見出し画像

TokyoGirls.rb Meetup vol.2 感想

2019年12月21日 (土)、TokyoGirls.rb Meetup vol.2 に初めて参加してきました! TECH PLAY さんで見つけてセッション内容に惹かれ、また女性の方が多く参加されるイベントということもあり楽しそうだなと思い参加を決めました。

この記事はメモです。全セッションから3つピックアップして書きます。

「Ruby on Rails最初の一歩」 ただあきさん (@tdakak)

・困った時、公式ドキュメントをまず見る
  ○リファレンスマニュアル
   ー 使用してるバージョンを選択
   ー クラス継承リストも見てみる
   ー 何のオブジェクトを触ってるかが分かる
   ー エイリアスを知れる

・Railsガイド
  ○よりよい書き方見れる
  ○なぜこう書くのかの根拠を考える
  ○参照先として使用

・プルリクの書き方
  ○概要を書く
  ○やりたいことを具体的に
  ○対応したこと、してないこと
  ○画面のキャプチャ(変更があれば)
  ○動作確認に必要な手順
  ○補足書く
   悩んだこととか、特に見て欲しいところをピンポイントでコメント
  ○コミット単位
  ○こだわりを伝えることも大事

・レビュアーとして
  ○意図を確認

・レビュー時ギスギスしないためのコツ
  ○語尾を柔らかく
  ○押し付けない感じ
  ○絵文字使用
  ○日頃からコミュニケーションとる

「絶対に手戻りしない!時短勤務ママエンジニアの、要件ヒアリング力」
ちょうかおりさん(@kaori_cho)

・背景を知る、「なぜ?を聞く」
・問題の発見と解決『ライトついてますか?』
・納期は一旦聞いておく
・背景や目的を聞きにくい時、「いつ使ってます?」、「いまどうやってます?」の表現に変えてみる
・依頼にある要望は、実は氷山の一角
・ヒアリングしすぎると逆に要望を出させすぎるので注意
  ○ヒアリングを複数回に分ける。一旦ここまでのものをやって、もし追加で欲しければあとでまた要望下さい、みたいな。

「Keynote:強いエンジニアという灯」 大場寧子さん (@nay3)

<スキルを早く伸ばすための要素>
・自分で考える
  ○スクラッチでコードが書ける
  ○自分のアプリを開発するのが最強

・覚える
  ○速さの根源
  ○メソッド名は、名前付けの法則を覚える
  ○結果を生み出す法則を覚える
  ○法則を意識してコードを書く

・信念を積み上げる
  ○ものの性質や挙動をふわっとの理解で進んではいけない
    例)こういう風に動くものなのかも・・・☓

・自分のやったことを評価する
  ○成長速度に関わるキーファクター
  ○仕事 → どうだったか評価 → 学ぶ
   ー評価とは、うまくいったのかそうでなかったか、失敗したところはどこか、成功した形を知る

・失敗
  ○予期せず上手くいかないこと
  ○失敗は学びの宝庫
  ○うまくいく= 失敗の芽に上手く対応できること
   ーどれだけ失敗の芽が思い浮かぶか
   ー失敗の芽を知ってるから避けることができうまくいく
  ○たくさん失敗する
   ーたくさん書く、やる
   ー失敗できる環境に身を置く
  ○上手くいってる状態をパターン認識
   ーそれを覚えておいて今の現実と比較する
   ー書かれるべきコードに気づく
   ーコードレビューがキーになる

感想

大場さんのセッションを拝聴して、失敗の芽はたくさん失敗しないと知ることができない。だから失敗は学びの宝庫であり、失敗できる環境に身を置くことは大事というのが心に残りました。

前日までコミュニティの輪に入れなかったらどうしようという不安がありました。しかしそんなことは全くありませんでした。

オープニング時や懇親会前の時に緊張をほぐす丁寧な雰囲気作りをしていただいたおかげで、セッション中リアクションしやすかったり、懇親会でぼっちの心配をせず安心して楽しく過ごすことができました!

それはスタッフの方々の心遣いが至るところに散りばめられてるおかげなんだなと思いました。また登壇者の方々から貴重なお話を拝聴でき、登壇者の方々とスタッフの方々にとても感謝しています!

個人的にネームホルダーに Twitter のアイコンのシールが付いていたのは良いアイディアだなと思いました。懇親会で話のネタとして活用でき大変助かりました!

こちらのイベントに初めて参加した私が思ったこととして、勉強会に対してハードルが高く行きにくいなと思われてる方が、初めて参加するのにオススメなイベントだということです! 技術以外の話もあるので勉強会への第一歩としてぜひ参加されてはいかがでしょうか!私は来年も参加したいです!


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!😊
5
勉強中:HTML、CSS、JvaScript、Ruby
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。