見出し画像

勉強カフェのメリットとデメリット、使い心地は?

こんにちは。
えりまい(@maiword918)こと、襟田麻衣です!

勉強カフェシリーズ(前回の記事はこちら)ですが、今回は勉強カフェの使い心地やメリット、デメリットについて語ります。

勉強カフェの使い心地や利用方法

私が契約している勉強カフェは、内装が落ち着いたインテリアで、まるで本物のカフェにいるような気分で利用できます。

飲み物のサービスも充実していて、コーヒー、紅茶、麦茶、スポーツドリンクにミネラルウォーターと、健康志向? のようで、ソフトドリンクはあまり置いていない様子。

更にブックカフェの側面もあって、ビジネス書や自己啓発本などが置かれております。

来ている人は私が平日昼間ということもあって、受験生っぽい男性か、資格やパソコンで仕事をしている若い男性が中心。
静かですが、小さな音量で音楽が流れていたり、会話をしている人もいるので、無音ではないです。

また集中して利用するための部屋も用意してあって、そこの机には仕切りがありますので、プライベートスペースを確保できます。
このプライベートスペースの確保って、HSPや発達障害者にとってはありがたいのですよね。

個人的にはめちゃくちゃリラックスできる空間です。

私のような無職でこれからお仕事に繋げたい人は利用しやすいです。

勉強カフェのメリット

それでは勉強カフェのメリットを見ていきましょう。

・利用できる時間が朝から夜遅くで長い
・土日祝も利用できる
・生活スタイルに合わせたプランが利用できる
・集中して作業する部屋が別に用意してある
・リラックスできる場所も用意してある
・勉強メインで利用したい人向け
・基本的に会員の利用がメイン
・プランによっては月額料金が安い
・会員同士がつながるイベントなどもある

自宅での勉強がはかどらないという人には、ありがたい存在です。
仲間が欲しい人に向けたイベントなどもあるそうです。

勉強カフェのデメリット

・費用がそれなりにかかる
・若い人ばかりなので中高年は利用しにくい
・非会員の一時利用はしにくい
・都市部にしかないので郊外からだと遠い

どうしても、若くて、経済力があって、都市部付近に住んでいる人に限るという感じですね。

まぁ私も若くないのですが(アラフォーだし)、若い人と一緒にいることに抵抗を感じないので、居心地の悪さは感じないです。

まとめ

個人的にはぴったり感ありますが、冷静に分析すると勉強カフェが合う人というのは限られるなと感じました。

ひきこもりの社会復帰にどうかな? と思ったのですが、経済力があって若い人限定ですね……中高年のひきこもり向けではありません。

続きでは、ひきこもりの勉強カフェ利用にスポットを当てて書きたいと思います。

アメブロでワードプレスのことを書いてます
https://ameblo.jp/maierita/

YouTubeで脱ひきこもりドキュメント動画やってます
https://www.youtube.com/channel/UC8wZSDRxcuZj1MlUGnAQ8FQ

Pixiv(イラスト)
https://www.pixiv.net/member.php?id=41317625

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

えりまいはひきこもりのため、収入がほとんどありません。応援したい方がもしいれば、100円からのご支援をお願い致します。

ありがとう♡また来てね^ ^
5
20年のひきこもり。 境界性パーソナリティ障害診断済み。 こちらでは作詞や日々の想いを公開。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。