見出し画像

VOL.10 恋に賢くなると、おとなの恋愛に昇華する

乙女時代は、落ちた恋に自分が流されていくのもまたドラマティック。

「恋に賢くなると、おとなの恋愛に昇華する」なんて言っても、恋なんてそもそもするものではなく、落ちるものなので、理性が効かなくなるのが乙女というものですよね。

例えば、今放映中のドラマ「恋はつづくよどこまでも」のヒロイン、勇者ちゃんみたいに。(「恋つづ」を知らない人はググってみてくださいね)

優秀なイケメン外科医の魔王こと天道先生に恋をした乙女な勇者ちゃんは、自分から告白してすぐ撃沈しながらも、なんだかんだで猛アタックして彼女の座を勝ち取るのですが、ライバルが出現!

そして自分と先生は釣り合わないと悩むも、魔王はじょじょに勇者ちゃんに心を近づけていく。

という人気ドラマのドジっ子、勇者ちゃんみたいなヒロインはドラマでは王道だけど、現実世界でそのまま真似すると、その恋の90%は実りません。(「恋つづ」ファンの皆様ごめんなさい)

胸キュンシーンの連続で、私も娘と毎回放映を楽しみにしているのですが、なぜ楽しめるかというと、心のどこかでは「ありえないおとぎ話」としてわかってみているからです。

でもね、乙女時代の私はこの「恋愛ドラマ」や「少女漫画の世界」を現実世界の恋にリアルに重ね合わせて行動してしまっていたこともあります。

恋をしたら猛突進!

恋する自分にどっぷり浸かって、本能のままに動いていた・・・追伸、男性側の気持ちは考えずに。

まぁ、今ではそんな時代の自分も可愛く思いますが^^

でも、大人の賢い恋というのは、

「恋に落ちた自分」をもう一人の自分がちょっと斜め上から眺めて、ときめきを楽しんでいるくらいがちょうど良い

かなと思います。

とくに、恋がゴールではなく恋愛に昇華させたいならなおさらね!

「次はどういう悪戯を彼にしようかしら?」と余裕を持っているくらいの女が、おいしそうな女。

突進してまだよく知らない相手にラブレターを渡したりはしないのです。

もちろん脳内がいつまでも乙女で、少女漫画のドジっ子ヒロインでも可愛いのですが、それだといつまでたっても、恋がゴールで終わってしまうんですよね・・・。

恋がゴールで終わらせた方が良いのは、既婚者です。

あなたがもし独身でそして恋をゴールに終わらせたくないなら・・・やっぱり、ドラマや少女漫画とは違った自分へのアプローチが必要。

とはいえそれほど難しく考える必要はありません。

まずは、恋をしている自分がしたい事と、恋を成功させいたい自分がするべきことは違うと分けて考えればよいのです。

目の前に甘いケーキがある。

今の瞬間食べて楽しんで終わりにしたいなら食べる。だけどそれは恋をゴールにした楽しみ方。でも、ダイエットをして目の前のケーキは後にしようと決めて食べないのが恋愛をゴールにした恋の楽しみ方。

さて、大人なあなたはどちらを選びますか?

#エッセイ#コラム#恋愛コラム#イラストエッセイ#イラストコラム



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキをありがとうございます❤︎
14
🎨イラストレーター📝エッセイスト💓恋愛and👗ファッションコンサルタント🎀「恋の時間が動く服」coquetteannaのブランドディレクター。noteには色気とヌケ感を合わせ持つ🍑「おいしそうな女」について綴ります。   📕著書は5冊。