見出し画像

ネガを一瞬で切り離す&彼に想いがガッチリ伝わるマグトロ最強イメージング!!

Twitterにてマグトロのフォロワー様が2000人を超えた記念で今回は【ネガを一瞬で切り離すイメージ】

そして、過去noteの【太陽のイメージング】に続き【彼に貴方の愛を伝える 気持ちが繋がる】最強2セットイメージのご紹介です!

こちらが過去noteです↓↓




以前 キャスなどでもお話させていただきましたが


しつこいネガに囚われそうなとき 辛い時
私はよく頭の中で「ドアを開閉させるイメージ」をしてネガティブから離れる事をしていました

☆その時の自分の状況により自己観察も併用してました

やり方ですが

心にドアがあると仮定←どんなドア 窓 扉でもいいです 開閉させる物なら何でもOK!
シャッターでもオッケェー!

ドアも、真っ白でもかっこいい鉄製の重い鍵付きのドアでも大丈夫です

画像6

画像1

そこからネガを一気に放つイメージをします

効果音もお好みで

ビュン!! ゴォーー!!とりゃあっっ!ズオー!
ソイヤアァッ!!!!

ちなみにマグトロはめいっぱいの1000ヘクトパスカルくらいのごっついヤツを出すイメージをしていました

画像2

そのネガを一気に放ち、ドアや扉を「バァンッ!!!」と開ける

そして出し切ったらドアをまたまた「バァンッッ!!!」と閉める

画像5

閉めたら「よしっ!終了」
「はい完了〜」などの言葉を言ったり心で感じてください

これだけです!

以前にもキャスで紹介させていただいたところ

こちらの方法もとてもやりやすかった!とご報告を頂いたのでシェアさせていただきます

私はひたすら自己観察や自愛でイケるぞ!!と言う時もあれば
こんなイメージも利用して
自分へ立ち向かってきました!

楽〜に遊びの感覚で取り組んでみてくださいね

ちなみに何回やっても良いです!貴方の気の済むまでどうぞ!!



2 前作の【対人関係に劇的!太陽のイメージング】の強力バージョンになります


過去noteがこちら↓↓


前回のイメージングは「仲良くなりたい人」
「関係を良くしたい人」を椅子に座らせ
太陽のキラキラを当てるイメージでしたが
今回は自分が仰向けになり
仰向けになった先に彼をイメージする
この時に無理に詳細な彼や、仲良くなりたい人をイメージしなくても良いです

ボヤボヤ〜ンっと「この人が私の好きな人」と言う貴方の認識だけでOK!!

仰向けになって出来るだけリラックスしながら
好きな彼がだんだん自分に近づいてそのまま自分の体にスッ!と入っていくイメージです
彼が体に入ったら【パァッー!】と光るイメージングやピンクのラメラメが貴方を包んでいるなど
そして【好きになってくれてありがとうの感謝】を心の中でプラスするともっと気持ちが落ち着きますよ〜
しっかりと繋がれます

画像3

簡単に言うと「幽体離脱した後に自分の体に戻る時の彼バージョン」です!!!

ちなみにこれは幽体離脱ではないので安心してください(笑)

このイメージのすごいところは「相手に自分の愛がしっかりと伝わる」と言う効果です

お相手と貴方は1つ!です

画像4

いつでも2人は繋がっている】と言う安心感が生まれます

私もこのイメージと太陽のイメージングも併用して時々しておりました
非常に効果が高いです
併用した時の方がやや即効性があったかなと思います

ですが 【自分=世界】なので
あくまで貴方にどんな気持ちが生まれるか
感じれるか!を重要視して実践していただければなと思います

どのイメージもメソッドもとりあえず「やってみるか〜」で是非とも取り組んでみてください!!

頭の中に鮮明に「映像を展開させよう」としなくても良いです
あくまで貴方の中のイメージです!
それだけで500点満点!ですからね

【上手くやらなきゃ〜】と眉間に皺寄せなくても大丈夫ですよ!!←過去の私ですが

そしてうまくできなかった時も自責せずに
【そんな時もあるよね!!】でOK

画像7


既存の情報に疲れた…時にも実践してみてください

いつもありがとうございます

読んでくれた貴方に最高の愛と感謝を!!!

マグトロでした♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートが循環し、幸せと笑いに満ちますよう。いつもありがとうございます。

嬉しい!これからも頑張ります!私も好きです♪♪
281
【イメージングとアファメーション】【恋愛】【お金】【自愛&なる】のnoteを販売中💪 いつもありがとうございます❣️ 「引き寄せジプシーを経験し叶えてきた体験」をブログに書いています➡️ https://bit.ly/2QcGem3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。