食べてくれる幸せ

トイザラスにてベビーフード類を調達しに行った昨日。

いつも西松屋や食材の買い出しで行くスーパーの赤ちゃんコーナーで購入したりしてたんだけど、トイザラスは品数豊富で感動。

見てて飽きない...笑


その中から昨日はお世話になってる和光堂のベビーフードと初めてベビービオを購入。

画像1

フランス発のオーガニックベビーフード専門であるベビービオ。高品質なフランス産の原材料を使用したこのスムージー。甘味料含めて添加物を含んでないから安心してあげることができるなあって。

味見をしてみると大人の私が食べても美味しい!って感じたよ。私が朝食にヨーグルトにかけて食べたいくらい。

キャップも大きめで赤ちゃんの誤飲を防止できるような作りなのも◎


昨日さっそく豆乳ヨーグルトにかけて娘にあげると食べる食べる!

以前ベビーダノンもあげたりしたけど娘にはベビービオ×豆乳ヨーグルトの組み合わせが合ってる様子。


離乳食に関しては悩みのひとつでいつも娘にあげるたびにストレス感じてる自分がいた。

というのも離乳食を作ったりするけどなかなか食べないからそのたびに凹んだり、時にはもう作りたくないって気持ちが出てきたりしてて(娘は赤ちゃん用の煎餅の方が好き...笑)。

正直、離乳食作りを楽しいと思えない自分がいたの。

それで以前からちょいちょいベビーフードにはお世話になってるんだけど罪悪感を抱いてた私。大人のご飯でいうとインスタントみたいなものっていう感覚だったから手抜きしてるようで育児を怠けてるように気がしてた。

でも、

食べてくれるのが正義!

なんて言葉を目にして、ベビーフードを出してるメーカーさんを離乳食の専門家、私より離乳食を分かってる人を頼るのが一番だと考えて頼ってるこの頃。
普段の育児でも自分でいろいろ悩むより子育ての先輩である自分の母親に聞くと安心できたりするから離乳食でもその感覚でベビーフードに頼ってもいいのかなって。

何より好みはあるにせよ、あげてみて娘の食いつきが良かった時の幸福感といったら......笑

因みに娘は和光堂さんのラタトゥイユはヒットみたいでよく食べる。

画像2

ベビーフードをよく取り入れるようになった最近では基本、お粥、ベビーフード、ヨーグルトまたは果物(主にバナナ)、ときには実家自家製の米麹で作った甘酒って感じで娘の離乳食を進めてる。

離乳食が始まるとミルクだけだった時よりも神経使うなって感じる。だからちょっとした「心配」がどんどん溜まってお母さん自身が楽しいはずの食事の時間を苦痛だと感じるのは良くないなって。

それだったら頑張るよりも頼ってみる。子供が楽しく美味しくご飯を食べてくれるのが一番だと娘の姿をみて思った。

これまであげるのに必死だったけど、ベビーフードのおかげで食事の時に心に余裕ができてる気がする。

ありがとう、ベビーフード❤︎❤︎❤︎❤︎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
沖縄在住➰デザイン/県内フリーマガジン編集/水素吸入サロンスタッフ/フィニッシングスクール卒業/2018年泡盛の女王ファイナリストなど、ふらふらした末でき婚、主婦に。0歳娘☻໊とお腹に第二子☻ັ。日々の記録、整理用。ただの日記です。