見出し画像

スポーツ選手の「消える」現象について考えてみた

写真は5年前に愛知県で行われた全日本中学校陸上競技選手権大会(以下全日中)男子1500m決勝。
左から2番目が私です。(予選4分04秒73はその年の全日本中学ランキング10位。決勝は14位と惨敗でした。)
全国大会のファイナルで走るという貴重な経験を中学生の時にさせていただきました。
5年前のことですが今でも鮮明に覚えていますし、大学に入学した際は多くの先輩や同期からこの大会について問われました。
私の後ろを走ってるのは吉田圭太選手。(広島・世羅高→青山学院大学)前を走ってるのは遠藤日向選手(福島・学法石川高→住友電工)と現在の世代を率いる選手達。他にも神林勇太選手(熊本・九州学院高→青山学院大学)や齊藤涼選手(秋田・秋田工業高→旭化成)といったその後大きく飛躍する選手達が出場していました。
この他にもこの大会で活躍した選手で現在も日本のトップレベルで走る選手は大勢います。
しかし私は、存じの方も多いと思いますが

この大会を最後に個人での全国大会出場がありません。

この続きをみるには

この続き: 4,291文字

スポーツ選手の「消える」現象について考えてみた

抹茶

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
25
男子大学生(私立文系)。経営組織論専攻。陸上競技(長距離)選手。 思ったときに思ったことを思ったままに綴ってます。

こちらでもピックアップされています

#スポーツ 記事まとめ
#スポーツ 記事まとめ
  • 4191本

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント (1)
私も中学時代に陸上をやっていましたが、高校に入っても中学の成績を一度も超えられずに終わってしまいました。
覚えているのは、ある時期から走り込みで吐いたりケツワレを起こすようになり、キツい練習が怖くなって、そこから記録が伸びなくなったように思います。
精神的な原因、栄養などの肉体的な原因、技術的な原因によって、ハードなトレーニングの質を保つことができなくなり、伸びなくなるのかなぁと記事を読んで思いました。
長々と失礼しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。