職場のバカは死んでも治らないのでロスカット対象

職場のバカは死んでも治らないのでロスカット対象。
要はどちらが自分にとって心が楽か、という判断基準になる。

その職場にいる限り変わることを強要されないので、変われ!と言う方がナンセンスになってしまったりする。
人は必要があれば変わるものだから。
必要があるのに変わらないのであれば、大きな失敗としてその人の糧になるだけだ。

人の心、考え方はなかなか変わらない。
なぜかって変わる理由がないから。
変わる必要もないし。(その人の頭の中では。ほんとは変わった方がいい。もちろん。)

変えられる!
という変な期待が中途半端にあると余計にタチが悪い。
猿のボタンとパチンコの話と同じ現象が起こる。

そして、そうなってしまっている時、大抵はあなたに人を変えるだけの力がないのだ。非力。実力不足。

なので、そこは負けを認めた方が次の考えに移行できるのでベターなのだ。

いつまでも変わらない人を変えようとすることに固執する必要は無いのだ。

そして、仕事だからその人に代わってもらわないと困る!って話もあるけど、変わらないならどうしようもないじゃん。
それを言っても、上司様が納得してくれないのであれば、その上司様はあなたと同じ「力もないくせに人を変えられると思い込んでしまう病気」にかかってるのである。

蛙の子は蛙的な。

そこで、あなたが変わりたいと思うなら、その変わらない馬鹿をどうこうする前に、あなたの環境を変えた方が早い。

あなた自身スキルアップすることが、次に出会う馬鹿を変えられる可能性が上がるからだ。

そんなことしたら会社が……とも言いがちだけど、幸いなことに、人は失ってから初めて気付くこともあるので、あなたがいなくなったことで良くなることもあるかもしれない。

となると、あなたが邪魔だった可能性もあるけど、それはその場にいる間は分からないので、考えなくてもいいけど、その可能性があったという事を知識として知っておくのは大事なことなので、それも頭の片隅に残しておきましょう。

なので、変わらない人を変えようとする、という無理ゲーに参加することなんてないんです。
というか、そんな技量もないのに何おこがましいこと考えてんの?www
って話。

変える力を身につければいいだけの話なんです。
それがどこにあるのか、それは探してください。
その手のアドバイスなら僕でよければやりますが。

ビリギャルの人とか、そーゆー人は、しっかりしたロジックで人を変える、というか育てるメカニズムをわかってらっしゃるのでできることなんです。
そこに関しては、自分の力量内のことをやってるだけなので何もおこがましくなんかない。

できないことをしようとすることがおこがましいんです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
四柱推命を使うカウンセラーの前田王子です。 ブログのアイデアなどを書いていたメモ帳が面白いそうなので、そのままアップしていきます。 ブログは王子の余所行きの顔として加工してますが、ここはほぼ無修正です。 恥ずかしくてあんまり見られたく無いので、一部有料です。ぜひ見てください。