見出し画像

なぜ「ママのやってみたいを応援したい」のかを考えてみました。

何をやりたいかわからない、何かをやってみたい!ママさんの一歩を応援するママ夢ラジオ♡プロデューサーのたけおかです。
プロフィール

なんで今ママ夢ラジオ♡の活動をしているのか、ラジオを始めてから一年半経って、今回私自身もきちんと言葉で表現できるようになりたいと思いました。

なぜ応援したいのか?

それは、私今まで何かをやりたかったけど、何をやりたいかわからなかった、一歩踏みだせなかったからです。

一年半前にラジオを始めることで、そんな私から一歩踏み出すことができました。

次は、私が応援したいと思ったから。


それまで私がなぜできなかったのか?

私がやりたいことをやれたかった5つの理由

①やりたいことが何なのかわからなかった。

専業主婦になり、結婚、出産を経て、目標がなくなった。何がやりたいなわからなかった。だんだんと母、妻以外の別の自分にはなりたい、社会的な居場所が欲しいと思ってきた。

②専業主婦で、自分のお金じゃないし、何かをやるには夫に許可を得ないと、何か言ったら反対されるかなと相談する前から思い込んでいた。

自分のお金じゃないし、、という後ろめたい気持ちがあって、好きなことができないと諦めていた。

③ 昔から飽き性タイプ。何をやってもこれ!と思って続くほど熱中する、しっかりくるものがなくて、こんな自分がだめだなって思っていた。

子育て中でもできること、気になることを色々やってみていたけれど、どれも続かない。

④ 周りの目が凄く気になってた

やりたいこととか、何か言ったら、
変な風に思われるかな、
周りはどう思うかなと、
反対意見があって否定されたら嫌だなと思っていた。

⑤ 社会の一般的な雰囲気を基準に決めていた。

自分が何をやりたいかを考える前に、大人になったらいい学校行って、安定的な仕事について、ある年齢になったら、結婚、子どもが欲しい。それから外れると幸せじゃなくなると思っていた。

言語化してみて色々なできない理由に縛られて生きてきたんだなと感じました。

こんなに色々縛られていると、小さな成功体験を積み重ねて、少しずつ大丈夫なんだと感じていくしかないなと感じました。
ママ夢ラジオ♡を初めて、
全くやったことないところでプロデューサーになる!という一歩を踏み出し、一年半かけて私にとっても成功体験を積み重ねてきた結果。
私はやってみたいことを言葉にして、行動できるようになり、
次はそんなママさんを応援できたらと感じています。

一緒に一歩踏み出せたら嬉しいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
ママ夢ラジオ♡は「ママだって、みんなちがって、みんないい。」を合言葉に、企画、制作、出演まで全てをラジオを愛するママたちが行う、国内初のラジオ制作コミュニティです。全国9か所のラジオ局から番組をお届けしています。https://mamayumeradio.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。