見出し画像

《眠り猫の顔.》

 温泉は苦手なはずだった。湯上りの真っ赤な顔を子どもながらに恥ずかしいと思っていた。

画像1

 栃木県・日光市を訪れるのは、小学生以来。せっかく温泉のあるホテルにしたのだからと、夕食後着替えを持って向かう。

画像2

 木のぬくもりあふれる脱衣所、優しい黒の床、ふんわりと漂う硫黄の香り、広がる静けさ、そのどれもが安らぎを与えてくれた。外には露天風呂もある。身体を洗い、扉を開けてみる。ひんやりとした空気に「あっ、寒い」と慌ててお湯にもぐりこんだ。

画像3

 おとうふみたいな色のそれ。いい温度と肌ざわりに心がみるみるとろけていくのがわかった。見上げた夜空には星も輝いている。

画像4

 ふと思い出したのは、昼間みた「眠り猫」。すやすやと子猫が眠れる寧静な世を表しているのだそう。その意味も、温泉の魅力も理解できるようになったわたしは、小さな頃と違ってお風呂の中でもいい顔をしているのだろう。ちょうどあの子猫がしていたような柔らかな表情を。

画像5



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう♡♡♡
116
東京生まれ。幼少の頃をNYで。旅と紅茶と薔薇が好き。声のブログ『#旅の美学』はじめました。https://www.instagram.com/manacharm.1128/