見出し画像

雑誌せどりマニュアル【2022年版】

まもる@本せどり


この雑誌せどりでは、中古の雑誌を扱います。新品雑誌は扱いません。

中古の雑誌せどりは、僕がせどりを始めた頃からやってる手法で今でも得意なせどりの手法の1つです。

利益率が非常に高く、仕入れ資金が少なくてすむのが魅力です。

せどり初心者さんには、とってもおすすめのジャンルです。

しかし、いきなりブックオフに行っても、本が数万冊とあって、いったい何をリサーチすればいいのか分からないと思います。

全頭検索は必要?

よく言われるのが、「全頭検索しろ!」という言葉。

全頭検索とは、商品を片っ端から全部検索していく事です。

ビーム(バーコードリーダー)を手に持ち、ひたすら本棚の本という本をスキャンしていけば、利益本は、まず間違いなく見つかります。

1日2万冊スキャンするという強者も、本せどらーには、いるようです。

しかし、やってみたら分かるんですが、結構大変なんですよ(;'∀')

心が折れるという方も多いでしょう。

大量にリサーチすることは必要です。

特に初心者さんほどリサーチを1つでも多くするべきでしょう。

しかし、なんのあてもなくひたすらリサーチをしてて、心が折れて、「もう本せどりなんかや~めた!」となってしまうぐらいでしたら、まずは、ある程度、仕入れの効率化をするべきだと思います。

見るべきポイントと、見なくてもいいポイントです。

見なくてもいいポイントをひたすらリサーしても効率が悪いです。

それならば、見るべきポイントをリサーチしまくった方がいいでしょう。

例えば、200冊リサーチして1冊しか見つからない棚と、40冊リサーチして1冊見つかる棚があったら、あなたは、どちらの棚をリサーチしますか?

もちろん後者ですよね!

このマニュアルでは、リサーチは必要ですが、なるべく作業効率を良くするための工夫を書いてます。

次に、雑誌せどりのデメリットとメリットを解説します。

雑誌せどりのデリット

①縦積みできない

縦積みというのは、同じ商品をいくつも仕入れる事です。

例えば、Aという商品を1個仕入れて500円しか利益がなくても、10個、20個と一気に仕入れる事により少ない労力で大きな利益を得る事できる手法です。しかしその反面失敗した場合、損害も大きくなります。

中古の雑誌の場合、同じ利益本が何冊も置いてあることが少ないです。

②販売単価が低い

雑誌の場合は、他のジャンルに比べて販売単価が低いです。

そのため、一撃1万円とか景気のいい話は少ないです。

雑誌せどりのメリット

①仕入れ単価が安い

雑誌は、110円、お店によっては80円から販売してます。

100冊、200冊仕入れても、2万円ぐらいと、非常にリスクが低いです。

失敗しやすい初心者さん向きと言えます。

②利益率が高い

雑誌せどりは、利益率が非常に高いことも大きなメリットです。

110円→800円

200円→1500円

なんて本もよくあります。

③真贋調査や、出品制限がほとんどない

雑誌せどりは、ほとんど制限がありません。

ビクビクせずに取り組めます。

④評価がつきやすい

雑誌せどりは、販売単価が低い分、数をこなす必要があります。

その分、評価がつきやすいので、アカウントが強化されやすいです。

雑誌せどりは、地味でコツコツとした作業が必要ですが、資金が少なくても取り組めるし、メリットが非常に多いです。

せどりの入門におすすめのジャンルと言えます。

2020年追記

・雑誌せどりの中から、仕入れやすい18のおすすめジャンル。

・最近売れた雑誌リスト50冊。

・直近で売れた雑誌リスト20冊。

・直近で売れた雑誌リストを30冊。

2021年追記

・直近で売れた雑誌20ジャンル、60冊を解説。

文字数は、14000文字超え。

2022年4月26日追記

・直近で売れた15のジャンル、雑誌80冊を紹介。

今後も追記予定です。

ぜひ、これを見て雑誌せどりを得意にしてください!

それでは、早速内容に入っていきます。

この続きをみるには

この続き: 14,363文字 / 画像263枚

雑誌せどりマニュアル【2022年版】

まもる@本せどり

9,400円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まもる@本せどり

日々、あなたのお役に立てる記事を目指して書き続けます!