うねり
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

うねり

LOUISE通信

アメリカが大変なことになっている。アメリカだけじゃない、香港だって大変だ。NETFLIXの「ジョシュア 大国に抗った少年」を見てから(ぜひ見てほしい!)彼らのことがすごく心配で、私はただおろおろしています。
もしコロナの抑圧が少なからず影響していたら?だとすれば日本だって、この先経済的にはもっともっとしんどくなるだろうし、お金のことだけじゃなくて人に触れたり抱き合ったりできない孤独な世界で、不器用で繊細な人たちの心はどうなってしまうんだろう。そしてその中には、この時代を生きてる私もかならず含まれる。自分が気がつかないうちに疲れ果ててしまい、全然好きじゃない道に向かって歩いていくかもしれないことへの恐怖があります。

今まで差別のない世界がたった一度も存在しなかったことに気づくとき、どうしたらいいのかわからなくなって泣くことしかできない。人間は自分より弱い人がいないと立ってられない生物なのだといっそ諦めたら楽になるのかもしれない。だけどまだ、そんな考えには負けたくなくて。だから考えたい!
分かってきたのは私の場合だけど、自分が直接見ていない世界に意識が向きすぎる時が要注意で。無力感に襲われて身動きが一切取れなくなる。それが一番思うつぼだから、このパターンをもう二度と繰り返したくないと思ってる。だからなるべく心の中にある言葉にするのが難しい気持ちを言葉にして、少しでも頭の中を整理したいのです。

そう言えば少し前、私の周りにいる人たちにも疲れが溜まっているような気がした。それって、私も知らない間に疲れているってことだと思った。私だけは大丈夫だと思ってる時ほど、後でびっくりすることが起きるし(苦笑)。だから私が周りにいる人たち、直接会って話せる範囲の人たちのためにできることがあるとしたら、それはきっと私のためにもなる。で、いったい何ができるんだろう。という気持ちはいつも頭の片隅にあって、まあ、たぶんコロナ禍が始まってからずっと考えていました。
今の時点で感じてるのは、ぜったい小さいことなんだろうなってこと。そんなの意味ないよ、的なこと。美味しいおやつとかスーパーで買った花とか。オシャレな写真集とか。優しい誰かの言葉とか笑顔とか。前向きな行動へのインスピレーションになるものだという確信があるんです。
まずは3月から止まっていた店の気を動かそうと思って、ずっと飾りたかったけど額装できてなかったいづみちゃんの絵やゲリラガールズのポスターを恵比寿のジンプラさんに持っていきました。こんなことで世界が変わるわけないんだけど、小さな波が生まれた日の喜びがある。そしてその波はいつかうねりになるという願いを抱えながら、これからもずっと考えてくつもりです。

画像1


ありがとうございます!!
LOUISE通信