喜怒哀楽は分かりやすく

誰しもが悲しい思いはしたくない。
喜んでいたいし、多くの人は喜ばせたいとも思うことでしょう。
ましてや上司の顔色は気にしたくなくても気になるもの。
ご機嫌取りをする必要はないが、やはり何に対して「厳しく」叱るのか、何を「実現」すると喜ぶのか、そのポイントが分からなければ、部下も正直いきなり後頭部から叩かれるのと同じことが起きているのと同じである。
後頭部をいきなり叩かれたい人はいない。

その為、やはり喜怒哀楽は分かりやすい人であることが望ましいと思うのです。
喜怒哀楽が分かりやすければ、周りも期待に応えやすいですからね。
ただ、いつもイライラしているような人は周りの気分を害するのでそこは、ご勘弁して欲しいものですね。
やはりリーダーは、締まった空気や緩んだ空気などを作り分けれる人でありたいと思いますね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

現場と幹部を繋ぐ/ラグビー/ドクターストレッチ/フランチャイズ運営/スーパーバイザー/経営コンサルティング/原理原則/営業力強化/マネジメント力強化 Twitter→https://twitter.com/414510/