になるヒト! 1日目《その②》

《一行で作品を説明しよう!》

はじめはストーリーの指南書を探して読むところから始めました📚

本で最初に学んだのは、作った物語について、
「それ、どんな話しなの?」
と聞かれたら、一行で説明できなければいけないということ。

ログラインとも言うそうですが、一行というのは、そのくらい簡潔に、ということと個人的に解釈して、

僕の好きな鬼滅の刃なら、
「主人公が鬼退治をしながら、鬼になった妹を元の人間に戻す方法を探す話し👹」

といったところでしょうか。
もっと簡潔なログラインが出来るかもしれません。

ここがしっかり説明できていれば、話が複雑になっても、内容がブレないのだそうです。

そこでこういった物語の種、みたいなものをいくつか考えてみました🌱

「カエルにされてしまった王子様が、カエルが大嫌いなお姫様からなんとか呪いを解くキスをしてもらおうと奮闘する話し🐸」

「魔王を倒した勇者の仲間の商人が、伝説の武器防具アイテムを引き取って売りさばこうとするが、いつも結局、失敗する話し⚔🛡💰」

とりあえず、2つ。

面白そうかなぁ(ドキドキ)

冒険ストーリー作りたいと思っているのに、出てきたこれらはコメディっぽいw

でも、こんなログラインひとつでも、できあがると楽しいですね✨
あとは構成力、演出力ですかね。

このカタイ文章もどうにかしたいと思いつつ、これから色々とがんばって参りますので、応援よろしくお願いします🙇‍♂️

最後まで読んでいただき、ありがとうございました😄

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『100日後にマンガ原作者になるヒト!』 チャレンジブログ4月1日より展開中❗️ マンガ原作者を目指して、活動した事の記録や発表をする目的で作りました。 とっても手探り。 絵は描けません(汗) あたたかい目で応援していただけると嬉しいです。 よろしくお願いします🤗