2019 カナディアン・ロッキーの旅

15

597 カナディアン・ロッキーの旅(その10)「カナダ大陸横断鉄道 ジャスパー到着!」

意外にもよく眠れた初めての寝台列車・・・とはいえ、眠りは浅かったかもしれない。
ふっと目が覚めるとずっと列車が止まっているのに気づき、窓を開けると多分停車場に停まっていたのだろう。
こんな風景があった。

多分カムループスノースという一つ目の停車駅だったのだろう(と、思っていた)。
寝ぼけて時間も見ていなかったし、駅名を確認する術もなく、ただこのボケた写真を1枚撮っただけだったのだが、なんだか空が

もっとみる

600 カナディアン・ロッキーの旅(その11)「レンタカーでジャスパー探索」

本来なら11時に到着予定だったジャスパーにVIA鉄道の遅れで13:10に到着したが、VIA鉄道が遅れるのは有名なので全く気にしていない。
現地ツアーも、VIA鉄道到着当日は受け付けないほどだ。
僕たちは列車内で予定になかったお昼ご飯を食べることができて、ラッキーくらいにしか考えていなかった。

無事に大きなスーツケースを受け取ることができ、まずは今夜の宿へ向かうことにした。
今日は素晴らしい天気で

もっとみる

601 カナディアン・ロッキーの旅(その12)「極寒 ウィスラー山」

ドライブに行く前に、ジャスパーの街の真ん中にある観光案内所に寄った。
レンタカーを借りたのはいいけれど、僕たちが泊っているユースホステルには駐車場がないので、夜間どこに停めておいたらいいのか不安だった。
レンタカー屋さんのおばさんに聞くと、観光案内所で駐車券を売っていて、これを車内からフロントガラスに貼り付けておけば公共駐車場に停めることができるのだという。

観光案内所では、簡単に駐車券を手に入

もっとみる

606 カナディアン・ロッキーの旅(その13)「夏の冬景色とマリーン湖」

カナダに到着して5日目、ジャスパーで2日目の朝を迎えた。
窓から外を見るとお天気は相変わらずの曇り空で、今にも雨が降り出しそうだった。
VIAトレインでは狭い客室に設置された2段ベッドの上段で寝たけど、昨夜も似たようなもので、時差ボケと疲れがなければ寝苦しさで一晩中起きていたかもしれない。
朝、この狭い部屋で出かける準備をする不便さはもう改めて言うこともないだろう。

レンタカーは、昨日VIAトレ

もっとみる

610 カナディアンロッキーの旅(その14)「ここに決めた理由」

2019.6.19

ピラミッドレイクには13:40に到着した。

折角の地元のおばさんのお勧めだったが、何の変哲もない湖と、お土産屋さん、宿泊施設・・・があるだけで少々拍子抜けしてしまった。

おばさんの言葉を無意味なものにしないためにも、
「きっと、トレイルのことを言っていたんだね・・・」
と自分自身を納得させるが、途中、野生のシカに出会うこともできたし、僕は決して無駄骨だったとは思っていない

もっとみる

611 カナディアンロッキーの旅(その15)「さあ!バンフへ!」

2019.6.20

この日はジャスパーからバンフへ大移動する日。
カナディアンロッキーへ旅する人は通常アクセスが良く、比較的大きな町のバンフを拠点にする人が多い。
VIA鉄道はバンフには行かないので、VIA鉄道で車中泊したいという目的があった僕たちはジャスパーに立ち寄らざるを得なかったのだ。

ジャスパーからバンフまでは289キロで、車だと3時間35分ほどかかる。

これは東京から愛知県豊橋市く

もっとみる

613 カナディアンロッキーの旅(その16)「季節外れの雪に閉じ込められたの巻①」

2019.6.20
8:45に出発したバンフへのバスツアーだが、この先、とんでもないことが待ち受けていようとはこの時点では夢にも思わなかった。

英語だけど今日1日お世話になる女性ドライバーがガイドさんを兼ね、ツアーバスは93号線(アイスフィールズ・パークウェイ)を南下していく。
天候は残念ながら今日も雨。
ジャスパーでは初日を除き、お天気に恵まれたことはなかった。

最初の目的地は、アサバスカ川

もっとみる

614 カナディアンロッキーの旅(その17)「季節外れの雪に閉じ込められたの巻②」

実は渋滞・・・いや、バスの中に閉じ込められたシチュエーションは2回あった。

それはコロンビア大氷原があるアイスフィールド・ディスカバリーセンターに到着する前とここを出発した後。
なので記憶が交錯している部分もあるが、2回合わせておよそ6時間以上閉じ込められたツアーバスの中は、だいたいこんな状況だった。

---------------------------------------
閉じ込められ

もっとみる

623 カナディアンロッキーの旅(その18)「落日のバンフ到着」

季節外れの大雪による事故で長時間車内に閉じ込められた我々だったが、ようやく車列が動き出し、車内の乗客も一様にほっとしていた。
僕の隣に座っていた老夫婦はこれが結婚50周年の記念旅行だそうで、今日の夜はレイクルイーズ湖畔の超一流ホテル、「Fairmont Chateau Lake Louise」でディナーを予約していたらしい。
ディナーはお気の毒だけど、一生忘れられない旅行になったに違いない。

もっとみる

624 カナディアンロッキーの旅(その19)「ゴーストタウンを探検する」

バンフには2泊することになっていた。
Evernoteの操作ミスでこの日の日記を消してしまったので、撮影した写真を頼りに記憶を呼び戻していきたいと思う。

雪山で遭難しそうになったその次の日、日本で予約していたレンタカーをピックアップする。
アメリカンサイズ(カナダだけど)のでっかい車を運転する自信がなかったので、小さなサイズの日本車を選んでいたけど、思いがけずその前のジャスパーでアメリカンサイズ

もっとみる