見出し画像

「みんなちがって、みんないい」

金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」という詩の中にある
「みんなちがって、みんないい」というフレーズがぴったりだと思った。

何がぴったりかと言うと、
1人1人に長所も短所もあってそれはただの特徴でしかなくて、
良いでも悪いでもなくて、まして優劣でもなくて、
1人1人がそれぞれ個性的で素晴らしい存在だって伝えたくて、
それを表す言葉にぴったりだと思ったということ。

私もそうだったし、たぶんまだ完全にはやめれてないんだけど、
どうしても人と比較をして自分をダメだと思ってしまうことがよくあった。

でも、1人1人違って当たり前だし、
それが個性だし、それが私が私である証明なのに
なぜか人と違うことやできないことがあると自分を責めていた。

そんなの意味ないのにね。

自分を、自分の人生を信頼してなかったし、
自分軸じゃなくて、他人軸で生きてたし、
他人に認められることで自分の存在価値を見出してたから、
他人と比較したり、他人がいないと生きられなかった。

でも、もうその生き方はやめた。

だって、自分の人生だもん。
誰かと比較してどうとか、誰かに認められないと自分の価値を見出せないなんてつまんない。

自分の価値は自分で決める。
自分の人生の選択肢は常に自分で持っていたい。

そっちのが楽しいよね。
シンプルだし。

それでいい。

これは私の考え方だから、
あなたはあなたの考え方を大切にしてほしい。

だって「みんなちがって、みんないい」んだもん。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
会社員をしながらライフコーチをしています。会社員でも幸せに、自由に生きられることを伝えていきたい。幸せはいつも自分から🌹旅するように自由に、ありまのままの自分で幸せに生きる🌼Love the life I live. Live the life I love.

コメント1件

みんな違うから、助け合い、補い合い、掛け算する事で、可能性も希望も広がる🌈
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。