見出し画像

繊細すぎる人のための健康マニュアル / こころの平和をつかむ7つのステップ

はじめに

世の中には、普通の人よりもとりわけデリケートな「繊細すぎる人」がいます。

たとえば、上司から厳しめの言葉を浴びたとき、普通の人だったら10のダメージを受け、翌日はケロッと通常出社。それが繊細すぎる人の場合、防御力が低いために50のダメージを受けます。寝ても回復しきれずに、翌日は20のダメージを残したまま出社。ダメージがまだ残っているのに、また次のストレスがかかってくる。だから20、30、40、50と蓄積し、連休をとってもリセットできないんですよね。

しかも、仕事だけでなく、ストレスが四方八方から降りかかってきてしまうのが、繊細すぎる人のツライところ。人によっては乗り物で移動するだけで大きな負担になります。パーソナルスペースが狭く、誰かが近くにいるだけで体力も気力も削られていきます。低気圧、寒暖差、湿気など、気象の変化にも振り回されます。たとえ友人と一緒にいても、相手に合わせすぎてしまうゆえにどっぷり疲れてしまう。そして、自分が放った何気ない一言を思い返しては「傷つけちゃったかな」と心配になる。ひとりの時間は必要だけど、ひとりでいじけてしまうときもある。

ぼくはセラピストです。なぜこの仕事をするに至ったかと言うと、自分自身が繊細だったからです。「繊細って自分で言うか」とツッコミがあるかもしれませんが、自己理解は大切です。実はぼくは繊細だという自覚がなく、からだにもこころにもムチを打って、がんばってきてしまいました。その結果、原因不明の歯の痛みがあらわれ、会社が近づくと吐き気を感じるようになりました。自己理解が甘いと、積極的に自滅に向かってしまうのですね。「我こそ繊細すぎる人だ」と認めることは、自分を守ることにつながるのです。

巷にあふれる健康の知識は、普通の人をターゲットにしています。繊細すぎる人には、それらの情報が当てはまりません。繊細すぎる性質にあわせてアレンジする、あるいは、特別な研究をしなくてはなりません。

ここからは、ぼくがこれまで取り組んできたストレス対策、緊張対策、体質改善を書いていきます。我ながら、ありとあらゆる方法を試してきたなとしみじみ感じています。その追求の末に脱サラし、いまではセラピストになっているほどですから、すくなからず価値のある情報だと思っています。

HSPの方、誰よりも緊張してしまう方、イライラや不安が消えず感情が不安定な方、また、いま現在ストレスフルな状況に置かれている方の参考になるはずです。からだの健康だけでなく、こころの健康にも焦点を当てていきます。

概 要

有料部分に入る前に、概要を書いていきます。購入されるかどうかの判断にしていただければと思います。

第1章は、「断捨離」について。持ち物を減らすのがなぜ繊細すぎる人に有効なのか。また、シンプルで効果的なステップについて書いています。ぼくがミニマリストとして10年間モノと向き合ってきた知恵を凝縮させています。

第2章は、「食事」です。毎日の食事から変えていくのは、チャレンジしやすいですね。食品業界で健康食品を取り扱ってきた経験をもとに、持論を語ります。また、流行りの食事療法を「繊細すぎる人」の視点から、その是非を書いています。

第3章は、「ボディケア・サービス」について。世にあるリラクセーションや整体法を、「繊細すぎる人に適しているかどうか」の基準でレビューします。これを知ることで、ムダな出費をふせぐこともできるはずです。

第4章は、「セルフメンテナンス」について書きました。アイテムを使ったちょっとしたケア、続けやすいエクササイズを紹介しています。さまざまな切り口のメンテナンス法を紹介した小ネタ集になっています。

第5章は、「デジタルデトックス」です。一時期ガジェットマニアと自負していたぼくが、デジタルとの付き合い方を考察します。驚きの方法というよりは、言われてみれば当然のことを淡々と。でも、それが大事なんですよね。

第6章は、「メンタルヘルスケア」です。最近流行りの「自己肯定感」ではなく「自己理解」という目線で、こころの捉えかたを提案してきます。トラウマ解放セラピーの施術者として、自分の感情に気づく方法、人間関係を見直すヒントを書いています。

第7章は、「瞑想」です。瞑想オタクのぼくが、どうやったら初めての方でも瞑想の感覚を味わえるだろうかと、アイデアを振りしぼって考案しました。経験をもとにした具体的なプラクティスです。


トータルの文字数は30,000字を超えました。長文ですが、見出しを細かく設けて、スマホで読むことを想定して書いています。

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本編です。楽しんでくださいねー。

この続きをみるには

この続き: 33,405文字

繊細すぎる人のための健康マニュアル / こころの平和をつかむ7つのステップ

丸山和訓(セラピスト)

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金でおいしいコーヒーでも飲もうと思います。

🍜
33
ボディケア、メンタルケアのお仕事。フィジカル、メンタル、トラウマなど、幅広い可能性のなかから解決策を探っていくオンライン・カウンセリング(DIALOG)を提供しています。 https://d.maruyamakazunori.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。