見出し画像

てのひらにダイアモンド



 彼女の名は、ルーシー。
 1974年に発見されるまでの320万年間ほど、エチオピアの谷底でひっそりと眠り続けていた。
 見つけられた当時、最古の人類の化石だった、アファール猿人の女性。
 320万年前。
 それはここから遠すぎて、うまく想像することが出来ない時代だ。


 私が初めて遺跡というものに出会ったのは2年前、旅行先のマルタ共和国だった。
 マルタには、幾つもの貴重な建造物が現存している。
 それらが作られた年代は幅広く古代から中世に渡り、複数の世界遺産も含まれている。
 未だ謎の多いマルタの巨石文化は、世界中から訪れる学者によって調査が続けられているそうだ。
 
 初めて目にした古代遺跡群は、歳月に削られた粗い外壁を晒していた。
 今では無人の戸口や窓が、ただ静かに風を通していた。
 広場のような空間と、装飾の施された石の台。
 ここは神殿で、生贄を捧げる儀式が行われていたと言われています、とガイドさんが説明してくれた。
 「神殿」「生贄の儀式」、それらはあくまでも現代にて導き出された憶測だ。
 もちろん、憶測などとは言えない緻密な調査の結果なのだが、それが間違いなく事実だと断言できるひとは存在しない。
 何も資料が残されていない、遠く過ぎ去った時代。
 そこには、私たちが知り得ないような文化、文明もあったはずだ。
 これがどんな建物で何が行われていたのか、真実は永遠に分からない。
 それでも研究者は気の遠くなるほどの膨大な時間を費やし、ほんの僅かな歴史の痕跡を探し出して過去ににじり寄っていく。
 考古学がひとを魅了する理由を、私は初めて少しだけ理解した。
 その深遠なロマンを。

 かつて誰かの手が触れた、蜂蜜色の石壁。
 天窓のある石室に遺された、祈りの言葉の残響。
 そこにあったのは、誰かが生きていた証だった。
 数字ではなく、物質の成分名ではなく、顔と名前を持った誰かの姿を見た。
 そのひとたちは、もうここにはいない。
 今では観光客とガイド、課外授業で訪れた学生たちが行き交う色あせた巨石の連なりだ。
 順路にそって見学しながら、彼らは皆どことなく瞳を彷徨わせている。

 専門家がどれだけ保存に力を注いでも、遺跡は少しずつ朽ちていく。
 マルタのゴゾ島に建つジュガンティーヤ神殿の、ゴツゴツとした石灰岩の外壁。
 巨大な石で組まれた壁の隙間には野草が蔓延って葉を伸ばし、桃色の花を咲かせていた。
 それは、この上なく自然な光景だった。
 これから長い時間を経て、この遺跡たちは土へ還る。
 私たちの世界も、その後に続いていく。
 遺跡の建つ丘の向こうには、インディゴの海があった。
 失われた時間と終わりゆく場所を見ているのに、何故か、心安らぐ。


 ルーシーという名は、発見当時に流行していたビートルズの楽曲にちなんでつけられたそうだ。
 夢の中へ迷い込んだような音楽の中で、少女は万華鏡の瞳に太陽を映している。
 「ルーシーはお空へ、ダイアモンドと一緒に。」

 遥か遠い昔から、現代へと連れてこられてしまったルーシー。
 本当の名前は、なんというのだろう。
 どんな声で、歌っただろう。
 腕を伸ばし、原始の森でひとり踊っていた。

 それは、この地上にまだ神様がいた頃のお話。


 いつかそう遠くない未来のある日に、この世界は終わりを告げる。
 高層ビルはやがて風化して遺跡となり、時を経て再び掘り起こされる。
 ここにいるはずのない彼女が、分析され測定され、ルーシーのレプリカになったように。
 

 ルーシー、もう一度歌って。
 その腕を伸ばして、森の奥で踊って。
 それから、あの日と同じように恋をしてね。
 インディゴの海に、一粒の涙を。

 
 彼女はひとり、エチオピアの展示室に囚われている。
 昔々の謎をそのてのひらの中に隠し、沈黙したまま夢を見続けている。


 国立博物館のガラスケースから飛び立って、ルーシーは空の上へ。

 てのひらには、煌めくダイアモンド。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださり、本当に有難うございました。 あなたとの、この出会いを大切に思います。 これからも宜しくお願いします!

とても嬉しいです! 有難うございました!!
190
2020年3月、宝塚歌劇団を卒業しました。読むこと、書くこと、面白いこと、まだ知らないことが好きです。

こちらでもピックアップされています

早花まこ様記事まとめ
早花まこ様記事まとめ
  • 30本

タカラヅカOG早花まこ様の記事をまとめていきます。自分用アーカイブ。

コメント (4)
320万年の時を経て呼び起こされたルーシーは、現代に何を見るのでしょう。
見たことがない物が溢れる世界に胸を踊らせる一方、常に何かに追われる現代人が
「遺跡」に見出すロマンを、寂しい笑顔で見守ってくれているのかもしれません。

神とともに生活し、顔と名前を持った人々が生きていたことを忘れ(想像することができず)遥か昔の「今」に、心安らぐものを感じるのは勝手すぎるのかもしれません。
でも、「数字でもなく物質の成分名でもない」、確かにそこに存在した人々を感じられたきゃびぃさんに喜ばれたと思います(アーレントを思い出させて下さいました)。

国立博物館の硝子ケースから空へ飛び立ち、生まれ故郷に戻る夢を見ているのか
それとも、確かに生きていたことを誰かに伝えるために、現代にいてくれるのか。
掌のダイヤモンドが涙ではなく、ルーシーの希望でありますように。
とても素敵な世界観を共有させて頂きありがとうございます。
世界が平和じゃないと旅行は出来ないと誰かが言っていましたが、世界が健康出ないと、これもまた旅行なんて出来ないんですね。
昔、考古学を学びたいなぁと浅はかな思いを抱いていた事を思い出しました。
時間や空間といった物理学や哲学の要素を含む題材を、壮大なロマンを交えて表現された文章、興味深く拝見しました。

遠い過去は直接認識できないけれど、様々な情報から少しでもライブに近づいて感じたい、そこが考古学の魅力なのでしょうか。

宇宙の始まりや果てといったもっと遠い過去や未来に思いを馳せると、きっと「始まりや終わりや永遠」といった言葉では表現できない、人間には到底辿り着けない真実が存在するのかもしれません。
このようなことは考えても仕方がないし考えすぎると心が病みそうなので深入りはしないようにしていますが‥

きゃびいさまの取り上げる題材は普段あまり他の人が話題にしないような事柄も多く、それらが丁度自分の求めている分野であることが多いです。その感性に刺激を受けるだけでなく、こちらの感じたことを伝えることができる幸せを感じています。
遺跡を見たり過去のお話は過ぎ去りし日の事に思いを馳せ、あの頃はこうだったのかな?と、人それぞれの考えで色々な憶測を出す事が出来る、考古学はロマンの塊ですね☺️
女性であるきゃび様がこういう話に興味があるのは非常に驚きでした。

インドのお話でも書きましたが、ルーシーが発見された場所に行き、果てしなく遠い昔に彼女が生きていた場所で昔に彼女が吸っていた空気を吸い、今はずいぶんと変わってしまったその場所で彼女がどんな生活をしていたのかと思いを馳せる、そんな事を私はして見たいです!!

なかなかそんな事は出来ないですが、日本でも自分たちが住んでいる身近な場所に遺跡があったりするので、そんな所を見て回るのも楽しいですよ😁
きゃび様でしたら大森貝塚ですかね☺️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。