書かない方がいいなと思うとき。
見出し画像

書かない方がいいなと思うとき。

書くことって、私にとっては整理することでもあるし、デトックスでもある。

特に、公開する場所に書いていると、読めるように説明するし、読んだ人がいやじゃないように編集するし、使いたくない言葉は使わないし、あまりに個人的なところとか一般化したりもするし、整理するしかなくなる状態になる。
私の場合は、メモに書いたりするような完全非公開でも、書き出す時点で結構整理しちゃってたりもするし。

気になることやもやっとすることなどを、書き出すことで消化される部分もあるし、整理されてなんとなく落ち着くこともあるし、書いたのに共感してもらって気分晴れたりもするし、そういう意味でデトックスだなぁとも思っている。

*

だけど、整理してしまったり、一般化してしまったり、ちょうどいい感じの文章にして共感もらったり、みたいな、そんなことしたらいけないなって思うこともある。

それでいいくらいの、軽い感じの気持ちとかできごとならいいんだけど。

すごく心にとどまるような、自分の中では重いこととか大事なこととかよく考えたりしたいこととか、軽くなったら楽だけどかんたんに扱ってしまっていけないようなこともあるなって思う。
そういうのを、書ける部分だけ書いて、それですませようとしたら、消化不良というより、変に消化して違う吸収のしかたをしてしまいそう。
デトックスした気分になって全然違う形でわかりにくくためこんでいそう。

変にきれいにしてすっきりさせてはいけないと思う。

ぐちゃぐちゃなまま書くとか話すとかいうのが、私はほんとうに苦手で、モーニングページでさえもきれいになりがちなのだけど、でもそういう風にぐちゃぐちゃなものはぐちゃぐちゃなままっていうのはすごい大事だと思っている。
ぐちゃぐちゃなものを、ほんとはぐちゃぐちゃなのにきれいに整頓したら、ぐちゃぐちゃなときのものから大事なものが抜け落ちていくと思うので。
整理されていくときは自然と整理されていくだろうから、無理に整理したり整えたりしないでおいておくっていうのも大事だなぁと思っている。

言葉にもならない、可視化もできない、うめき声のようなそのままを落とせるような。
なにか言葉や形になるまで、ゆっくり待てるような。

そういうの、大事だよね?

私はそういうのを大事にしたい。

*

だから、思考整理得意ですよーと言いつつ、したい人にはするけど、特に勧めないかもなぁ。
うまく言語化できなくて、って言われても、それでいいしそのまま言葉にならないのを聞きたいよっていうよね。

書けないことは書けないままで、ぐちゃぐちゃなことはそのままで、今書けないんだな、今ぐちゃぐちゃしてるな、ってのだけ感じていられたらいいよねと思う。

「伝える」ためだと、ついきっちり整理して書いたり話したりしたくなるけど、そういう整理されていないもの含めての、「伝える」がしたいとも思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
グラフィックレコーダー、キャリアコンサルタント。伝えること、人の力を引き出すこと、人と人の関係性を高めること=組織力を高めることにが好きです。#グラレコ #グラフィックレコード #マーケティングツール #キャリコン