Makuake

アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」のnote。「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」を目指して運営しているサービスにまつわるお話をお伝えしていきます。https://www.makuake.com/

Makuake最新情報

アタラシイものや体験の応援購入サービス Makuake についての最新情報をまとめています!

すべて見る
  • 20本

スタッフが選ぶオススメプロジェクト

今週のオススメプロジェクト4選をお届けさせていただきます。 それぞれ、ぜひチェックしてみてください! 更新日:5月18日(水) 【1】ARグラスがここまで進化!未来が今あなたの手に届きます。『INMO Air』【2】睡眠研究×AI 眠りを価値に変える、進化した睡眠計測デバイス ブレインスリープ【3】日本由来の"アウトドア"パンツ SAPPAKAMAを400年続くローカル素材で【4】燻製アウトドアスパイス「ほりにしブラック」誕生!!

スキ
1

【取扱い商品のご紹介】TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE

いつもMakuakeをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE(大阪・梅田)では、「Makuake」の人気プロダクトを常設で展示・販売しております。 ※2022年5月17日(水)更新 在庫状況や陳列の都合により、実際の陳列内容と差異が生じる場合もございます。あらかじめご了承くださいませ。詳しい在庫状況は店舗まで直接お問い合わせくださいませ。 【取扱い中の商品】【1】スマートウォッチのようなカッコ良さ、シュッ

スキ
3

【販売商品のご紹介】そごう横浜店5階「MakuakeSHOP」

いつもMakuakeをご利用いただきまして誠にありがとうございます。 2021年2月26日(金)~1年間、そごう横浜店にて「Makuake」の人気プロダクトを販売いたします。 販売場所:そごう横浜店5階北エスカレーター脇 お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください! ※2021年12月15日更新  【NEWグッズ】 ■直感操作でセキュリティ万全!スマートなミニマルウォレット「Zenlet 2」 ■世界初特許技術、インクで温める薄くて軽いホットマット「INKO Sleep

スキ
6

「ISETAN × Makuake Program」展示プロジェクトのご紹介

Makuake実施中の商品やサービスが、伊勢丹新宿本店の2階にて展示される取り組み「ISETAN × Makuake Program」にて、現在取り扱われているプロジェクトをご紹介いたします。 ※2022年5月11日更新 【1】創業122年老舗桐屋が提案、クローゼットにぴったり収まる、色分けできる桐箱◇◆応援購入は2022年07月07日まで受付中◆◇ 日本の夏は高温多湿。 酸化が進むと変色や劣化が進みますし虫によって食われて穴が開いてしまう。それを防ぐのが酸化を抑え、湿

Makuake物流通信 記事まとめ

Makuake実行者の皆様にお役立ていただけそうな物流に関する記事をまとめています。

すべて見る
  • 5本

Makuake物流通信~国内配送キャリアシリーズ(日本郵便編)~

「Makuake」実行者の皆様、こんにちは!マクアケnote編集部です。 国内には様々な配送会社があるため、どの配送会社を利用してリターンを発送しようか悩んでいる「Makuake」実行者様も多いかと思います。 今回は皆様のお悩みを解消できるよう、代表的な配送会社3社のポイントをなるべく分かりやすくまとめました!「ヤマト運輸」「佐川急便」「日本郵便」(※順不同)の3本立てでお届けしますので、全シリーズをご覧いただき、自社に一番マッチする配送会社を決める際にご活用ください。

スキ
16

Makuake物流通信~国内配送キャリアシリーズ(佐川急便編)~

「Makuake」実行者の皆様、こんにちは!マクアケnote編集部です。 国内には様々な配送会社があるため、どの配送会社を利用してリターンを発送しようか悩んでいる「Makuake」実行者様も多いかと思います。 今回は皆様のお悩みを解消できるよう、代表的な配送会社3社のポイントをなるべく分かりやすくまとめました!「ヤマト運輸」「佐川急便」「日本郵便」(※順不同)の3本立てでお届けしますので、全シリーズをご覧いただき、自社に一番マッチする配送会社を決める際にご活用ください。

スキ
14

Makuake物流通信~国内配送キャリアシリーズ(ヤマト運輸編)~

「Makuake」実行者の皆様、こんにちは!マクアケnote編集部です。 国内には様々な配送会社があるため、どの配送会社を利用してリターンを発送しようか悩んでいる「Makuake」実行者様も多いかと思います。 今回は皆様のお悩みを解消できるよう、代表的な配送会社3社のポイントをなるべく分かりやすくまとめました!「ヤマト運輸」「佐川急便」「日本郵便」(※順不同)の3本立てでお届けしますので、全シリーズをご覧いただき、自社に一番マッチする配送会社を決める際にご活用ください。

スキ
15

Makuake物流通信〜応援購入における物流の重要性②〜

「Makuake」実行者の皆様、こんにちは!マクアケnote編集部です。 「応援購入における物流の重要性」の後編をお届けします! 前回は「サポーターからの信用」の面から物流の重要性をお伝えしましたが、後編は「応援購入プロジェクトの収益」「他事業への影響」についてです。 応援購入プロジェクトの収益プロジェクトの収益は、サポーターの応援購入総額から諸費用(生産・配送・手数料など)を差し引いて算出されますが、物流費用を正しく把握することで想定外の支出を防ぐことが可能です。想定よ

スキ
19

Makuake実行者 記事まとめ

Makuakeでプロジェクトに挑戦している実行者のみなさんのnoteを集めました。Makuakeのプロジェクトページとあわせてnoteの記事もご覧いただくことで、よりプロジェクトの背景やそれぞれの実行者の想いが伝わるはずです。ぜひご覧ください。

すべて見る
  • 215本

はじめてMakuakeに出して気づいた、デザイナーとして一番大切なこと

生まれて初めて商品となる”もの”をデザインさせていただいた、枡のおひつ「COBITSU(こびつ)」を、これまた人生初となるクラウドファンディング・Makuakeに出して今日で3日目。 まだまだこれからではありますが、新鮮なうちに思ったことを書き留めておこうと思います。 Makuakeでの初動目標金額に設定していた20万円は開始30分で達成、1時間で200%、約1日で739%となり、土曜日のページの閲覧回数は全Makuake内で10位、日曜日は売るものがほとんどない…そんな

スキ
185

MakuakeしたらMakuakeた。

2020年12月21日から2021年2月22日の期間でMakuakeでの応援購入を募集しておりましたプロジェクトは、おかげさまで2/22 18時に終了いたしました。 最終的に「目標3152%」「6,305,620円」「424人」もの、たくさんの応援をいただきました。 あらためて、応援ありがとうございました。 心よりお礼申し上げます。 たくさんの「応援コメント」「メッセージ」に励まされた2ヶ月間。 人生でこんなにたくさんの人に支えられている事を感じることはなかったので、改め

スキ
4

ドイツで100年続く、⼤⼈気のハーブ&スパイス「Herbaria(ハーバリア)」の魅力とは?

19年12月より「Makuake(マクアケ)」にて先行発売を開始し、開始1時間で120%達成!20年6月より一般販売が開始され、早速多くの嬉しいお声をいただくことができ、Herbaria Japanスタッフ一同、大変嬉しく思っています。 本日はこれまであまりご紹介できなかったHerbaria(ハーバリア)について、改めてその素晴らしさをお伝えできればと思いますので、是非ご一読くださいませ。 オーガニックブランド【Herbaria】が100年の時を経て、日本初上陸 「He

スキ
4

出演者の対談動画

ようやくできました! 「音楽と香りで綴る 金子みすゞとその時代コンサート」の 出演者全員で行った対談動画! https://youtu.be/d9-D_E94Dyw 編集作業に数日、 最終チェックと保存で丸一日! …おかげでピアノの練習が一切できなかった(T T) 少しずつ編集作業にも慣れましたが そこはまだ素人の域なので 許してくださいナ(^^) ついでながら話し方も まだまだダメダメですねぇ。 今後慣れて行こうと思います。 だいたい、人前に顔をさらすのも本来

スキ
1

Makuakeミライカンファレンス2021

2021/9/12に行われたMakuakeミライカンファレンスのレポートです。

すべて見る
  • 8本

店頭とECの購買をシームレスに「データで見るコロナ禍の消費動向」 #Makuakeミライカンファレンス2021

2021年9月12日に行われたMakuakeミライカンファレンス2021。「ミライを創る挑戦者が集い、ミライについて考える」というテーマのもと、Makuake実行者様や各分野のプロフェッショナルを招き、さまざまな業界の未来について語ったイベントの様子をレポートでお届けします。 『データから読み解く最新消費動向 〜EC、リアル店舗の最新データから考えるミライの消費〜 Presented by Criteo』のセッションには、デジタル広告ソリューション企業であるCRITEO株式

スキ
9

コロナで変化した消費とコミュニケーションのあり方 #Makuakeミライカンファレンス2021

2021年9月12日に行われたMakuakeミライカンファレンス2021。「ミライを創る挑戦者が集い、ミライについて考える」というテーマのもと、Makuake実行者様や各分野のプロフェッショナルを招き、さまざまな業界の未来について語ったイベントの様子をレポートでお届けします。 『変化する消費のカタチ〜未来を良くする選択とは〜』のセッションには、ウェディング ライフスタイルプロデューサーの株式会社YUKOWEDDING CEO黒沢祐子氏、株式会社ビームスの上席執行役員/経営企

スキ
10

スタッフの夢を広げ、新たなファンを獲得する BEAMS 未来のスター社員発掘プロジェクト 「マクアケグランプリ2021」 #Makuakeミライカンファレンス2021

2021年9月12日に行われたMakuakeミライカンファレンス2021。「ミライを創る挑戦者が集い、ミライについて考える」というテーマのもと、Makuake実行者様や各分野のプロフェッショナルを招き、さまざまな業界の未来について語ったイベントの様子をレポートでお届けします。 オープニングを飾ったのは、株式会社マクアケ 代表取締役社長の中山亮太郎の講演。「Makuakeの目指す未来」をテーマに、価値観のアップデートを意味するグレートリセットの考え方について語りました。 B

スキ
6

地方×中小企業が考える、ものづくりの未来 #Makuakeミライカンファレンス2021

2021年9月12日に行われたMakuakeミライカンファレンス2021。「ミライを創る挑戦者が集い、ミライについて考える」というテーマのもと、Makuake実行者様や各分野のプロフェッショナルを招き、さまざまな業界の未来について語ったイベントの様子をレポートでお届けします。 『いま、地方の挑戦者がアツい。〜ニッポンのものづくり〜』のセッションには、広島県福山市でデニム生地を作るカイハラ株式会社 執行役員/営業本部長の稲垣博章氏、大阪で石鹸の製造販売を行う木村石鹸工業株式会

スキ
5

Makuake Incubation Studioブログ

企業の中にある研究開発技術や企画をMakuakeのデータを活用し新規事業開発をサポートする取り組みであるMakuake Incubation Studioの記事をまとめます。

すべて見る
  • 9本

旧来型の価値創出モデルを刷新したい――研究者の意識改革を実現した、資生堂とMISの共創

資生堂が2019年にオープンした、横浜みなとみらい地区の新研究開発拠点「資生堂グローバルイノベーションセンター(呼称:S/PARK エスパーク)」。“都市型オープンラボ”として、消費者と研究員の交流や、取引先企業、国内外の研究機関とのコラボレーションを目的に新設されました。 そして2019年より、同社研究所が主導するオープンイノベーションプログラム「fibona」と、Makuake Incubation Studio(MIS)による新プロダクト創出プロジェクトを実施、このほど

スキ
11

withコロナ・afterコロナ ビジネスはこれから変わるか?

緊急事態宣言自体は解除されましたが、世界中のワークスタイルやライフスタイルが変化しようとしているwithコロナやafterコロナにおいて、抑えておくべき必要情報を「これからどうなるか?」という観点で未来予測レポート著者の田中栄氏にお話を伺いました。 【スピーカー】 株式会社アクアビット  代表取締役 チーフ・プロデューサー 田中栄氏 【ファシリテーター】 株式会社マクアケ  取締役 木内文昭 「過去の延長線上に未来はない」 田中氏 withコロナ、afterコロナ。ビ

スキ
14

“これまで”が急に遠い過去になった今、「危機」を捉え“これから”を掴む企業とは 【後編】

【特別対談】Business Insider Japan編集長 伊藤有氏 × 株式会社マクアケ 木内文昭(後編)​​ 【スピーカー】 Business Insider Japan  編集長 伊藤有氏 【ファシリテーター】 株式会社マクアケ   取締役 木内文昭 オンライン化で変わる。コミュニケーション方法や時間の最適解 木内 オンライン化された事によって、サボっている人が浮き彫りになってきた。という話もありますよね(笑) 伊藤氏 テレワークでサボっている人は、オフライ

スキ
4

”これまで”が急に遠い過去になった今、「危機」を捉え”これから”を掴む企業とは 【中編】

【特別対談】Business Insider Japan編集長 伊藤有氏 × 株式会社マクアケ 木内文昭(中編)​​ 【スピーカー】 Business Insider Japan  編集長 伊藤有氏 【ファシリテーター】 株式会社マクアケ   取締役 木内文昭 「危機」を「機会」と捉えて、新しいスタンダードに適応する 木内 好況、不況の波はある程度繰り返されるものでもあり、市況が変わる時期をある種の機会と捉えてどの様な打ち手を打つかによってその後の事業成長は変わってくる

スキ
10