見出し画像

フリーランスで働くと決めた理由

こんにちは!
えりまい(@maiword918)こと、襟田麻衣です。

一時は時短アルバイトでWeb関係の仕事をしながら、副業~って思っていましたが、Web関係のアルバイト事情はよろしくないようなので、いきなりフリーランスを目指すことにしました。

その理由について語りたいと思います。

週5で会社勤めができない

一番はこれでしょう(笑)

例え残業なしの9時6時の勤務ですら、できる感じがしません。
理由は以下です。

・20年も週5で出かけることをしていない
・満員電車に毎日耐えられる気がしない
・そもそも残業のない職場はほとんどない
・嫌な人が職場にいたら週5も一緒にいれない

なので、社会のレール歩けません。
社会不適合者です、認めます。

ただ、先日お話した社長さん(こちらの記事参照)によると、普通の人は会社勤めをする方が楽なんですって!

会社が仕事を持ってきてくれるし、失敗してもある程度は会社が責任を取ってくれますし、信用稼ぎもある程度会社がやってくれますからね。

フリーランスの難しさとは

過去にフリーで少しだけライターをしていましたが、これも決して楽ではありませんでした。

・自己管理能力必須
・新人の頃は安く買い叩かれる
・営業をする必要がある
・最初は経費ばかりかかる
・なのに儲からない時期が続く
・自分で信用を積み上げる必要がある
・失敗したら全て自己責任

私はここらへん全然できなくて、ライターとしてはやっていけませんでした。

あと個人的に自分は文章が上手いと思えないのです。
(以前は文章を褒めていただけたのですが、最近書く機会が減ったせいか、下手になったような気がする)

30日連続ブログ更新企画に参加しているのも、Noteのアカウントを盛り上げる以外に、書く経験を積む目的もあります。

自分の強みがわからない

フリーでやっていくのは決めたものの、私は何を売り込めるのか? がわからないのです。

不幸か幸いか、ひきこもりを脱出するために、ありとあらゆる職業を目指してスキルを磨きました。
趣味としてやった結果、磨けたスキルもあります。

しかしどれも中途半端なんですよね。

中途半端なスキルと強み一覧

・絵が描ける(オタ向けから一般向けまで)
・Photoshopの使い方の基本はわかる
・ブログ記事、コラム、作詞、エッセイ、小説なら書ける
・資格はないが心理学はある程度わかる
・資格はないが傾聴の基本は修得してる
・簡単なワードプレスサイトなら作れる
・中途半端に物知り
・めずらしい経験をよくしている

ね、仕事にならないものばかりでしょ?(笑)

このどれかを選んで、もっとスキルを磨く必要があります。
あと信用貯金が借金レベルなので、これも上げていかなくてはいけません。

どれだとスキルを伸ばしやすいか、世の中に求められているものは何なのか、アラフォー未経験でも参入しやすいのはどの業界なのか、見極めていかなければいけません。

今までは一人でうんうん悩んでいたのですが、幸いお仕事されている知り合いが結構いるので、相談もしながら決めていきたいと思います。

知り合いじゃなくても、

「えりまいさんは○○に才能あると思う」
「今はこの仕事が求められている気がする」

というアドバイスは大歓迎ですので、ここのコメント欄でも、Twitterのリプライでもいいので、どうぞお気軽に。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると嬉しいです!

あなたのスキが励みです💕
20
悟りを開きたい人。人里離れた場所で自然とともに暮らすのが夢。精神科に17年通院しましたが、良くならないのでやめました。
コメント (4)
絵、文、心理学、私も向いてるのはそういう系です。

臨床心理士を目指していた頃もあったけど、院まで出れなくて資格は取れなかったのでネットでタロット占いをやってた時期があります。
お客さんはみんな「霊感」「不思議な力」を求められるので、そういうのがない私にはきつくてやめてしまいましたが
知人にもそういう人がいて、彼女は「霊感はないけど心理学に基づいた占い」というのをやってました

あとは、時々小説サイトに投稿して、人から添削もらったりしてます

感性で食べていけるようになりたいけど、なかなかこういう領域は難しいですよね
PhotoshopやIllustratorでUI素材を作れればWeb系のデザイナーになれますし、
ワードプレスが作れるのは需要高いと思います
かえるこ様

得意ジャンル同じですね!

私も実は臨床心理士を目指して、心理系の通信制の大学に通っておりましたが、理由は多々あって中退しました。

タロットに霊感を求める人は多いのですね。
占いは当たる、当たらない以上に、お客さんの人生を好転するきっかけを作ることが仕事だと思いますが……。
あと霊感占いやってる人で当たらない人も多いですし。

小説は昔、ラノベ作家目指していて、新人賞にも応募しましたが、一次選考も通らずです。
サイトに投稿して、大量の批判を貰ったこともあり、小説を仕事にとは考えていませんね。

アーティスト系で食べていけたら言うことないけど、それは難しいので、クリエイターとして仕事を貰えるようになれればと考えています。

今は仕事の種類も増えていますから、かえるこさんもご自分の感性を何らかの形で仕事にすることはできるかもしれませんよ。
やっぱり似てますよね
私も心理学を学んだのは通信でした

霊感占いなんて、どれだけ本物がいるのかわからないですが、お客さんはそういうのを望むんですよね…

投稿で批判ですか!
改善点をくれるならいいですが、批判はされたくないですね…お疲れ様でした

私もクリエイター系の活動をしながらいつかはアーティスト系で食べていきたいと思っています
小説、絵本、うーんあとはなんだろう…
がんばりたいですね
かえるこ様

私は通信制大学のほかに、近場でやっている心理学講座、セミナー、カウンセラー養成講座にも行きましたし、新しい技術は本で独学しています。
カウンセラーになれる、心理学を学べば病気が治るとは思いませんが、最近は心理を学ぶのが趣味と化しています(笑)

霊感占いはですね、低級霊などとチャネリングしている場合があるので、かえって事態が悪化するようなアドバイスをする人もいました。

小説の投稿は批判というか、沢山の人に読まれて、沢山の人から酷評されたのですよ。
改善点を書いてくれた人もいましたし、注目されたという意味ではありがたいことなのかもしれません。

自分では強みがなかなかわからなかったりしますが、いつかこれ! という道がみつかるといいですね^ ^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。