リーダーとして魅力的になる

嬉しい悲しいどちらもさておき、リーダーは見られている事実があります。

リーダーに憧れる。
リーダーのようになりたい!

と思わせる言動が取れているリーダーと

リーダー腹立つ!
リーダームカつく!
リーダーになんてなりたくない!

と思われるリーダーの元で仕事をしているのでは、どちらが幸せか?!

明白ですね。
だからリーダーは、勝たせてあげなくてはならないし、気持ちが分かってあげる必要もあり、時には厳しくもあり、優しくもある必要がある。
そして、自らも律することが出来るようになる必要がある。
仕事も楽々効率的にこなす必要がある。
長時間労働なんて以ての外である。
それはまるで、白鳥が水面下で必死に足をバタつかせていても、優雅に漂う姿のように。。。

己はどんなリーダーでいたいか?
そのイメージはあるか?

これがないとブレブレになっちゃいますからね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

現場と幹部を繋ぐ/ラグビー/ドクターストレッチ/フランチャイズ運営/スーパーバイザー/経営コンサルティング/原理原則/営業力強化/マネジメント力強化 Twitter→https://twitter.com/414510/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。