私のままで
見出し画像

私のままで

LOUISE通信

本当だったらオリンピックだったのかと思うと不思議な気分のする4連休だった。再販したフラワートートの発送準備をしつつ、テレビはなんとなくつけていた。(たくさんのご注文本当にありがとうございました)
朝からくり返し流れるGO TO トラベルキャンペーンのニュースと増え続ける東京感染者の数。4月の、今ここで我慢して家にいれば夏には終わると思っていた自分を思い出すと可愛いというか、バカというかアホというか。
何度も聞いてるうちにテレビのコメンテーターの人が言う「経済を回すことも大事なんです」ってのがわからなくなってきた。ただ言いたくて言ってるだけではなく本当にそう思ってるのだとしても、私には経済を回そうと思って思いつくことがない。今は経済のことなんて考えられない。

夜中に古着屋さんのインスタを見てたら可愛いパンツが目に入りオンラインストアで買ってしまった。久しぶりに買い物欲に火がついて、パンツやワンピース、Tシャツなどをまあまあ大人買い。ちょっと買いすぎたかなとは思ったが、これが経済を回しているということだと思うことにした(笑)。洋服が届き、ドキドキしながら早速着てみる。実物を見ないで買うのは人生で2回目だ。微妙に腰周りが大きかったり、きつかったりはするんだなあ。古いTシャツのほつれや穴も、届いてすぐに洗濯した時は気づかなかったけど、干してるときに気づいてびっくりした。(こんな穴あったっけ?)と思って購入したサイトで確認したらちゃんと記載してあったけど、もし店頭で見ていたら買うのをやめたかもしれないレベルだ。かわちゃんに見せたら「これくらい大丈夫でしょ。しかしほんと微妙なデザインが好きなんだね〜(笑)。」と言われて嬉しくなって落ち着いた。もちろん小さいざわざわはあったけど、これからもネットで買いまくろうと思う。いつか自分なりの知恵がどんどん増えて完璧な買い物ができるかもしれない。今回も過去の失敗から160cmでこれくらいの体型の人が着ていてこう見えるなら、165cmの私はこうなるだろうみたいな予想は間違ってなかったし、花柄の半袖のシャツは実際に着た時の肩まわりのシルエットが想像していたのとあまりに同じで、鏡の前でびっくりして笑ってしまったほどだ。
首回りが窮屈だといかり肩の私にはどう頑張っても似合わないので結局着ないことになる。素材があまりに安っぽいものはもう少しおばあちゃんに近づいたらいいかもだけど今はだめ。一度も行ったことのないお店で買うのはやっぱり難しい。Tシャツはいい感じにくたくたしてるものでメンズサイズを探すようにしてはいるが、デザインだけ見てサイズを確認せずポチってしまうので要注意。

決して状況は良くないけれど、過去のやり方を忘れて、(こんな時だからこそ)やりたいこと、楽しいことは諦めずに続けたい。
特に相手が年上の場合、会いたい人にだって会えないし、もしかしたらこのまま会えない人だっているかもしれない。そう思うと後悔で心が潰れそうになるけど、電話やメールで感謝の気持ちや、ずっとずっと愛してるんだよってことなら伝えられる。私みたいなもんは、ほとんどのことがどうにもできないことで成り立っているし、いつ死ぬかわからないし、だけど、わからないことには抗いたい。簡単に殺されてしまうのかもしれないけど(笑)、エアー地下室みたいなところにいるイメージで、その道で出会う人たちと一緒に、こそこそと抗っていこう。

ありがとうございます!!
LOUISE通信