循環型山間村システムで豊かな地球環境を実現する協道隊「まどか折橋」

自然の生命と人が循環する山間村システムで豊かな地球環境を実現する協道隊「まどか折橋」は、茨城県の北部に位置する常陸太田市に旧里美村(現:里美地区)の折橋町で活動しています。人が温かく自然が豊かな美しい場所で、生命が豊かに生きられる、多様で持続可能な生活を探究して積み重ねています。

循環型山間村システムで豊かな地球環境を実現する協道隊「まどか折橋」

自然の生命と人が循環する山間村システムで豊かな地球環境を実現する協道隊「まどか折橋」は、茨城県の北部に位置する常陸太田市に旧里美村(現:里美地区)の折橋町で活動しています。人が温かく自然が豊かな美しい場所で、生命が豊かに生きられる、多様で持続可能な生活を探究して積み重ねています。

    マガジン

    • 自然の生命と人が循環する中山間村システム『まどか折橋』

      自然の生命と人が循環する山間村システムで豊かな地球環境を実現する協道隊「まどか折橋」は、茨城県の北部に位置する常陸太田市に旧里美村(現:里美地区)の折橋町で活動しています。 ここは、自然環境も人も温かく豊かで美しい場所。 その里美の折橋の小さな一角で、循環する山間村システムを実現する協道隊『まどか折橋』は、人も人以外の生命も豊かに生きられる、多様性で持続可能な生活を探究して積み重ねています。 WEB:https://madoka-orihashi.com/​​ YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC9Aaa8x89g73R3YeDzH-a-w FB:https://www.facebook.com/MadokaOrihashi​

    • 自分たちで拠点の小屋を修繕する…杉木の伐採からスタート

    自然の生命と人が循環する中山間村システム『まどか折橋』

    自然の生命と人が循環する山間村システムで豊かな地球環境を実現する協道隊「まどか折橋」は、茨城県の北部に位置する常陸太田市に旧里美村(現:里美地区)の折橋町で活動しています。 ここは、自然環境も人も温かく豊かで美しい場所。 その里美の折橋の小さな一角で、循環する山間村システムを実現する協道隊『まどか折橋』は、人も人以外の生命も豊かに生きられる、多様性で持続可能な生活を探究して積み重ねています。 WEB:https://madoka-orihashi.com/​​ YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC9Aaa8x89g73R3YeDzH-a-w FB:https://www.facebook.com/MadokaOrihashi​

    すべて見る

    【古民家 リノベーション & DIY ワークショップ】2022年2月26日開催 第2回目 土壁  竹小舞づくり

    まどか折橋のフィールド内には、推定築80年程の在来工法で建てられた古民家があります。
この古民家をまどかの拠点とすべく、リノベーションを行っています。 リノベーションのワークショップでは、壁を作り、暖房を作り、土間や竈門などを作ります(ワークショップは毎月土曜全12回で実施予定)。
 リノベーションに使用する材料は、身近な里山から集めたものを人の手で製材・加工を施して使用します。
このワークショップでの体験は、身近な素材で作ることを前提にしており、ご自身での応用活用も可能な

    スキ
    4

    木から木材を造るー製材 そして 古民家リノベーション

    『まどか』では、環境循環を活かすため、自分たちの使うものは、身近な場所から素材を獲得して加工して生み出すスタイルをとっています。 <木材となる木を2月に新月伐採> <葉枯らし乾燥期間を経て搬出> 木は重たいので、動かすには機械が必要です。 (ゆくゆくは、馬の飛鳥を使えたら…などと構想しています) 製材する木をセットし、製材していきます。 <木の断面。表皮とは異なる柔らかな色味が心をくすぐります> 木を回転させながら、用途に合わせた形状に製材していきます。 今回は

    スキ
    4

    【まどか折橋】拠点リノベーションの土壁づくり〜準備編〜 職人さんとの打ち合わせ・素材の確認

    まどか折橋のフィールド内には、推定築80年程の在来工法で建てられた古民家があり、
この古民家をまどかの拠点とすべく、リノベーションを行っています。 壁は、板壁と土壁で仕上げる構想です。 現代では、土壁の造り方をご存知の職人さんも大変少なくなってしまいました。 そんな中、まどかの土壁造りは、日立のとある企業様のご協力により職人さんにご指導いただける事に… 1月15日、実際に建物を見ていただきながら、土壁造りに必要な準備や材料などの打ち合わせと確認を行いました。 土壁は「竹

    スキ
    3

    【古民家 リノベーション & DIY ワークショップ】2022年1月29日開催 第1回目 板壁づくり

    まどか折橋のフィールド内には、推定築80年程の在来工法で建てられた古民家があります。
この古民家をまどかの拠点とすべく、リノベーションを行っています。 リノベーションのワークショップでは、壁を作り、暖房を作り、土間や竈門などを作ります(ワークショップは毎月土曜全12回で実施予定)。
 リノベーションに使用する材料は、身近な里山から集めたものを人の手で製材・加工を施して使用します。
このワークショップでの体験は、身近な素材で作ることを前提にしており、ご自身での応用活用も可能

    スキ
    3

    自分たちで拠点の小屋を修繕する…杉木の伐採からスタート

    すべて見る

    イノシシの革鞣し 完成まで

    昨日2021年2月28日。干していたイノシシの鞣し革を取り入れました。 イノシシの革鞣しに取り掛かったのは、2021年1月のこと… 塩漬けにするまでの工程についてはこちらから→ https://note.com/madoka_orihashi/n/n49563d7a7cd3 3日間ほど塩漬けにしていた皮を、再度脂肪分を取り除き、洗います。 塩漬けにすると、脱水されて脂肪を削る作業が行いやすくなります。 イノシシの皮は重くて硬く、脂肪を削る作業はとても大変です。 寒い時

    スキ
    3

    新月伐採

    2021年2月12日。 この日は旧正月で新月でした。 動画はこちらから:https://youtu.be/lTu9K37J9Cw 現在は、化学薬品や乾燥機など、技術の発達によって、1年を通して伐採が行われていますが、昔から樹木の伐採は冬に行われる仕事でした。 冬、樹木は気温の低下と共に休眠状態になります。 この時期に、伐採することで、狂いが少なく、変色・劣化・虫の入らない木材になると言われます。 特に、新月の日に伐採する木材は狂いがなく、良い木材になるのだそうです。

    スキ
    8

    まどか折橋 手作り拠点の解体2回目

    先日、(有)吉成工務店様に整地をしていただいた、拠点。 2021年2月6日は2度目の解体作業日でした。 2度目も、新たに参加してくださった方も含めて総勢12名で作業を行うことができました。 先日に続き2度目のご協力者の方が多く、大変ありがたく思いました。 ありがとうございました😊 今回は、ほぼ骨格にまで、解体を進めます。 こちらは、イノシシよけの柵を作るための作業。 腐食防止のため、打ち込む部分を焼きます。 解体はどんどん進んでいきます。 前にお住まいだった方の前の

    スキ
    3