見出し画像

余計なひと言への対応

「疲れてる?」
「ちゃんと睡眠とれてる?」
「え、これ知らないの?」
「あなたにしては何か意外」
「そんなことも出来ないのか」
「私も同じだから分かる」
「君には分からないと思うけど」

このような、言わなくてもいいこと“余計なひと言”という言葉の刃物によって、私達は太古から傷つけたり傷つけられたりして来たわけですが、この悲劇の連鎖は一体どうして起こるのか、そしてその刃物からの攻撃にどう対処すれば良いのか、というお話をします。

この続きをみるには

この続き: 1,297文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月に2本以上の記事を読まれるなら購読されますとお得です。あなたの魅力の引き出し方・伝え方の何かしらヒントになれば幸いです。

珈琲1杯分で視点や内面をお話しするようなイメージで書いています。週に大体1~2回更新です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まりほ

お茶でも奢るような気持ちで応援頂けますと大変喜びます♡ そのお気持ちを励みに今後も頑張って参ります♡

わざわざありがとうございます…!
大阪在住のフォトグラファー&ライターです。人や商品の魅力を引き出す仕事を通して、感じたことや気づいたことなどを書いています。実は波乱万丈ですが、仕事とご縁のお蔭様で笑って生きています。 Insta →maliho.photo