見出し画像

【特集】自分の子どもになぜ会えない?目次

一組の夫婦がもし離婚を選択するとき、その夫婦の子どもたちはどちらと住むことになるでしょうか?
どちらかと一緒に住むことになったら、離れて暮らすもう一方の親と子どもが「会う権利」はどこにあると思いますか?
そうした子どもの教育や医療などについては、誰が決定の責任を持つことになるのでしょうか…?

特集「自分の子どもになぜ会えない?」では、両親離婚後の「親権」について、現在の日本の法律や行政のシステムはどうなっているのかについて確認し、これに関わるそれぞれの立場の人たちを取材し、「何が子どもにとって一番良い選択なのか」をみんなで考えていこうと呼びかけるための連載記事です。(牧野 佐千子)

目  次

(1)共同親権の問題を考える入り口 
   2019.5.31(初) 2019.7.22(再) 

(2)「ハーグ条約」って何?
   2019.6.11(初)  2019.7.22(再)

(3)単独親権は憲法に違反する?  
   作花知志弁護士の違憲訴訟を理解するためのポイント6
   2019.6.26(初) 2019.7.22(再)

(4)DV被害者が共同親権導入に心配していること 
   2019.6.26(初) 2019.7.22(再)

(5)産後うつで実家に帰っている間に、愛するわが子に会えなくなった
   2019.7.10(初) 2019.7.22(再)

(6)共同親権導入の立法府の動き 串田誠一議員に聞く 
   2019.6.26(初) 2019.7.22(再)

(7)ママもパパも一緒に育てよう 古賀礼子弁護士に聞く 
   2019.6.26(初) 2019.7.22(再)

この特集についてのご意見・ご感想・当事者様からの体験談・取材依頼・共同親権関連の訴訟情報等をお寄せください。
特集「自分の子どもになぜ会えない?」読者の声


※当初のこの連載では、当事者の方々の公平性への配慮に欠けた表現があったため、記事を一旦削除しました。記事の削除について、皆様には大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。表現について社内で検討し修正しましたので、特集を再掲載しました。2019.7.22.
※上記の経緯に加え、当初掲載していた集団訴訟プラットフォームenjin上のコラムは、運営会社側の判断により削除となりましたので、こちらに再掲載します。 2019.08.31
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

みなさん、サポート本当にありがとうございます! サポートいただいたみなさんのおかげで取材を継続することができます。これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

merci!
26
記者 / Journalist

こちらでもピックアップされています

親子断絶・子供連れ去り問題 / 共同親権・共同養育 について
親子断絶・子供連れ去り問題 / 共同親権・共同養育 について
  • 22本

親子断絶・子供連れ去り問題 / 共同親権・共同養育 の記事・コラムなど

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。