新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ご近所さんへ恩返しがしたい。働きながら地域コミュニティを盛り上げるマチレポの工夫──厚木市・田中さん(仮名)

マチマチを使って自分の住む地域を盛り上げてくださっている「マチマチ公式地域レポーター」、略してマチレポさん。そんなマチレポさんへのインタビュー、今回は厚木市で活動する田中さん(仮名)の登場です。

2020年2月にマチレポに参加した田中さん(仮名)。子育てとお仕事を両立しつつマチレポの活動も積極的に行う、その背景にある想いを語ってもらいました。

自分の子育てを支えてくれたご近所さんに恩返しがしたい

──マチレポに参加しようと思った理由を教えてください。

「地域の人に恩返しをしたい」という思いが一番大きいです。

私は、出産して子どもが生後10ヶ月の時、縁もゆかりもない厚木に引っ越して来ました。その時近所の方々がとても優しくしてくれたんです。子どもが小さい時は、バスで知らないおばあちゃんが「赤ちゃんがいるから」と席を譲ってくれたり、子どもが成長してからも飴をくれたり。

そんなときに、厚木市の発行する「広報あつぎ」でマチマチを知って登録。しばらくしてからマチレポの募集が来ました。私は子育て中近所の方に優しくしてもらいましたが、普段は近所の人と話す機会も少なくて。これをきっかけに近所の人と交流して、地域の活性化に役立てたら恩返しになるんじゃないかなと思って、応募しました。

201909_広報あつぎ

▲「広報あつぎ」で紹介されるマチマチ

自転車通勤しながら街の情報を収集

──マチレポとして、どんな活動をしていますか?

幅広く情報発信するようにしていますが、最近はお店の開店・閉店が多いのでその情報をアップしたり、インフルエンザの投稿をしたりしています。

情報収集は職場までの自転車通勤のときにしています。自宅から職場まで自転車で10分ちょっとなんですが、会社の近くはお店も多いので、「こんなところにお店あったんだ」「ここのお店潰れちゃったな」という情報を集めています。家と職場の間に川が流れていて、そこに橋が二つ架かっているんですが、どっちの橋を通るかでルートが全然違うんです。なのでいろいろな情報が集められるんですよね。

この間も、マチマチで「あのお店潰れちゃいましたね!」と投稿したら、近くに住んでる方が「そうなんですよね〜」と返してくれて、そこから交流が生まれるということがありました。

20201129_厚木市

──投稿の際に気をつけていることはありますか?

気をつけていることは、大きく分けて3つあります。

1つ目は、自分が得た情報をわかりやすく伝えること。本当は写真をつけて投稿できれば一番良いんですが、通勤中は急いでいるので、その場で写真を取れないこともあります。そんな時は、その場でお店の名前を覚えておいて、投稿の際にお店のホームページのURLなどを載せるようにしています。あとは場所の説明をわかりやすく書いたり。お店の場所や雰囲気が伝わると、皆さん見てくれるなと思います。

20210108_厚木市1

2つ目は言葉遣いです。オンライン上での情報発信は相手の顔が見えないので、読み手が不快に思うような言葉は避けたり、ちょっと前に流行ったギャル文字など読みづらい言葉も使わないようにしています。逆に、文章の雰囲気が柔らかくなるように絵文字や顔文字を使う、という工夫もしています。

20201117_厚木市

3つ目は、ソースがはっきりした情報を載せること。噂レベルのことを投稿してそれを皆さんが信じたら、変な騒ぎになってしまうかもしれない。以前「道路にライオンが逃げ出した」というデマが流れて騒ぎになったこともありましたよね。なので、ソースが明確な情報を載せるようにしています。例えば、自分の目で工事現場や看板を見た「開店・閉店情報」は安心して載せられます。他にも、市が発行している「広報あつぎ」や、市のホームページに載っている情報などを投稿するようにしています。

29210117_厚木市

自分の活動が目に見えて評価される嬉しさ

──マチレポの活動をする中で嬉しかったことを教えてください。

一番は、自分の活動や投稿をきちんと評価してもらえるということですね。

マチマチのスタッフさんがマチレポSlackコミュニティで「〇〇さんのこの投稿が良かった!」という紹介をしてくれるのですが、そこで自分の投稿が紹介されると、「ちゃんと見てくれてる人がいるんだな」と思えます。他にもご褒美でプレゼントを貰えたりして、ああいったフィードバックはすごく嬉しいです。

画像6

▲マチレポSlackコミュニティでの紹介

家で子育てをしていても誰かが評価してくれることはありません。また、職場ではアシスタント業務をしているので、お客さんから直接「ありがとう」と言われることもほぼなくて。マチレポでは自分の活動が目に見えて評価してもらえるので、嬉しいんです。

──2020年で印象に残っている投稿は?

「マチマチ雑談コミュニティ」で皆できれいな写真を投稿し合う、という流れは良いなあと思います。誰かがお題を出して、皆がそれに沿った写真をどんどん載せていくんです。

日本全国の写真を投稿して旅行気分になれる企画や、クリスマス時期にライトアップの写真を投稿したり。コロナ禍の外出自粛で、きれいな景色を見に遠出することもできないので、すごく良いですよね。

雑談コミュニティ

仲間を増やして地域を活性化したい

──最後にマチレポとしての今後の抱負を教えてください!

マチレポの活動を始めてから、アクションを起こしてくれるご近所さんが増えてきて、マチマチ上のやりとりが活発になってきたなと思います。

これからは身近なママ友も勧誘しながら、さらに厚木市のマチマチを活性化していきたいですね。厚木は生活に車が必要な地域なんです。私は車を運転できないんですが、普段から車を使う友達からの投稿があると、マチマチ上の情報がグッと増えると思います。

子どもが小さい頃は、私も情報がなくて苦労したんです。なので、ママ友同士で共有されているような情報をマチマチ上でオープンにしていき、小さいお子さんのいる方達の役に立ちたいです。

──────────

マチレポは全国の仲間を募集中!

私たちは、「地域の情報がほしい」「誰か頼りになる人がいたら」とお困りの方を助けるため「マチマチ公式地域レポーター(通称マチレポ)」として一緒に活動してくださる方を全国で探しています。

マチレポの活動に少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記フォームよりお気軽にご応募ください!

▼マチレポの活動について詳細はこちら

▼マチマチの利用はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
地域コミュニティSNS「マチマチ」の公式アカウントです。地域自治体や店舗、地域のみなさまと協力してローカルコミュニティによる街づくりを支援していきます。 https://machimachi.com/