中学受験って、、、

こんにちは、こんばんは。

自己紹介の次に何を話そっかな~って思って、自分の人生振り返ってみて、まず話そうと思ったのはこの話題。

私は中学受験を経験しています。今この記事を読もうとしてくれた方の中には中学受験を経験したひともいれば、していない人もいるかもしれませんね。また、子供に受験させようとしている親御さんもいたりして・・!

あ、最初にお礼。見てくださって、ありがとうございます🙇‍♀️

私が中学受験をしたきっかけを話しますね、

私は親の仕事で小学6年生になるときに転校しました。そこで塾に行っていましたが、その塾には受験コースというものがあり、私の親はどちらかというと勉強熱心だったので、私に受験してみる?と言い、私は特に考えずにYes。(小学生なんてそんなもん。)そのコースに入っていました。

元々私の地元は、田舎で、中学受験をして入るような中学校は近くにないため、中学受験をする人なんて周りにいませんでした。だからどういうものかもわからないし、「地元では頭いい方だったしまあなんとかなるかぁ」位の気持ちで、当時の私はいたような気がします。

転校先の小学校には、中学受験をする人が四、五人くらいいました。(小さな小学校でした)その中で同じ塾に通っていたYちゃんと仲良くなり、一緒に頑張ろうね~なんて話していました。

とまあこんな感じで受験勉強生活すたーと。

昔から勉強はやっている方だったので、勉強すること自体には慣れていました。なので一年間一応机には向かえていました。学校が終われば塾に行き、勉強して、仕事終わりの親が迎えに来てくれる。かえってご飯とお風呂を済ませ、宿題や復習などをする。

母親が勉強をみてくれて、それが夜中の12時までかかった事もあります。土日は朝から晩まで弁当持ちで塾に引きこもり、授業と自習。今思えば、小学生でよくこんなことしてたなぁと思います。

ただし、途中で気づく事があります。他の人との学力の差です。圧倒的にYちゃんの方が賢いことに気づきます。地元ではできるほうだった私には、上には上がいることを教えられます。Yちゃん以外で、中学受験をする子の中では、小学四年生から勉強を始めている子もいました。

自分に自信をなくし、だからといって今更やめられないな~と思っていた私は、それなりに過ごして、受験生活を終えます。

受験結果は、私は不合格、Yちゃんは合格でした。

心の底から、この学校がよくて受かりたくて受かりたくて頑張ってきた!!!!って、訳でもないです。でもこの結果を見て、とりあえず泣きます。小学生が、転校先で勉強して受験したら不合格という現実をつきつけられ、しかも仲がよかった友達は合格。この現実にとりあえず泣けます。別に心から志望してた学校じゃないんだからいっか~まあこの一年、勉強になったわ~みたいな大人な考えは当時できません。


受験が終わってある事件が起こります。仲が良かったYちゃんに嫉妬のメールを送ります。簡単に言うと「合格して良かったね~」的な。今思うと当時の自分を殴って叱ってやりたいです、、。そのメールを受け取ったYちゃんはもちろんきまずいし、どうしたらいいのか分からなかったのか、返信もなく会うことが少なくなりました。そんなとき担任の先生を通してYちゃんが傷ついているよという話をされ、すぐに謝りにYちゃんの元へ。Yちゃんは許してくれました。自分が不合格でどうしようもなかった気持ちをこんな形でYちゃんにぶつけてしまった私はとても未熟でした。とてもこころが広くて私より圧倒的大人だったYちゃんは、今も仲良くしてくれています。


まあざっとこんな感じで私の中学受験中の話は終わりますが、終わってみて思うこと、「必要ないんじゃね??」てこと。

言い方がアレかもしれないですけど、「親の自己満」だと私は思います。

やっぱり、「小学生」です。遊びたい年頃。子供。受験を自らしたいという子供は、少ないです。もちろん希望している子もいますが、周りの環境に流されていることが多いでしょう。

失敗したときの親御さんの対応やフォローによっては、精神的にしんどくなってしまうことがあります。

だから、受験をさせようとしているなら、もう一度かんがえてみてください。
子供のことを思うなら。




 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
フォロー、スキ、コメント、お待ちしてます!!!

こちらでもピックアップされています

お役立ち教育情報
お役立ち教育情報
  • 48本

私が「役に立つ」と思った教育に関する記事をまとめています。 ぜひ、ご活用ください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。