マツダイクヤ @ matsudaikuya.com

■■22歳、福井市生まれ。18歳で米国MI hollywood校を卒業後、プロカメラマンとしてのTV番組やCM、MV撮影、グレーディング業務を本業に、その他楽曲提供や音調、音楽MIXも手掛けるクリエイティブディレクター
    • ノード毎に解説!DaVinci Resolve実践テク。
      ノード毎に解説!DaVinci Resolve実践テク。
      • 14本
      • ¥980

      これからの映像制作に必須の「カラーグレーディング」技術。基礎知識から実戦で使うテクニックまで、余すことなく公開してます。 映像制作は不定期ですが、月一回更新がベーシック。 オンライン教習や、購入していただいた方限定の有料依頼割引サービスも実施中!

固定された記事

【シネマティックグレーディングのやり方①】PCC4K + オールドレンズで映画を制作 : 岩山哥劇団 デモンストレーショ…

本映像より、以下のカットのグレーディングを解説します。 撮影機材の詳細については、公式ブログ「Mus1cLab.com」をご覧いただければと思います! PCC4KとZEISS製レンズ…

100

制作実績:福井音楽ユニット【Sons of EVElette】ライブプロモーション/メイキング動画

①プロモーション映像 ②メイキングムービー https://matsudaikuya.com/post-669/ 使用機材 プロモーション映像では、α7RⅢ+SONY 2470GM。 素直な発色と、開放f2.8で…

ライブ映像制作@福井市田原町ミューズ

Sons of EVElette 【Endless re:collection in 田原町ミューズ】一場面 BlackmagicDesign PocketcinemaCamera4K、SONY α7RⅢ、Panasonic GX7MK2、SONY HDR-CX560V使用 …

LEICA M-P(TYP240)レビュー : SUMMARON35、SUMMILUX50で海岸モノクロームスナップ。

本記より抜粋。 小型の35mm、SUMMARON 35 / 3.5を手に入れたので、深度の深いスナップ的な撮り方を試したくなった。 モダンな印象のあるブラックペイントのLEICAM-Pだが…

LEICA M-PとSummaron 35mm/f3.5

Twitterで上げたやつをこちらにも。 1950年代のオールドレンズ、発色は薄いですしフレアも出やすいですが、、、 切れ味やボケ感は素晴らしいです!